logo
オープンソース・ソフトウェアの開発とダウンロード
昨日: 91,741 ダウンロード
合計: 56,931 ユーザ, 79,689 リリースファイル
ソフトウェアの配布
OSDNは、オープンソースソフトウェア開発やその利用に賛同する各組織の協力の下、オープンソースソフトウェア開発者がソフトウェア頒布のために無料で利用できる、全ての大陸に分散された世界規模のダウンロード環境と柔軟なアップロードを実現するファイルリリース環境を提供しています。
ソフトウェアの開発
OSDNは、Git/Subversion/Mercurial/Bazaarなどのソースコードリポジトリ、Webサイトホスティング、チケットシステム、Webフォーラム、メーリングリスト、そしてそれらをWebベースで総合的かつ容易にプロジェクト管理を行う環境をオープンソースプロジェクトに提供しています。

ダウンロードランキング

FFFTP
FFFTPは、2ペイン型のFTPクライアントソフトです。ローカルのフォルダとFTPサーバー側のディレクトリを同期させるミラーリング機能や漢字コードの変換機能、ファイアウォールやSOCKS、ワンタイムパスワードへの対応といった機能を備えています。
CrystalDiskInfo
一部のUSB-HDDやSSDにも対応したディスク情報表示ツール
TortoiseSVN
TortoiseSVNはSubversion(SVN)クライアントであり、Windowsシェル拡張として実装されています。 つまり、必要な時にWindowsファイルエクスプローラで利用できるようになります。 Subversionコマンドラインクライアントを実行する必要がないため、直感的で使いやすいです。(Sub)バージョン管理の最もクールなインターフェースです!
CrystalDiskMark
各種ストレージ(HDD, SSD, USBメモリなど)の読み書き速度を測定するベンチマークソフトです。
Manjaro Linux
Manjaro is a user-friendly Linux distribution based on the independently developed Arch operating system. Within the Linux community, Arch itself is renowned for being an exceptionally fast, powerful, and lightweight distribution that provides access to the very latest cutting edge - and bleeding edge - software. However, Arch is also aimed at more experienced or technically-minded users. As such, it is generally considered to be beyond the reach of those who lack the technical expertise (or persistence) required to use it. Developed in Austria, France, and Germany, Manjaro provides all the benefits of the Arch operating system combined with a focus on user-friendliness and accessibility. Available in both 32 and 64 bit versions, Manjaro is suitable for newcomers as well as experienced Linux users. For newcomers, a user-friendly installer is provided, and the system itself is designed to work fully 'straight out of the box'.

新規リリース

wav - WIN ver. 2.0
2018-08-18 12:24: pythonを使って10秒間録音ができるようになりました。変換はGOボタンをクリックするだけです。 コード改編自由です。 動作環境については不明な点が多いです。
magic3 - 2.31.1
2018-08-18 11:25: プログラムが分からなくても使えるプログラミングレスCMS Magic3はWebポータルサイトを運営するプラットフォームとして、CMS(コンテンツ管理)機能から始まって、Eコマース、ブログ、BBS、Wiki、フォトギャラリー、カレンダーなどマルチな機能を持つ クラウドコンピューティングプラットフォーム へと進化しました。 プログラム知識を必要としないシステムなので、プログラム知識ゼロのユーザでも自由自在にサイトを構築、運用することが出来ます。 ウィジェットと呼ぶコンポーネント部品をマウス操作で画面に配置するだけで、Webサイトに必要な機能を追加していくことができます。 デザインテンプレートはJoomlaとWordPress互換。JoomlaやWordPressの数千種以上のデザインがそのまま利用できます。 PC用サイトに加え、これから重要なスマートフォン用サイトや携帯用サイトの構築もでき、それぞれの機器に最適化したサイトが同時運用できます。 公式サイト: http://www.magic3.org 操作デモ(動画): https://www.youtube.com/watch?v=pKLgzdc8F34 使い方: http://doc.magic3.org/index.php?%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB
壁カレ4 - 4.130
2018-08-18 07:21: Ver4.130(2018/08/18) ・ローテーションバックアップで同一日に壁カレを再起動してもローテーションしないように修正 ※Ver4.120については不具合があり急遽公開を停止しました。
inkf - 2.0.3
2018-08-18 03:58: ・-n, -M bq , --re-matchオプションを追加しました。 ・GB18030の変換を最適化しました。
pmsforviera - PMS for VIERA 1.75.0
2018-08-18 00:31: Panasonicテレビ VIERA向けに作成したDLNAサーバ

サイトアナウンス

プロジェクトファイルリリースのVirusチェック機能に関して (2018-07-13追記)
2018-06-25 04:31: プロジェクトのファイルリリースにアップロードされているファイルに対して、システム側でVirusチェックを 実施するようにいたしました。 検査結果はリリース一覧のページ等に表示されます。 検査には VirusTotal ( https://www.virustotal.com )を利用しています VirusTotalでは複数のVirus検査エンジンを利用して横断して検査を行うことにより、Virus等の検出を行うものです。これらのエンジンの中には非常にセンシティブで偽陽性(false positive)を頻繁に返すものがいくつかあるため、現実的に全く問題がないファイルでも稀にいくつかのVirus検出警告が上がる場合があります(つまり、VirusTotalからの結果をもって即そのファイルが危ないとは判断できません)。結果の詳細を確認して判断してください。 また この機能は検査結果をもって、Virusの混入がないことを保証するものでもありません Virus検出の結果、警告が一定以上ある場合は、その結果をそのファイルのプロジェクト管理者およびファイルリリース担当者にメールで通知されます(一定期間後に再検査を行う場合もありますので、一つのファイルに関して複数回のメール通知送信されるケースがございます) 問題があると判断されたファイルは、サイト管理者側で非公開化や削除などの措置をとる場合があります VirusTotal の API の制限のため 350MB 以上のファイルに関しては現状チェックが行なえません 検査結果はアップロードした直後すぐには表示されません(VirusTotal自体の挙動、及びAPIのアクセス制限のため、最短でも30分程度、場合によっては数日以上かかるケースがあります) 2018-07-13 追記 結果表示のリンクを osdn.net のサーバ側が持っている検査結果のリンクではなく、最新の結果を表示するリンクに変更しました。 osdn.net システムからの検査以外にも、手動で同じファイルの検査をwebブラウザ等からも行うことができますので、osdn.net システム側が持っている検査結果より新しい検査結果を VirusTotal システム側が持っている可能性があります。リンク先として最新のものを表示するようにしましたので、最新の情報はリンク先から確認してください。 前回の検査から一定期間(現状 90日としています)が経過すると、再度検査を行うようにしました。ただし、これもAPIの制限がありますので、一定期間が経過すると再検査用のキューに追加されるだけで、即時再検査が行われるわけではありません(厳密に一定期間ごとの検査を保証するものではありません) 上記の自動再検査とは別に各プロジェクトのファイルリリース管理者およびプロジェクト管理者は、リリースファイルの一覧に表示されるボタンをクリックすることで、再検査のリクエストを行うことができるようにしました。 再検査は API の制限により、すぐには行われません。数日程度かかるケースもあります。 VirusTotalで利用しているエンジンの定義ファイルの変更等がない限り、結果は基本的にはかわりません。従いまして、同じ状態で何度も検査しても意味がありませんので、前回の検査結果が出てから一定期間(現在 3日としています)は再検査要求は出せないようになっています
GitHub アカウントを利用したログインに対応しました
2018-06-18 03:25: GitHub アカウントを利用して OSDN アカウントにログインできるようになりました。 GitHub アカウントとOSDNアカウントに登録されているメールアドレスが同一である必要があります 対応するアカウントがない場合は、OSDNアカウントが作成されます。
GitHub からの SSH キーの取り込みに対応しました。
2018-06-18 03:31: GitHub 上で公開されている SSH key を OSDN アカウントのSSH key としてカンタンな操作で取り込めるようになりました。 SSH key の追加は通常通りアカウントのSSH key 設定から行います GitHub から SSH key を取り込む場合、SSH key の追加モーダル上に github アカウント名を入力して、取り込む ボタンをクリックします。SSH key 入力用の textarea に取り込まれますので、確認して 追加 してください。 GitHub アカウントを利用したログインを行っていると自動的にアカウント名は補完されます。
フォーラム 固定スレッドと書き込み権限制御の追加
2018-04-25 04:15: フォーラムに固定スレッドと書き込み権限の制御機能を追加しました。 固定スレッド フォーラム内の各スレッドは新しく作成されたスレッドが上部に来るように 並べられますが、指定した一部のスレッドを上部に固定できるようにしました。 固定スレッドの設定はフォーラム管理者もしくはプロジェクト管理者が行なえます 各スレッド作成時もしくは作成後に固定するように選択できます 固定スレッドには3段階から選択できる優先度をつけられます。優先度が高いものほど上部に一覧の上部に表示されます。同一の優先度が設定されている場合は、より新しいものが上部に表示されます スレッドの書き込み権限制御 フォーラムに書き込める人は、フォーラムごとにログインしていない匿名のユーザの書き込みを認めるかどうか といった制御しかできませんでしたが、新たにスレッドごとに書き込みができる人を制限できる機能を追加しました。 スレッドの書き込み権限の設定はフォーラム管理者もしくはプロジェクト管理者のみが行なえます。 設定が行われれていない場合は、これまで同様フォーラム全体の設定(匿名のユーザからの投稿も認めるか、ログインユーザのみ許可するか)に準拠した動作となります スレッドごとに設定できる書き込み権限は以下のようになります 誰でも書き込める(フォーラムの設定で匿名ユーザからの投稿を拒否している場合でも、匿名ユーザからの投稿も許可されます) ログインユーザのみ書き込める(フォーラムの設定で匿名ユーザからの書き込みを許可している場合でも、匿名ユーザからの書き込みが禁止されます) プロジェクトメンバーのみ書き込める フォーラム管理者もしくはプロジェクト管理者のみが書き込める 誰も書き込めない(read only)
Subversion でリビジョン属性の変更を許可する設定が可能になりました
2018-05-07 03:42: プロジェクトの Subversion の設定に、リビジョン属性の変更を許可する設定を追加しました。 後からコミットメッセージを修正したい場合や、 svnsync 等の一部の外部ツールを使用する場合はこの設定を変更してください。