logo
オープンソース・ソフトウェアの開発とダウンロード
昨日: 156,139 ダウンロード
合計: 60,272 ユーザ, 82,166 リリースファイル
ソフトウェアの配布
OSDNは、オープンソースソフトウェア開発やその利用に賛同する各組織の協力の下、オープンソースソフトウェア開発者がソフトウェア頒布のために無料で利用できる、全ての大陸に分散された世界規模のダウンロード環境と柔軟なアップロードを実現するファイルリリース環境を提供しています。
ソフトウェアの開発
OSDNは、Git/Subversion/Mercurial/Bazaarなどのソースコードリポジトリ、Webサイトホスティング、チケットシステム、Webフォーラム、メーリングリスト、そしてそれらをWebベースで総合的かつ容易にプロジェクト管理を行う環境をオープンソースプロジェクトに提供しています。

ダウンロードランキング

MinGW - Minimalist GNU for Windows
MinGW: A native Windows port of the GNU Compiler Collection (GCC), with freely distributable import libraries and header files for building native Windows applications; includes extensions to the MSVC runtime to support C99 functionality. All of MinGW's software will execute on the 64bit Windows platforms.
CrystalDiskInfo
CrystalDiskInfoは、一部の USB 接続や Intel RAID, NVMe に対応し、ディスクに異常があればメールや音声で通知してくれるHDDとSSDに対応したディスク ユーティリティです。型番、容量、バッファサイズといった情報に加えて、電源投入回数、使用時間、温度などのS.M.A.R.T.情報を取得し、ディスクの健康状態を監視します。
CrystalDiskMark
CrystalDiskMarkは、HDD、SSD、USBメモリ、SDカード、NASなどドライブとして認識される各種ストレージのデータ転送速度を測定できるベンチマークユーテリティソフトウェアです。
Manjaro Linux
Manjaro is a user-friendly Linux distribution based on the independently developed Arch operating system. Within the Linux community, Arch itself is renowned for being an exceptionally fast, powerful, and lightweight distribution that provides access to the very latest cutting edge - and bleeding edge - software. However, Arch is also aimed at more experienced or technically-minded users. As such, it is generally considered to be beyond the reach of those who lack the technical expertise (or persistence) required to use it. Developed in Austria, France, and Germany, Manjaro provides all the benefits of the Arch operating system combined with a focus on user-friendliness and accessibility. Available in both 32 and 64 bit versions, Manjaro is suitable for newcomers as well as experienced Linux users. For newcomers, a user-friendly installer is provided, and the system itself is designed to work fully 'straight out of the box'.
FFFTP
FFFTPは、2ペイン型のFTPクライアントソフトです。ローカルのフォルダとFTPサーバー側のディレクトリを同期させるミラーリング機能や漢字コードの変換機能、ファイアウォールやSOCKS、ワンタイムパスワードへの対応といった機能を備えています。

活発なプロジェクト

MinGW - Minimalist GNU for Windows
MinGW: A native Windows port of the GNU Compiler Collection (GCC), with freely distributable import libraries and header files for building native Windows applications; includes extensions to the MSVC runtime to support C99 functionality. All of MinGW's software will execute on the 64bit Windows platforms.
Anak Krakatoa Delphi Framework
This is not just another suite of libraries for Delphi, its goal is much more comprehensive and audacious. With a library of functions, components and experts focused on practicality and versatility, "Krakatoa" (KRK) aims to change the way you program in Delphi for the better! KRK's key points are utilities functions, "Helper" Classes, Experts for creating standard units and miscellaneous components. Some of these components are Open Source and are installed together with KRK, such as ZeosLib and ICS, and are extensively used by many other Framwork components and functions. The idea is to add only really useful components. Anak Krakatoa Delphi Framework You know what it can do...
User Control (DXCE)
= User Control (Delphi Experts Consortium Edition) = The purpose of this User Control distribution is to unify all available versions in order to become THE definitive distribution of this, which is an excellent component for managing users. We understand that these components were developed by other people initially and credit for any and all development until revision 1 (initial) of this distribution should be given to the pioneers. All development from revision 2 will be customizations and bugfixes from various authorships. The motivation to perform this work lies in the fact that currently the original UserControl source (https://sourceforge.net/projects/usercontrol) does not seem to contain any significant updates for some time and the existing files do not seem to follow any logic order, which makes the use of the component in large projects a risk for most developers. == Features == * Easy initial setup from the integrated component editor * Better organization of main component properties * It has integrated internal messaging system that allows communication between registered users and now with the possibility of sending important message (priority) and return receipts * Sends emails to users when their information is changed (password, name, profile, etc.) * Full and correct use of the SGDBs it supports, with real date / time fields, primary keys, sequences and auto-increments * Use of configurable multiple hashes, in order to give greater security to the application * Possibility of configuring how internal messages are automatically displayed after logon, and can even be configured not to display messages automatically * Application lock function. Only those who have blocked can unlock the application or terminate it == Donation == This is and always will be an Open Source project. However I would be grateful if you could contribute any amount [https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_donations&business=Q86XLNGMWQQKL&lc=BR&item_name=Carlos%20B%2e%20Feitoza%20Filho&item_number=UCDXCE&currency_code=BRL&bn=PP%2dDonationsBF%3abtn_donate_SM%2egif%3aNonHosted clicking here]
CrystalDiskInfo
CrystalDiskInfoは、一部の USB 接続や Intel RAID, NVMe に対応し、ディスクに異常があればメールや音声で通知してくれるHDDとSSDに対応したディスク ユーティリティです。型番、容量、バッファサイズといった情報に加えて、電源投入回数、使用時間、温度などのS.M.A.R.T.情報を取得し、ディスクの健康状態を監視します。
Tera Term
Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

新規リリース

JPiere Source Code - JPiere6.2 - 201905 - src
2019-05-19 09:07: JPiere(ジェイピエール)は、オープンソースのERP iDempiere(アイデンピエレ)の日本商習慣対応ディストリビューション(頒布形態)であり、プラグイン群です。iDempiereを日本の商習慣に対応させるだけでなく、操作を補助するユーティリティーやオリジナルのレポート、バッチ処理などiDempiereを拡張する多くの機能を1つのパッケージにして提供しています。 JPiereは"Japan"+"iDempiere"であり、"JP"は"日本(Japan)"を、"iere" は"yell"とかけて"応援"の意味を込めています。 JPiereは、"OSGi"と"アプリケーション辞書"の機能を最大限に活用して開発しています。この事により、JPiereはiDempiereのバージョンアップに追随する事ができます。 JPiereは、iDempiereの日本での普及を図るとともに、日本企業をシステム面から支援するために、萩原秀明個人と株式会社株式会社オープンソース・イーアールピー・ソリューションズがメンテナーとなって開発しているオープンソースのERP iDempiereのプラグイン群です。JPiereの開発はオープンに行っていますので、開発に参加されたい方は萩原秀明までご連絡下さい。 参照: JPiere Lab
GearHead2-github-utf8 - 0.701-github-utf8-2019051902prerelease-testing
2019-05-18 15:01: CriticalEngineFailure時のメッセージを表示するオプション SHOW_CRITICALENGINEFAILURE 追加。
csp-qt - SNAPSHOT 2019-05-18
2019-05-18 14:47: ** Qt porting for Common Source Code Project ** May 18, 2019 K.Ohta <whatisthis.sowhat _at_ gmail.com> * If you can't read Japanese, read readme.qt.txt . 0. 概要 このパッケージは、Common Source Code Project (以下、CSP) をQt5に移植したものです。 バイナリはGNU/Linux(64bit)用とMinGW (32bit Windows)用を 用意しています。 ソースコード: https://github.com/Artanejp/common_source_project-fm7/releases/tag/SNAPSHOT_20190518 追加情報:  各機種バイナリーは、osdn.net もしくはミラーサイトより入手可能です。   https://osdn.net/projects/csp-qt/ https://osdn.net/projects/csp-qt/releases/ をチェックしてください。   Win32:   GNU/Linux(amd64) : 【おねがい】  doc/以下の文書で日本語しかなかったものを英語に翻訳していますが、機械翻訳を使ってるのであやしいです。 英語の上手い方、校正などお願いします m(_ _)m 1. 背景 CSPは、非常に優れた構造のエミュレータです(しかし、些か重くてコンパイラ がいい最適化をしないと重めですが)。 しかし、このコードはM$ Visual C++依存の部分が非常に多いです。 そこで、GNU/Linuxでこれを動かすためにQtに色々と移植していきましょう。 と言う感じで作業をはじめました。 2. 最低限必要なもの(Qt版) Qt5 ツールキット。Qt 5.5以降を推奨します。 OpenGL, 多分、最低OpenGL 2.1は必要です。(注:ひょっとしたら、OpenGLES2以降ならば動くように変えるかも知れない) gcc / g++ (5.0以降?)もしくは llvm clang / clang++ (3.5以降?) コンパイラツールチェーン。 SDL2 (SDL 1.xではないので注意) CMake 2.8以降。 ffmpegから、libavとlibswが必要です。 http://ffmpeg.org/ より。 ffmpegは、Windowsに関してはバンドルしてありますので、動かない時はインストールしてみてください。 Qt5.5(Ubuntu 16.04LTS向け)もしくはQt5.10(Win32とDebian GNU/Linux sid向け)でビルドしてあります。 表示基盤のデフォルトが、OpenGL ES2.0になりました。コマンドラインオプション --opengl で変更が可能です(--helpで参照) Windows もしくは GNU/Linux のcross tool chain (要Wine)で、MinGW (gcc6) と Qt 5.10 でのビルドができることを確認しました。 TIPS: Windows等で動かした時に、画面の書き替えが表示されない場合は、環境変数 QT_OPENGL を software にしてみてください。(例えば、 WindowsをVirtualBoxのゲストで使ってる場合など) Windows版バイナリには、ソフトウェアレンダリングのopengl32.dllが添付されてますが、最近のパソコンの専用GPUドライバなら、 もっと程度のいいOpenGLが入ってるはずです。 添付版opengl32.dllを適当な名前に変更して動くかどうか試してみて下さい。 3. ビルドの方法 ソースコードを解凍するか、git clone / pull した後で: $ cd {srctop}/source/build-cmake/{Machine name}/ $ mkdir build $ cd build To configure: $ cmake .. or $ ccmake .. To build: $ make To install: $ sudo make install 4. Qt固有の話 設定ファイル(scancode.cfg と foo.ini)は、"~/.config/CommonSourceCodeProject/emufoo/" (Windowsの場合は".\CommonSourceCodeProject\emudfoo\" ) におかれます(移動しました)。 BIOSや効果音WAVやセーブステートは、、"~/CommonSourceCodeProject/emufoo/" (Windowsの場合は".\CommonSourceCodeProject\emudfoo\" ) におかれます(移動しました)。 全ての記録物(スクリーンショットや動画や録音WAV)は、*当面の間* "~/CommonSourceCodeProject/emufoo/" (Windowsの場合は".\CommonSourceCodeProject\emudfoo\" ) におかれます。 ToolTipsを付けました。(2017-01-24) 日本語に翻訳しました。(2017-01-24) キーコード変換テーブルファイルが、$HOME/.config/CommonSourceCodeProject/emu{Machine Name}/scancode.cfg に書き込まれます。 書式は、カンマで区切られた16進データです(10進ではないので注意) . 1カラム目はM$ ヴァーチャルキーコード。 2カラム目はQtネィティブのスキャンキーコードです。 UI部分の共通コンポーネント (src/qt/gui) を共有ライブラリlibCSPgui.soにまとめました。 インストール用のBASHスクリプトを用意しました。src/tool/installer_unix.shです。 ROMと同じところに、特定のWAVファイル(VMによって異なる)を入れると、FDDのシーク音やテープのボタン音・リレー音を鳴らすことが出来ます。 ローマ字カタカナ変換支援機構が一部の機種に実装されてます。romaji_kana.ja.txt をお読みください。 5. 移植状況 a.現在、Debian GNU/Linux "sid"と、Ubuntu Linux 16.04LTS "Xenial" の AMD64版でしかテストしていません。  が、多分他のGNU/Linux OSやBSD系のOS (Mac含む) でもビルドすれば  動くでしょう。 Windows もしくは GNU/Linux(要Wineとbinfmt-support)上でのMinGWと Qt community edition でのビルドが通るようになりました。 今は、Qtの開発側が「Qt4おわりね」とアナウンスしたので、Qt4ではなく Qt5を使っています。 添付してあるバイナリは、Qt 5.5でビルドしました(が、Qt 5.1以降なら動くはずです)。 Linux用ビルドでは、GCCをリンク時最適化(LTO)モードで使っています。 MZ-2500のソケット機能を実装してみていますが、マトモにテストできてません(;´Д`) 6. Upstream repositry: https://github.com/Artanejp/common_source_project-fm7 https://osdn.net/projects/csp-qt/scm/git/common_source_project-fm7 7. Project Page: https://osdn.jp/projects/csp-qt/ 8. Upstream (Takeda Toshiyaさんのオリジナル) http://takeda-toshiya.my.coocan.jp/ Special thanks to: Ryu Takegamiさん : eFM-8/7/77/AV/40/EX のデバッグに協力していただいています。 はせりんさん : eFM-8/7/77/AV/40/EX のデバッグに協力していただいています。 Ootake 開発者の皆さん: ePCENGINEの改善のヒントをソースコードから勉強させていただいてます。 Changes: * 前の変更点をお読みになる場合には、ChangeLogと000_gitlog.txtをお読み下さい。 * SNAPSHOT May 18, 2019 Upstream 2019-04-30. General Add Hino Electronics CEFUCOM-21. Build/GCC Fix FTBFS without setting LTO_THREADS value and selecting USE_LTO. Build/Linux buildvars.dat: Add "USE_SHRINK_DEBUG_SYMBOL" flag to save disk space. COMMON Add high pass/low pass filter function. VM/PCM1BIT,AY3_891x Add LPF feature.See initialize_sound(). VM/EVENT Add sound sampling (from host machine) feature framework. COMMON Add RINGBUFFER:: class, extend of FIFO::. FIFO Add fill|empty warning feature.This may be useful for some devices. i.e. 16550 UART, variants of i8251. FILEIO Add StateVector() classes. VM/DEVICE Add CPU pseudo SIGNALS, 108 to 110. VM/COMMON Delete unneeded builtin_assume_aligned().MinGW32 build works built with "-msse2 -O3". VM/DMA Add NEW signal, notify to write-changed address. VM/EVENT Add new APIs for recording sound. VM/PC9801RA Note: Still not running Microsoft's EMM386.EXE and FreeBSD(98).Will fix. VM/PC9801 SASI_BIOS Fix wrong sectors at FORMAT command.Fix run out at DOS installation. VM/PC9801 Add some DIPSWITCH features. VM/PC9801,FMR50,FMR30 SASI_BIOS Add translate_address(segment,offset) to DEVICE:: . VM/PC9801,FMR50 Add pseudo-cycles args to pseudo-bios for i86/286/386. VM/PC9801 Truely bootable MS-DOS 6.20,excepts EMM386.EXE. VM/PC9801 SOUND Playable PCM of PC-9801-86. VM/PC9801 PC-9801-86 Mostly implement PC-9801-86 sound board.Touhou-Huumaroku (partly) works. VM/PC9801 MEMBUS Remove shadow_memory, this includes ram 0xc0000 -ram 0xe7fff . VM/PC9801 MEMBUS Maybe complete to set mapping bus to 32bit VMs except Hi-Reso. VM/PC9801 MEMBUS Faster memory access. VM/PC9801 EGC Make EGC faster (maybe...). VM/PC9801 CPUREG Add ARCTIC (a.k.a Timestamp) and 0.6uS? Wait. VM/PC9801 SASI_BIOS Improve SENSE command.Write results to 0000:0585h at INITIALIZE. VM/PC9801 DISPLAY EGC: Add write protect register (03h). VM/PC9801 FLOPPY Improve drive setting via 2DD <-> 2HD. VM/PC9801 MOUSE Set clock to 120Hz when resetting. VM/PC9801 Support low resolution monitor.This is WIP. VM/PC9801 VM/I386,I286 Add variable (main) CPU clock via CPU's write_signal().Add cpu_wait_foo() with CPU_EXECUTE(foo) . VM/PC9801RA Enable to boot contains i386 CPU with (about) correctness ITF and IPL. VM/PC9801RA Enable EGC. VM/I386 Separate I386_OP(int) to I386_OP(int_16) and I386_OP(int_32) because pseudo bios int call (maybe 1Bh) should be in 16bit mode. VM/I386 Enable debug log (logerror()). VM/I386 Improve CALL ABS SELECTOR:OFFSET. VM/I386 Call PSEUDO-BIOS even VM86 mode, EMM386.EXE for FreeDOS(98) and VEM486 (at MS-DOS 6.2) may work(still unstable a bit). Some games, i.e. Touhou-KaikiDan work now. VM/I386 Faster FETCH/READ. VM/I386 Make some functions around address translation INLINE. VM/I386 Fix unexpected page fault when accessing memories. VM/I386 Try to call pseudo-bios even within protected mode (inside of i386_trap()). VM/DEVICE,I386,I286 Add total_icount via read_signal().To implement PC-9801's clock counter. VM/DEVICE Add address_translate() API to generic devices. VM/I8237 Debug register dump: Add "BANK" registers. VM/I286 PC9801 Add SIG_I386_FORCE_RESET to notify resetting to external devices.Fix "A20 ERROR" at rebooting PC-9801(32BIT MODELS) with rebooting from program. VM/UPD7220 PC9801 Add GDC clock feature. UPD7220::set_clock_freq(). VM/UPD7220 Implement position limiter for drawing (line etc).You may set gdc_foo->set_screen_width() and gdc_foo->set_screen_height(). VM/UPD7220 Apply "uPD7220 Design manual".make FIFO as ring buffer. VM/UPD7220 More precision emulation. VM/UPD7220 COMMON_VM Integrate UPD7220_BASE:: and UPD7220:: to UPD7220:: . VM/UPD7220 Fix not blink cursor. VM/UPD7220 Improve around command interpret.This makes apply *real* command-queue-empty to IO 00h:BIT2. VM/UPD7220 PC9801 Add UGLY PC98 HACK to UPD7220:: from NP2. VM/UPD7220 Update around SYNC and drawing(WIP). VM/YM2203 Fix wrong status reply at address #3 . VM/MEMORY Faster memory access. VM/MC6809 COMMON Improve disassembler.Thanks to HASERIN-San. VM/MC6809 DISASM Fix offset address around INDEX addressing. VM/PC9801 MEMORY Add new API at copy_table_ r|w|rw (to, start, end). VM/PC9801 DISPLAY Faster accessable GDC. VM/PC9801 DISPLAY More faster VRAM access (via EGC/GRCG). VM/PC9801 SASI_BIOS Fix status values of SASI commands. VM/LIBCPU_NEWDEV Remove deprecated classes. BUILD/WIN32 Adjust GCC option for MinGW. QT/MENU_FLAGS Fix TYPO. QT/EMU,OSD Adjust emulation sequence. Built with 88b18e84a6e8049da97d15ddc96d5acf30b1fcb5 (or later). -- May 18, 2019 23:00:59 +0900 K.Ohta <whatisthis.sowhat@gmail.com> 本家の変更: * 前の変更点をお読みになる場合には、history.txtをお読み下さい。 4/30/2019 VM/DEVICE add is_primary_cpu() and update_extra_event() VM/EVENT support to udpate event while cpu is running one opecode VM/I8259 fix reading isr register (thanks Mr.rednow) VM/SCSI_HOST fix to raise irq at command/message phase VM/Z80 improve to update event in every read/write cycle CEFUCOM21 support Hino Electronics CEFUCOM-21 (not work) MZ2500/CRTC apply crtc patch (thanks Mr.Koucha-Youkan) PC8801MA improve to enable/disable cmdsing and pcg PC8801MA improve to enable/disable changing palette for each scan line お楽しみあれ! -- Ohta.
timidity41 - 41.3.6
2019-05-18 14:36: TiMidity++ 41 版 41.3.6 (2019-05-18) TiMidity++ と UnkoTim225 の非公式フォークです ソースコードは https://ja.osdn.net/projects/timidity41/scm/git/timidity41/ から入手可能です インストール 通常の TiMidity++ と同じです Visual Studio 2019 でコンパイルされています。実行には Visual C++ 再頒布可能パッケージが必要です DLS の使い方 .cfg ファイルに bank 0 0 %dls "gm.dls" 0 0 みたいな感じで記述する ( %font とかと同じ) sfz の使い方 .cfg ファイルに bank 0 0 %sfz "KawaiUprightPiano-small.sfz" みたいな感じで記述する
inkf - 2.1.0
2019-05-18 00:10: ・EUC-JPの標準エンコーディングをCP51932にしました。 ※EUCJP-MSを使用する場合には、文字セット名の指定が必要です。

サイトアナウンス

[復旧] プロジェクトリリースのFTPアップロード
2019-04-17 06:15: 2019-04-11 16時ごろより、プロジェクトのリリースファイルを FTP でアップロードしようとすると、Permission denied のエラーによりアップロードが失敗する状態になっていました。 この問題は 17日 12時ごろ復旧しました。 ご迷惑おかけしてすみません。
[メンテナンス] ISP側回線機器メンテナンスによるプロジェクトWeb閲覧およびプロジェクトstorageへのアップロードの停止
2019-04-11 04:17: 上位プロパイダ側の回線機器メンテナンス作業にともない 以下の時間帯にプロジェクトWebの閲覧およびプロジェクトstorage機能へのファイルのアップロードが行いにくい/できない時間が発生いたします。 日時: 2019-04-23 0:00AM JST 〜 07:00AM JST の間 影響範囲: 上記時間帯の間断続的にネットワークが切断されるためプロジェクトWebの閲覧およびファイルのアップロードがしにくい/出来ない時間帯が発生します
[復旧済] プロジェクトWeb/Storage アップロードに接続しにくい状況が発生していました
2019-04-04 14:42: 接続先ISP側での機器障害のために 21:10 ころより 23:05 ころまで プロジェクト Web や プロジェクト Storage へのアップロードがつながりにくい 状況が発生していました。 日時: 2019-04-04 21:10ころから23:05ころ 原因: ISP側設備障害による通信障害 影響範囲: プロジェクトWebアクセスおよびStorageへのアップロードサーバへの接続がしにくい状態でした なお、ISP側での復旧報も出ており、OSDN側でも接続が正常に戻ったことを確認し既に復旧しております。
[済] SSH DSA鍵サポートの停止
2018-11-06 03:59: SSHのDSA鍵に関しまして、アルゴリズム的な弱さが指摘されておりopensshの実装におきましても 2015年ころからディフォルトでは無効化されています(ディフォルトでは利用できなくなっており、 おそらく将来的には廃止されるものと思います)。 この状況をふまえOSDN.netでもSSHでのDSA鍵の利用を以下のスケジュールで停止することになりました。 廃止予定日 2018年12月末日(2019年になりましたら順次停止作業を行う予定です) 影響を受けるサービス シェルサービスへのSSHログイン プロジェクトの各種SCM (git/svn/hg/bzr/cvs)へのSSHアクセス 作業部屋のSCM (git/svn/hg)へのSSHアクセス 確認/対処方法 https://osdn.net/account/editsshkeys.php 自分が登録してあるSSH公開鍵は、上記URLより一覧できます。このうち鍵タイプが ssh-dss と書かれている 鍵は2019年1月よりログインに利用できなくなります。他のタイプの鍵を登録してご利用ください。 (2019/02/12 追記) DSA鍵でのログインはすでにできなくなっています
ナイロビ(ケニア)への新規ファイルリリースミラー設置のお知らせ
2019-01-17 06:45: OSDNファイルリリースシステムにて、ケニア共和国 ナイロビに ミラーサイト を新たに設置したことをお知らせします。 OSDNのプロジェクトおよび作業部屋のファイルリリースシステムを利用して公開された全てのファイルは、OSDNのオープンソース活動に協力して頂いている各組織が運営するミラーサーバへミラーリングされており、これらのファイルをダウンロードするユーザーは各ミラーサイトからファイルを取得することになっています。 今回ミラーが設置された組織は下記の通りです。 Liquid Telecom (ナイロビ、ケニア共和国) OSDN社では、今後も世界の全地域において更なるファイルリリースのミラーの設置を進め、グローバルなオープンソースプロジェクトの活動を支援する所存です。