logo
オープンソース・ソフトウェアの開発とダウンロード
昨日: 203,985 ダウンロード
合計: 59,028 ユーザ, 80,448 リリースファイル
ソフトウェアの配布
OSDNは、オープンソースソフトウェア開発やその利用に賛同する各組織の協力の下、オープンソースソフトウェア開発者がソフトウェア頒布のために無料で利用できる、全ての大陸に分散された世界規模のダウンロード環境と柔軟なアップロードを実現するファイルリリース環境を提供しています。
ソフトウェアの開発
OSDNは、Git/Subversion/Mercurial/Bazaarなどのソースコードリポジトリ、Webサイトホスティング、チケットシステム、Webフォーラム、メーリングリスト、そしてそれらをWebベースで総合的かつ容易にプロジェクト管理を行う環境をオープンソースプロジェクトに提供しています。

活発なプロジェクト

新規リリース

保守対応終了 - Ring 1.7 日本語版取扱説明書 - 一般プレビュー公開版
2019-02-16 15:43: 現在、保守対応は終了していますが、当時のドキュメントをそのまま公開しております。現在、 Ring 1.7 をお使いのかたは Ring 1.10 以降への乗り換えをお勧めします。 ●これは? プログラミング言語 Ring 1.7 の日本語版取扱説明書です。 ライセンスは MIT License となっております。 Ring に関する情報、処理系のダウンロードは、公式サイトからどうぞ http://www.ring-lang.net/ ●必要なもの 配布物の容量削減のため、次のものは添付しておりません。 別途、 Ring 1.7 のアーカイブから抽出して html フォルダへコピーしてください (または Ring 1.7 アーカイブを展開後に、このパッケージの内容を /docs/build/html へ上書きしてください)。   ・.buildinfo, objects.inv, searchindex.js ・_static フォルダ (searchtools.js を除く) ・_source フォルダ ・_images フォルダ ●作業履歴 ・Ring 1.7 (2018年02月11日 ~ 2018年02月25日) 一般プレビュー公開版 ・Ring 1.6 (2017年12月07日 ~ 2018年02月11日) 作業用のため非公開 ●判明している不具合 ・日本語による検索機能は動作しません。 ・総合索引の完全な検証・整備は行っていません。 ・ソースファイル (Sphinx)の日本語版は提供しておりません。 ・実用上、差し支えのない誤訳・未訳、不自然な表現などが残っている場合があります。 ・for (対+サ行), size (寸法、内容量、サイズ), Scale (スケール、尺度変更、尺度) など訳出がこなれていません。 ●寄付について 公開しているものは一般向けプレビュー版のため金銭などによる寄付はお断りしております。 日本国内向け ( ,DXLib など) の Ring 用のライブラリは不足しておりますので、 ライブラリ制作に関しましては歓迎します。 (お金は使ってしまえばなくなるが、作った人は勉強や経験になるし、成果物を共有したり販売できる上に簡単には無くならないからです) ●連絡先 改善の提案、誤訳などがございましたら下記の連絡先までどうぞ。 (Twitter で報告する場合は Pastebin をご利用ください) めぐみ発動機 / GreenWing [ プロジェクトサイト ] ・プログラミング言語 Ring 日本語版準備室 https://osdn.net/users/megumi_engines/pf/ring_lang_nihon/wiki/FrontPage [ Twitter ] https://twitter.com/megumi_engines/ ※上記のリンクは廃止しました。 SNS の再開予定はありません。
pSync - Version 1.11
2019-02-15 14:36: バージョン1.11
core.db - 190215-Update.db
2019-02-15 04:38: Bytom Blockchain Protocol (hereinafter referred as Bytom) is an interactive protocol of multiple byteassets. Heterogeneous byte-assets (indigenous digital currency, digital assets) that operate in different forms on the Bytom Blockchain and atomic assets (warrants, securities, dividends, bonds, intelligence information, forecasting information and other information that exist in the physical world) can be registered, exchanged, gambled and engaged in other more complicated and contract-based interoperations via Bytom. The protocol connects the atomic world and the byteworld to promote the interaction and circulation of assets between the two worlds. Bytom adopts three-layer architecture: application layer, contract layer and data transmission layer. The application layer is friendly to mobile and other terminals and convenient for developers to develop asset management applications. The contract layer use genesis contract and control contracts for asset issuance and management, supporting scalable BUTXO of UTXO model at the bottom layer, optimizing EVM and using introspection mechanism to prevent deadlock in Turing complete. The data transmission layer adopts DLT technology to achieve asset issuance, spending, transfer and other operations. The consensus mechanism uses POW algorithm that are friendly to AI ASIC chips. Matrix and convolution calculation is introduced into the hashing process so that the miners can be used for AI hardware acceleration services, generating additional social benefits.
tools - 1.4
2019-02-14 12:49: ファーム対応済み版をリリース
YANMAH2 〜season2〜 - final-2
2019-02-14 10:14: YANMAH2(やんまに:Yet ANother Mobile Accelerated Hatena Haiku)は、「はてなハイク」のコンテンツを携帯端末向けに小さく表示する PHP プログラムです。

サイトアナウンス

[済] SSH DSA鍵サポートの停止
2018-11-06 03:59: SSHのDSA鍵に関しまして、アルゴリズム的な弱さが指摘されておりopensshの実装におきましても 2015年ころからディフォルトでは無効化されています(ディフォルトでは利用できなくなっており、 おそらく将来的には廃止されるものと思います)。 この状況をふまえOSDN.netでもSSHでのDSA鍵の利用を以下のスケジュールで停止することになりました。 廃止予定日 2018年12月末日(2019年になりましたら順次停止作業を行う予定です) 影響を受けるサービス シェルサービスへのSSHログイン プロジェクトの各種SCM (git/svn/hg/bzr/cvs)へのSSHアクセス 作業部屋のSCM (git/svn/hg)へのSSHアクセス 確認/対処方法 https://osdn.net/account/editsshkeys.php 自分が登録してあるSSH公開鍵は、上記URLより一覧できます。このうち鍵タイプが ssh-dss と書かれている 鍵は2019年1月よりログインに利用できなくなります。他のタイプの鍵を登録してご利用ください。 (2019/02/12 追記) DSA鍵でのログインはすでにできなくなっています
ナイロビ(ケニア)への新規ファイルリリースミラー設置のお知らせ
2019-01-17 06:45: OSDNファイルリリースシステムにて、ケニア共和国 ナイロビに ミラーサイト を新たに設置したことをお知らせします。 OSDNのプロジェクトおよび作業部屋のファイルリリースシステムを利用して公開された全てのファイルは、OSDNのオープンソース活動に協力して頂いている各組織が運営するミラーサーバへミラーリングされており、これらのファイルをダウンロードするユーザーは各ミラーサイトからファイルを取得することになっています。 今回ミラーが設置された組織は下記の通りです。 Liquid Telecom (ナイロビ、ケニア共和国) OSDN社では、今後も世界の全地域において更なるファイルリリースのミラーの設置を進め、グローバルなオープンソースプロジェクトの活動を支援する所存です。
香港およびロサンゼルスへの新規ファイルリリースミラー設置のお知らせ
2018-11-13 07:01: OSDNファイルリリースシステムにて、香港およびロサンゼルスに ミラーサイト を新たに設置したことをお知らせします。 OSDNのプロジェクトおよび作業部屋のファイルリリースシステムを利用して公開された全てのファイルは、OSDNのオープンソース活動に協力して頂いている各組織が運営するミラーサーバへミラーリングされており、これらのファイルをダウンロードするユーザーは各ミラーサイトからファイルを取得することになっています。 今回ミラーが設置された組織は下記の通りです。 xTom Hong Kong Limited (中華人民共和国香港特別行政区) xTom.com Inc. (カルフォルニア、アメリカ合衆国) OSDN社では、今後も世界の全地域において更なるファイルリリースのミラーの設置を進め、グローバルなオープンソースプロジェクトの活動を支援する所存です。
清華大学(北京市)への新規ファイルリリースミラー設置のお知らせ
2018-09-26 07:39: OSDNファイルリリースシステムにて、中華人民共和国 北京市に ミラーサイト を新たに設置したことをお知らせします。 OSDNのプロジェクトおよび作業部屋のファイルリリースシステムを利用して公開された全てのファイルは、OSDNのオープンソース活動に協力して頂いている各組織が運営するミラーサーバへミラーリングされており、これらのファイルをダウンロードするユーザーは各ミラーサイトからファイルを取得することになっています。 今回ミラーが設置された組織は下記の通りです。 清華大学 TUNA協会 (北京市、中華人民共和国) OSDN社では、今後も世界の全地域において更なるファイルリリースのミラーの設置を進め、グローバルなオープンソースプロジェクトの活動を支援する所存です。
フォーラムの機能追加
2018-08-27 05:23: フォーラムに以下の機能を追加しました。 スレッドの先頭のメッセージをあとから再編集できるようにしました。 フォーラムへの投稿に wiki 文法を利用できるようにしました。 いままでのテキスト文法のままにすることもできます。 フォーラムごとに設定できるようにしてあります。 あとから設定を変更することも可能です。ただし、その場合設定変更前に書かれたメッセージはそのままのフォーマットとなり、あとから変更はできません(設定の変更は過去にさかのぼって適用されません) wiki に フォーラム/フォーラムスレッド/フォーラムメッセージ それぞれを示すリンク文法を追加しました。詳しくは wiki のヘルプを参照してください。