logo
オープンソース・ソフトウェアの開発とダウンロード
昨日: 339,132 ダウンロード
合計: 67,086 ユーザ, 98,630 リリースファイル
ソフトウェアの配布
OSDNは、オープンソースソフトウェア開発やその利用に賛同する各組織の協力の下、オープンソースソフトウェア開発者がソフトウェア頒布のために無料で利用できる、全ての大陸に分散された世界規模のダウンロード環境と柔軟なアップロードを実現するファイルリリース環境を提供しています。
ソフトウェアの開発
OSDNは、Git/Subversion/Mercurial/Bazaarなどのソースコードリポジトリ、Webサイトホスティング、チケットシステム、Webフォーラム、メーリングリスト、そしてそれらをWebベースで総合的かつ容易にプロジェクト管理を行う環境をオープンソースプロジェクトに提供しています。

ダウンロードランキング

MinGW - Minimalist GNU for Windows
This is the official download site for the latest packages originating from the MinGW.org Project MinGW is a native Windows port of the GNU Compiler Collection (GCC), with freely distributable import libraries and header files for building native Windows applications; includes extensions to the MSVC runtime to support C99 functionality. Although (currently) offering only a 32-bit compiler suite, all of MinGW's software will execute on the 64bit Windows platforms. MinGW is a registered trademark of Software in the Public Interest Inc. , registration number 86017856 ; this trademark has been registered on behalf of the MinGW.org Project , and its use by any other project is unauthorized.
CrystalDiskInfo
CrystalDiskInfoは、一部の USB 接続や Intel RAID, NVMe に対応し、ディスクに異常があればメールや音声で通知してくれるHDDとSSDに対応したディスク ユーティリティです。型番、容量、バッファサイズといった情報に加えて、電源投入回数、使用時間、温度などのS.M.A.R.T.情報を取得し、ディスクの健康状態を監視します。
Manjaro Linux
Manjaro is a user-friendly Linux distribution based on the independently developed Arch operating system. Within the Linux community, Arch itself is renowned for being an exceptionally fast, powerful, and lightweight distribution that provides access to the very latest cutting edge - and bleeding edge - software. However, Arch is also aimed at more experienced or technically-minded users. As such, it is generally considered to be beyond the reach of those who lack the technical expertise (or persistence) required to use it. Developed in Austria, France, and Germany, Manjaro provides all the benefits of the Arch operating system combined with a focus on user-friendliness and accessibility. Available in both 32 and 64 bit versions, Manjaro is suitable for newcomers as well as experienced Linux users. For newcomers, a user-friendly installer is provided, and the system itself is designed to work fully 'straight out of the box'.
CrystalDiskMark
CrystalDiskMarkは、HDD、SSD、USBメモリ、SDカード、NASなどドライブとして認識される各種ストレージのデータ転送速度を測定できるベンチマークユーテリティソフトウェアです。
プロパティエディタ
このエディタはUnicode参照文字で書かれたプロパティファイルを直接編集することができ、native2asciiでUnicodeに変換する手間を省きます。通常のエディタの機能に加え、Eclipseのプラグインとして利用することも可能です。

活発なプロジェクト

MinGW - Minimalist GNU for Windows
This is the official download site for the latest packages originating from the MinGW.org Project MinGW is a native Windows port of the GNU Compiler Collection (GCC), with freely distributable import libraries and header files for building native Windows applications; includes extensions to the MSVC runtime to support C99 functionality. Although (currently) offering only a 32-bit compiler suite, all of MinGW's software will execute on the 64bit Windows platforms. MinGW is a registered trademark of Software in the Public Interest Inc. , registration number 86017856 ; this trademark has been registered on behalf of the MinGW.org Project , and its use by any other project is unauthorized.
プロパティエディタ
このエディタはUnicode参照文字で書かれたプロパティファイルを直接編集することができ、native2asciiでUnicodeに変換する手間を省きます。通常のエディタの機能に加え、Eclipseのプラグインとして利用することも可能です。
CrystalDiskInfo
CrystalDiskInfoは、一部の USB 接続や Intel RAID, NVMe に対応し、ディスクに異常があればメールや音声で通知してくれるHDDとSSDに対応したディスク ユーティリティです。型番、容量、バッファサイズといった情報に加えて、電源投入回数、使用時間、温度などのS.M.A.R.T.情報を取得し、ディスクの健康状態を監視します。
Vim
VIM is an improved version of the editor "vi", one of the standard text editors on UNIX systems.
TortoiseSVN
TortoiseSVNはSubversion(SVN)クライアントであり、Windowsシェル拡張として実装されています。 つまり、必要な時にWindowsファイルエクスプローラで利用できるようになります。 Subversionコマンドラインクライアントを実行する必要がないため、直感的で使いやすいです。(Sub)バージョン管理の最もクールなインターフェースです!

新規リリース

winmerge-v2-jp - WinMerge 2.16.8+-jp-2
2020-09-27 15:34: Pre-release virustotal.com's result: WinMerge-2.16.8-jp-2-Setup.exe: https://www.virustotal.com/en/file/f436073f15c112a370ff99592ccf6143c8abe427d520ba2856871375b6409df3/analysis/ WinMerge-2.16.8-jp-2-x64-Setup.exe: https://www.virustotal.com/en/file/d226f2726311ba514718a220d2e14a9e9fe51c3043817ceae3e84f40b023d676/analysis/ WinMerge-2.16.8-jp-2-x64-PerUser-Setup.exe: https://www.virustotal.com/en/file/2257f70621c0188147812f628e48a59d7246d6b108e62d6cf493bac0c69b2e3e/analysis/ winmerge-2.16.8-jp-2-exe.zip: https://www.virustotal.com/en/file/4433bed32312f68ba2277954dc7f60e2cf3eecf41176a40c6d4234ba9497b3e0/analysis/ winmerge-2.16.8-jp-2-x64-exe.zip: https://www.virustotal.com/en/file/e915e5be8c7a6972d9ecdcaf2288df6ac522fce359b15a17bf0c8a68eb42f5c2/analysis/ winmerge-2.16.8-jp-2-full-src.7z: https://www.virustotal.com/en/file/b1452b16acaca109c692c3f89e6655f18ffc3a5a7e3acbe42cfe1337f5e25faa/analysis/
ChaKi.NET - 3.14 Revision 639 (3.15β)
2020-09-27 08:58: Git連携アノテーション作業管理対応版 管理対象に文節・係り受け編集内容を含められるようにした. Import/Export処理の高速化と進捗表示の追加 ダイアログの日本語対応・レイアウト修正
ISO - Nitrux 1.3.3 build.250920
2020-09-27 02:45: Nitrux is a Linux desktop distribution directly based on Ubuntu. It uses the Calamares installer and includes NX Desktop and NX Firewall on top of the KDE Plasma 5 desktop environment and KDE Applications. Nitrux utilizes the Debian package manager (dpkg) and its extended set of tools APT (Advanced Packaging Tool) to manage the operating system and manage the software. Nitrux supports both Legacy BIOS and EFI 64-bit computers only, there’s no support for 32-bit.
KiCad - 5.1.7
2020-09-26 17:47: The KiCad project is proud to announce the latest series 5 stable release. The 5.1.7 stable version contains critical bug fixes and other minor improvements since the previous release. It also includes improved footprint, symbol, and 3D model libraries, translations, and documentation.
csp-qt - prerelease 2020-09-26
2020-09-26 15:47: ** Qt porting for Common Source Code Project ** September 26, 2020 K.Ohta <whatisthis.sowhat _at_ gmail.com> * If you can't read Japanese, read readme.qt.txt . 0. 概要 このパッケージは、Common Source Code Project (以下、CSP) をQt5に移植したものです。 バイナリはGNU/Linux(64bit)用とMinGW (32bit Windows)用を 用意しています。 ソースコード: https://github.com/Artanejp/common_source_project-fm7/releases/tag/SNAPSHOT_2020926 追加情報:  各機種バイナリーは、osdn.net もしくはミラーサイトより入手可能です。   https://osdn.net/projects/csp-qt/ https://osdn.net/projects/csp-qt/releases/ をチェックしてください。   Win32:   GNU/Linux(amd64) : 【おねがい】  doc/以下の文書で日本語しかなかったものを英語に翻訳していますが、機械翻訳を使ってるのであやしいです。 英語の上手い方、校正などお願いします m(_ _)m 1. 背景 CSPは、非常に優れた構造のエミュレータです(しかし、些か重くてコンパイラ がいい最適化をしないと重めですが)。 しかし、このコードはM$ Visual C++依存の部分が非常に多いです。 そこで、GNU/Linuxでこれを動かすためにQtに色々と移植していきましょう。 と言う感じで作業をはじめました。 2. 最低限必要なもの(Qt版) Qt5 ツールキット。Qt 5.5以降を推奨します。 OpenGL, 多分、最低OpenGL 2.1は必要です。(注:ひょっとしたら、OpenGLES2以降ならば動くように変えるかも知れない) gcc / g++ (5.0以降?)もしくは llvm clang / clang++ (3.5以降?) コンパイラツールチェーン。 SDL2 (SDL 1.xではないので注意) CMake 2.8以降。 ffmpegから、libavとlibswが必要です。 http://ffmpeg.org/ より。 ffmpegは、Windowsに関してはバンドルしてありますので、動かない時はインストールしてみてください。 Qt5.5(Ubuntu 16.04LTS向け)もしくはQt5.10(Win32とDebian GNU/Linux sid向け)でビルドしてあります。 表示基盤のデフォルトが、OpenGL ES2.0になりました。コマンドラインオプション --opengl で変更が可能です(--helpで参照) Windows のビルドを、Docker環境上のLLVM CLANG (9) にしました。例外処理に関して、MinGW-w64のgccは非常に遅い方法を取ってるためです(Borlandが悪いのですが)。 詳細は、 https://github.com/Artanejp/llvm-mingw と https://hub.docker.com/r/artanejp/llvm-mingw64-ubuntu-cosmic を参照して下さい。 Windows もしくは GNU/Linux のcross tool chain (要Wine)で、MinGW (gcc6) と Qt 5.10 でのビルドができることを確認しました。 TIPS: Windows等で動かした時に、画面の書き替えが表示されない場合は、環境変数 QT_OPENGL を software にしてみてください。(例えば、 WindowsをVirtualBoxのゲストで使ってる場合など) Windows版バイナリには、ソフトウェアレンダリングのopengl32.dllが添付されてますが、最近のパソコンの専用GPUドライバなら、 もっと程度のいいOpenGLが入ってるはずです。 添付版opengl32.dllを適当な名前に変更して動くかどうか試してみて下さい。 3. ビルドの方法 ソースコードを解凍するか、git clone / pull した後で: $ cd {srctop}/source/build-cmake/{Machine name}/ $ mkdir build $ cd build To configure: $ cmake .. or $ ccmake .. To build: $ make To install: $ sudo make install 4. Qt固有の話 設定ファイル(scancode.cfg と foo.ini)は、"~/.config/CommonSourceCodeProject/emufoo/" (Windowsの場合は".\CommonSourceCodeProject\emudfoo\" ) におかれます(移動しました)。 BIOSや効果音WAVやセーブステートは、、"~/CommonSourceCodeProject/emufoo/" (Windowsの場合は".\CommonSourceCodeProject\emudfoo\" ) におかれます(移動しました)。 全ての記録物(スクリーンショットや動画や録音WAV)は、*当面の間* "~/CommonSourceCodeProject/emufoo/" (Windowsの場合は".\CommonSourceCodeProject\emudfoo\" ) におかれます。 ToolTipsを付けました。(2017-01-24) 日本語に翻訳しました。(2017-01-24) キーコード変換テーブルファイルが、$HOME/.config/CommonSourceCodeProject/emu{Machine Name}/scancode.cfg に書き込まれます。 書式は、カンマで区切られた16進データです(10進ではないので注意) . 1カラム目はM$ ヴァーチャルキーコード。 2カラム目はQtネィティブのスキャンキーコードです。 UI部分の共通コンポーネント (src/qt/gui) を共有ライブラリlibCSPgui.soにまとめました。 インストール用のBASHスクリプトを用意しました。src/tool/installer_unix.shです。 ROMと同じところに、特定のWAVファイル(VMによって異なる)を入れると、FDDのシーク音やテープのボタン音・リレー音を鳴らすことが出来ます。 ローマ字カタカナ変換支援機構が一部の機種に実装されてます。romaji_kana.ja.txt をお読みください。 5. 移植状況 a.現在、Debian GNU/Linux "sid"と、Ubuntu Linux 16.04LTS "Xenial" の AMD64版でしかテストしていません。  が、多分他のGNU/Linux OSやBSD系のOS (Mac含む) でもビルドすれば  動くでしょう。 Windows もしくは GNU/Linux(要Wineとbinfmt-support)上でのMinGWと Qt community edition でのビルドが通るようになりました。 今は、Qtの開発側が「Qt4おわりね」とアナウンスしたので、Qt4ではなく Qt5を使っています。 添付してあるバイナリは、Qt 5.5でビルドしました(が、Qt 5.1以降なら動くはずです)。 Linux用ビルドでは、GCCをリンク時最適化(LTO)モードで使っています。 MZ-2500のソケット機能を実装してみていますが、マトモにテストできてません(;´Д`) 6. Upstream repositry: https://github.com/Artanejp/common_source_project-fm7 https://osdn.net/projects/csp-qt/scm/git/common_source_project-fm7 7. Project Page: https://osdn.jp/projects/csp-qt/ 8. Upstream (Takeda Toshiyaさんのオリジナル) http://takeda-toshiya.my.coocan.jp/ Special thanks to: Ryu Takegamiさん : eFM-8/7/77/AV/40/EX のデバッグに協力していただいています。 はせりんさん : eFM-8/7/77/AV/40/EX のデバッグに協力していただいています。 Ootake 開発者の皆さん: ePCENGINEの改善のヒントをソースコードから勉強させていただいてます。 Soji Yamakawaさん : eFM-Townsの開発で「津軽」を参考にさせていただいたり、 アドバイスを頂いたりしています。 Changes: * 前の変更点をお読みになる場合には、ChangeLogと000_gitlog.txtをお読み下さい。 * SNAPSHOT September 26, 2020 Upstream 2020-04-06. FMTOWNS/DMAC Bootable TownsOS v1.1L30 based softwares. Fix around DMA address mask. See source/src/vm/fmtowns/00_status.ja.md. General Now, version of all DLLs/SOLIBs are 3.0.x. DEVICE Change API: special_reset(num). This aimes to support FM-Towns's multiple special resetting. I18N Prepare to support multiple languages. Draw/GL4_5 Wait until complete to mapping. Fix crash with QUAZZLE (FMTOWNS;FSW Collection 10). VM/FMTOWNS OOPs Fix fallthroughs. VM/FMTOWNS Add IC CARD feature. FMTOWNS/CRTC More simple logic at rendering. FMTOWNS/CDROM RESTORE/SEEK COMMAND (00h) must seek to lba0, then aimed lba. FMTOWNS/CDROM PAUSE COMMAND (85h) : Return extra status even isn't audio track. FMTOWNS/CDROM READ MODE1: May not need extra status, integrated after reading. FMTOWNS/MEMORY Integrate memory accessing to primitive inline functions. FMTOWNS/CDROM WIP Status around CMD A0h. This is working-in-progress. FMTOWNS/CDROM WIP TRY: Implement PIO transfer. FMTOWNS/CDROM Should read per a sector, not variable length. FMTOWNS/CDROM Implement pseudo burst transfer for DMA. FMTOWNS/CDROM Set CDDA_STATUS=CDDA_OFF before reading data. Fix スーパーリアル麻雀PIV. FMTOWNS/SPRITE Initially works. FMTOWNS/VRAM Faster write access via write_memory_mapped_io 16|32 () . FMTOWNS/TIMER Disable free run counter before 1H/2H/1F/2F. FMTOWNS/FLOPPY Implement some bits and disk changed feature (0208h:bit0:R after Towns2H/2F/1H/1F). FMTOWNS/TIMER Didable 1uS wait feature wait before xxF/xxH. FMTOWNS/KEYBOARD TRY: Boot with 'CD' 'H0' etc.Still works only with 'DEBUG'. FMTOWNS/SCSI Add SIG_SCSI_EOT signal. FMTOWNS/SCSI Set ctr_reg after sending command to host. Qt/LOGGER Fix not initialize (internal)osd_pointer; wish to fix below issue (@Fedora Linux) https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/i4004/1526806551/935 by this. VM/I386_NP21 Memory access:Make functions inline to be faster processing. VM/COMMON_VM Fix warining of 'set_context_intr' hides overloaded virtual function -Woverloaded-virtual with LLVM Clang++. VM/MC6809 Remove MC6809_BASE::, integrated to MC6809:: . VM/Z80 Remove Z80_BASE::, integrate to Z80:: . VM/UPD7220 Limit address of PSET.More correctness clock feature. VM/UPD71071 Fix tc bit down. VM/UPD71071 Add some signals. VM/UPD71071 FMTOWNS MZ2800 Update API; Separate TC signals per a channel. VM/UPD71071 SREQ is prior than MASK.Don't auto transfer at demand mode. VM/UPD71071 Implement ENDx signal for stopping DMA from some devices. VM/I8259 Initialize registers by reset(). EMU UI/FLOPPY Implement 1sec delayed open() for floppy, fix not detect when changing from HISTORY. X1/DRAW Fix spending a lot of host CPU usage on draw_screen(). This issue has happened at only X1 (not turbo) due to memory aligns and cache lines. Set alignment of RAM and some values. Built with 97db8d7a26eb8eeb7722b009456d7c9bcadda0f7 (or later). -- Sep 26, 2020 18:29:40 +0900 K.Ohta <whatisthis.sowhat@gmail.com> 本家の変更: * 前の変更点をお読みになる場合には、history.txtをお読み下さい。 4/6/2020 VM/I386_NP21 update to Neko Project 21/W ver0.86 rev72 お楽しみあれ! -- Ohta.

サイトアナウンス

GitHub releaseをOSDN project storageに同期する機能をβ公開しました
2020-05-25 01:04: GitHub releaseをOSDN project storageに同期する機能をβ公開しました。 詳しくは こちら を参照して下さい。
GitHub releaseをOSDN File releaseに同期する機能をβ公開しました
2020-05-07 02:06: GitHub releaseをOSDN File releaseに同期する機能をβ公開しました。 詳しくは こちら を参照して下さい。
OSDN.netにおけるバナー広告の廃止の決定ならびにファイルリリースのGitHub同期機能の開始について
2020-04-27 05:18: OSDN.netにおけるバナー広告の廃止の決定ならびにファイルリリースのGitHub同期機能の開始について (原文) 株式会社アピリッツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田順児、以下アピリッツ)OSDN部は、日本最大のオープンソースソフトウェアの開発とダウンロードのプラットフォームであるOSDN.net ( https://osdn.net/ )において、サイト運営社側の収益となるバナー広告の全面的な廃止の決定とファイルリリース/ストレージ機能においてGitHubとの同期機能の提供を開始することをお知らせします。 背景 2000年にOSDNの前身となる組織が発足した当時、オープンソース・コミュニティによるオープンソース開発には3つの「D」、Develop(開発)、Distribute(配布)、Discuss(議論)が欠かせないものであると位置付け、OSDNはそれらを支える活動を行うという基本方針が定められました。それから20年以上の年月が経過し、オープンソースを巡る環境は劇的に変化を続けていますが、今も昔もコミュニティにおいてこの3つの「D」の重要性は変わっていません。OSDNでは、全てのオープンソースを愛するコミュニティに対し、この3つの「D」を支えるための機能の提供を無料で行い、活動を支援し続けることを根幹のポリシーとしています。 この20年間のOSDNの活動を支えてきたのは OSDN.netに掲載されているバナー広告からの収益でありますが、近年では米国の元パートナーサイトにて不適切ならびに詐欺的な広告の問題が噴出した他、アドテクが過度に大きく進化したことによりプライバシー保護への対応も複雑な問題になってきています。また、画面をバナー広告で占拠することで適切なUX&UIを提供することが難しいことも事実です。 2015年のブランド名の変更以降、OSDN.netは地道に安定した成長を続け、先月には過去最高となるユニークユーザーを記録していますが、オープンソース技術を事業の根幹と位置付けているアピリッツ社としては、OSDN.netにおける自社の収益を得ることを目的としたバナー広告を全廃することでオープンソースコミュニティへ支援姿勢を明確化し、よりOSDN.netの成長発展を促すほうが望ましいと判断いたしました。 バナー広告廃止スケジュール OSDN.net上へのバナー広告の掲載は半数程度のページにて即日停止し、2020年5月下旬を目処に原則廃止いたします。ただし、ダウンロードページ(ファイルのダウンロードが実行されるページ)に関しては一部例外的に掲載が継続されます。なお、OSDN Magazineとコミュニティニュースサイトであるスラドに関しては、当面の間は広告掲載を継続します。 開発プロジェクトへの金銭支援 バナー広告掲載継続の例外として、これまでOSDNの活動の一環としてプロジェクト活動のための支援を行なっていた幾つかのオープンソースプロジェクトに対しては、ダウンロードページのみバナー広告の掲載を継続します。ここでの広告掲載による売上はオープンソースプロジェクト側に還元されます。 なお、OSDNとしては、オープンソースプロジェクト自身が活動資金を得るための広告掲載やドネーション活動を行うことを奨励しており、ある一定の規模の基準に達したプロジェクトに対して、バナー広告の掲載やドネーションの案内をプロジェクト自身によって掲載できる仕組みの整備を進める予定でおります。 ファイルリリース/ストレージ機能のGitHub同期機能 バナー広告の廃止により、より一般のダウンロードユーザーの利便性が上がると考えておりますが、更なる利便性の向上を目的として、ファイルリリースおよびファイルストレージ機能においてGitHub Releaseとの同期機能を2020年5月より開始いたします。この機能は対象となるGitHubリポジトリのRelease/Tagを自動的に同期する機能であり、ファイルリリースとファイルストレージ機能の双方で利用できます。これにより、GitHubでのリリースと同時にOSDN.netのグローバルミラーネットワークを通じたソフトウェアの公開が可能になります。 - ファイルリリース機能:2020年5月7日 ベータ提供開始 (予定) - ファイルストレージ機能:2020年5月中 ベータ提供開始 (リリース機能の状況を見て開始時期を判断) 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続く状況下において、オープンソースが果たすべき役割は益々拡大しているとアピリッツとして認識しており、今後もOSDN.netの成長、発展に寄与し、日本発のオープンソースコミュニティのためのインフラを支えていく所存です。 OSDN.netについて OSDN.netは、オープンソース・ソフトウェアの開発者にGit/Subversion/Mercurial/Bazaarリポジトリ、メーリングリスト、バグ追跡システム、掲示板・フォーラム、タスク管理システム、Webサイトホスティング、ファイルの保管、完全なバックアップ、シェル環境、そしてそれらをWebベースで総合的かつ容易な管理を行う環境を提供する無料のサービスです。また、オープンソース関連の最新ニュース、著名人による解説記事、コラムの提供も行っています。 OSDN.netは2002年4月19日に運営が開始され、現在は7000を超える開発プロジェクトのホスティング、6万人の開発者登録、5万を超えるオープンソース・ソフトウェアの情報を登録し、毎月700万以上のダウンロード数を記録しています。オープンソースのホスティングサイトとして日本最大であり、世界的にも稀有なサイトとなっています。 株式会社アピリッツについて 株式会社アピリッツは、各種Webサービスの企画・開発・運営を行う会社です。 PC・スマートフォンなどのマルチデバイス対応のECシステム開発、求人やコミュニティサイトなどのWebシステム開発、サイト内検索やプッシュ通知などの各種ASP提供、スマートフォンアプリ開発、画面設計・デザイン制作、アクセス解析コンサルティングなど、さまざまなソリューションによってお客様のビジネス活性化や売上向上をご支援しております。 近年は、オンラインゲームの企画・開発・運営事業を展開し、ジャンルにとらわれないアプリケーション開発を行っています。 本件に関するお問い合わせ先 株式会社アピリッツ OSDN部 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前六丁目27番8号 京セラ原宿ビル TEL:03-6690-9870 / FAX:03-6861-2896 / Email:info@appirits.com
OSDN株式会社の事業を株式会社アピリッツへ譲渡した件へのメッセージ
2020-02-17 08:18: アピリッツ、OSDN株式会社の事業譲受のお知らせ OSDN社からのメッセージ OSDN株式会社の事業を株式会社アピリッツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田順児、以下「アピリッツ」)へ譲渡いたしました。 OSDN社の前身はVA Linux Systems Japan社OSDN事業部であり、サイトの公開から数えるとほぼ20年という長い歴史があります。その間、米国側の親会社の破綻、VA Linux社からの分社、パートナー会社との対立によるブランド変更... と様々な紆余曲折はありましたが、サービス面に関しては一歩一歩着実に歩みを進め、身の丈に合わせた成長を続けてきております。特に2015年のブランド変更以降は、海外の開発者によるOSDN.netの利用が飛躍的に増加し、グローバルなネットワークとして再成長の軌道に乗ることになりました。 しかしながら、この20年の間にOSDN社の中の人達の平均年齢は毎年一歳上昇し続け、システムの老朽化もあちらこちらで見えるようになってきております。また、広告業界を含めて今後のネット環境の先行きは不透明であることから、小手先の創意工夫ではなく、抜本的に体制を改め、より大きく、より若い力を活用できる企業の下に入ることを決断いたしました。 短期的にはOSDNのサービスには何の変更もありません。また、中の人も変わりません。しかしながら、中長期的には良い変化が起こせるのではないかと期待しております。 今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。 株式会社アピリッツ OSDN部 部長 佐渡秀治
新ダウンロード統計に JSON/CSV エクスポート機能追加
2019-11-25 08:06: テスト公開中の新ダウンロード統計に、 JSON および CSV で表示中のデータをエクスポートできる機能を追加しました。 表のヘッダにあるボタンからデータの取得が可能です。 また、wget/curl などで URL を直接ダウンロードすることもできます。 統計値の自動処理などにご活用ください。 もしバグを見つけた場合は、チケットまでレポートをお願いします。