ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

最新バージョンのHinemos ver.6.0以降はGithub( https://github.com/hinemos/hinemos )で公開しています。

こちらは旧バージョンの公開ページとなります。

Hinemosは、複数のコンピュータを単一のコンピュータのイメージで運用管理することを実現するオープンソースソフトウェアです。 ユーザが運用目的ごとにコンピュータをグループ登録し、グループに対して状態監視、ジョブ管理、性能管理、環境構築を行う機能を備えています。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2011-03-25 10:00
99_Hinemos(旧リリース) 3.2.1 (12 個のファイル 非表示)

リリースノート

リリースバージョン:3.2.1
リリース日:2011/3/25

1.下位互換性
1.1.バージョン3.2.0からの内部データベースの移行
- 3.2.0の内部データベースのバックアップを3.2.1の内部データベースに適用するには、
以下の変更が必要です。
・ジョブ変数格納用テーブルのカラムのデータ型を変更

1.2.内部データベース変更点
- ジョブ変数を格納するテーブル(cc_job_param_info)のカラム「value」のデータ型が
varchar(1024)からtextに変更されました。

1.3.互換性
- 3.2.1のマネージャ・エージェント・クライアントには
3.2.0のマネージャ・エージェント・クライアントとの相互互換性があります。


2.新機能・機能改善

- 通知処理のマルチスレッド化による性能向上

- 通知処理の性能向上(XAトランザクションに関する性能改善)

- HinemosクライアントのJava Heapサイズの変更

- リソース監視/性能管理機能における性能値選択プルダウンの表示数増大

- Webサービス機能の出力ログの改善

- エージェントのホスト名/IPアドレス/facilityId検出のログ出力追加

- 通知の置換変数${GENERATION_DATE}の日付フォーマットを指定可能にする

- エージェントの通信機構の応答確認時のチェック機構追加

- サービス・ポート監視のマルチスレッド化による性能向上

- Hinemosマネージャ起動時のPostgreSQL起動方法の改善

- 英語対応


3.不具合改修
以下の不具合を修正しました。

- NTsyslogでエラーログの無限ループが発生する

- syslog-ng監視でカレンダ設定チェックの異常発生時にsyslogメッセージがロストする

- ジョブ履歴ビュー更新時にジョブ詳細/ノード詳細ビューがクリアする

- データベースの再編成後に統計情報の更新が行われない

- 通知変数の${PRIORITY_JP}の置換結果に「通知」が含まれる

- マネージャのインストーラにおけるユーザ確認を緩和する

- Linux版エージェントの起動チェックが失敗する

- デバイス情報収集時のインデックス順により識別が失敗する

- スコープビューで重要度が正しく判定されない

- FindBySNMPによるネットワーク機器の登録失敗

- ジョブ登録ボタン押下時に不要な警告ログが出力される

- NTSyslogで特定のレジストリを参照するライブラリを読み込めない

- 通知時のファシリティIDからノードプロパティを参照する変数置換に失敗する

- オリジナルメッセージが1024byteを超えた場合にジョブ通知が動作しない

- HinemosクライアントのGDIオブジェクトがリークする

- ログ転送エージェントがメモリリークする

- NTSyslogが64bit用メッセージライブラリの参照に失敗する

- hinemos_agent_summary.shでエラーが出る

- リポジトリ権限がなくてもノードマップオプションで閲覧や登録が可能


4.仕様変更

- 無し

変更履歴

変更履歴はありません