logo
オープンソース・ソフトウェアの開発とダウンロード
昨日: 212,482 ダウンロード
合計: 59,963 ユーザ, 81,804 リリースファイル
ソフトウェアの配布
OSDNは、オープンソースソフトウェア開発やその利用に賛同する各組織の協力の下、オープンソースソフトウェア開発者がソフトウェア頒布のために無料で利用できる、全ての大陸に分散された世界規模のダウンロード環境と柔軟なアップロードを実現するファイルリリース環境を提供しています。
ソフトウェアの開発
OSDNは、Git/Subversion/Mercurial/Bazaarなどのソースコードリポジトリ、Webサイトホスティング、チケットシステム、Webフォーラム、メーリングリスト、そしてそれらをWebベースで総合的かつ容易にプロジェクト管理を行う環境をオープンソースプロジェクトに提供しています。

ダウンロードランキング

MinGW - Minimalist GNU for Windows
MinGW: A native Windows port of the GNU Compiler Collection (GCC), with freely distributable import libraries and header files for building native Windows applications; includes extensions to the MSVC runtime to support C99 functionality. All of MinGW's software will execute on the 64bit Windows platforms.
CrystalDiskInfo
一部のUSB、NVMe、RAIDにも対応したストレージ情報表示ツール
FFFTP
FFFTPは、2ペイン型のFTPクライアントソフトです。ローカルのフォルダとFTPサーバー側のディレクトリを同期させるミラーリング機能や漢字コードの変換機能、ファイアウォールやSOCKS、ワンタイムパスワードへの対応といった機能を備えています。
TortoiseSVN
TortoiseSVNはSubversion(SVN)クライアントであり、Windowsシェル拡張として実装されています。 つまり、必要な時にWindowsファイルエクスプローラで利用できるようになります。 Subversionコマンドラインクライアントを実行する必要がないため、直感的で使いやすいです。(Sub)バージョン管理の最もクールなインターフェースです!
Manjaro Linux
Manjaro is a user-friendly Linux distribution based on the independently developed Arch operating system. Within the Linux community, Arch itself is renowned for being an exceptionally fast, powerful, and lightweight distribution that provides access to the very latest cutting edge - and bleeding edge - software. However, Arch is also aimed at more experienced or technically-minded users. As such, it is generally considered to be beyond the reach of those who lack the technical expertise (or persistence) required to use it. Developed in Austria, France, and Germany, Manjaro provides all the benefits of the Arch operating system combined with a focus on user-friendliness and accessibility. Available in both 32 and 64 bit versions, Manjaro is suitable for newcomers as well as experienced Linux users. For newcomers, a user-friendly installer is provided, and the system itself is designed to work fully 'straight out of the box'.

活発なプロジェクト

MinGW - Minimalist GNU for Windows
MinGW: A native Windows port of the GNU Compiler Collection (GCC), with freely distributable import libraries and header files for building native Windows applications; includes extensions to the MSVC runtime to support C99 functionality. All of MinGW's software will execute on the 64bit Windows platforms.
Anak Krakatoa Delphi Framework
This is not just another suite of libraries for Delphi, its goal is much more comprehensive and audacious. With a library of functions, components and experts focused on practicality and versatility, "Krakatoa" (KRK) aims to change the way you program in Delphi for the better! KRK's key points are utilities functions, "Helper" Classes, Experts for creating standard units and miscellaneous components. Some of these components are Open Source and are installed together with KRK, such as ZeosLib and ICS, and are extensively used by many other Framwork components and functions. The idea is to add only really useful components. Anak Krakatoa Delphi Framework You know what it can do...
User Control (DXC Edition)
= User Control (Delphi Experts Consortium Edition) = A finalidade desta distribuição do User Control é unificar todas as versões disponíveis a fim de tornar-se "A" distribuição definitiva deste que é um excelente componente para gerenciamento de usuários. Entendemos que estes componentes foram desenvolvidos por outras pessoas inicialmente e o crédito por todo e qualquer desenvolvimento até a revisão 1 (inicial) dessa distribuição deve ser dado aos pioneiros. Todo o desenvolvimento a partir da revisão 2 serão customizações e bugfixes de autorias diversas. A motivação para realizar este trabalho reside no fato de que, atualmente, a fonte original do UserControl (https://sourceforge.net/projects/usercontrol) parece não conter quaisquer atualizações significativas há algum tempo e os arquivos existentes não parecem seguir qualquer ordem lógica, o que torna o uso do componente em projetos grandes um risco para a maioria dos desenvolvedores. == Características == * Fácil configuração inicial a partir do editor de componente integrado * Melhor organização das propriedades do componente principal * Possui sistema de mensagens internas integrado que permite comunicação entre usuários cadastrados e agora com a possibilidade de envio de mensagem importante (prioritária) * Envia e-mails para usuários quando suas informações são alteradas (senha, nome, perfil, etc) * Utilização plena e correta dos SGDBs que ele dá suporte, com direito a campos de data/hora reais, chaves primárias, sequencias e auto-incrementos * Utilização de hashes múltiplos configuráveis, com o intuito de dar uma maior segurança à aplicação * Possibilidade de configurar como as mensagens internas são automaticamente exibidas após o logon, podendo, inclusive ser configurado para não exibir mensagens automaticamente * Função de bloqueio da aplicação. Apenas quem bloqueou pode desbloquear a aplicação ou terminá-la == Doação == Este é e sempre será um projeto Open Source. Contudo eu ficaria muito grato se você pudesse contribuir com qualquer quantia [https://www.paypal.com/cgi-bin/webscr?cmd=_donations&business=Q86XLNGMWQQKL&lc=BR&item_name=Carlos%20B%2e%20Feitoza%20Filho&item_number=UCDXCE&currency_code=BRL&bn=PP%2dDonationsBF%3abtn_donate_SM%2egif%3aNonHosted clicando aqui]
CrystalDiskInfo
一部のUSB、NVMe、RAIDにも対応したストレージ情報表示ツール
Tera Term
Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

新規リリース

DTXManiaXG(ver.K) - ver3.62
2019-04-25 15:22: 一足先にGITADORA版のみ。 致命的なメモリリークを修正しました。 ※おまけ:4.00シリーズで今度追加するmatixx風のコンボ画像を「画像差分」フォルダに入れました。互換性あるので3.62でも使用できます。
clonezilla_live_alternative_testing - 20190420-disco-source
2019-04-25 11:12: Clonezilla は、True Image®に似た、パーティションおよびディスククローンツールです。 これは、ハードドライブにのみ使用されているブロックを保存し、復元します。 Clonezillaは、次の2種類、Clonezilla LiveとClonezilla SE(サーバー版)をご利用いただけます。 Filesystem supported: ext2, ext3, ext4, reiserfs, xfs, jfs of GNU/Linux, FAT, NTFS of MS Windows, HFS+ of Mac OS, UFS of BSD, minix of Minix and VMFS of VMWare ESX. Therefore you can clone GNU/Linux, MS windows and Intel-based Mac OS, no matter it's 32-bit (x86) or 64-bit (x86-64) OS. For these file systems, only used blocks in partition are saved and restored. For unsupported file system, sector-to-sector copy is done by dd in Clonezilla LVM2 (LVM version 1 is not) under GNU/Linux is supported. Multicast is supported in Clonezilla SE, which is suitable for massively clone. Based on partclone to clone partition. However, clonezilla, containing some other programs, can save and restore not only partitions, but also a whole disk.
Server Framework for Java WEB - 2.0.6.3
2019-04-24 06:00: ■TERASOLUNA Server Framework for Java(Web版) TERASOLUNA Server Framework for Java(Web版)とは、Webアプリケーション開発に必要な機能を備えた汎用フレームワークです。 オープンソースのJavaアプリケーション向けフレームワークであるSpring Frameworkをベースにしています。 以下ダウンロード可能なファイルです。 * フレームワーク本体(terasoluna-server4jweb-projects_x.x.x.x.zip) o Eclipseプロジェクトとして提供します。 o 単体試験コードも付属しています。 * ブランクプロジェクト(terasoluna-server4jweb-blank_x.x.x.x.zip) o アプリケーションの元となるブランクプロジェクトです。 以下の資材については過去バージョンを参照ください。 * サンプルアプリケーション o チュートリアル(terasoluna-server4jweb-tutorial_x.x.x.x.zip) + チュートリアルの完成版アプリケーションです。数画面の簡易的なサンプルで簡単に動作確認を行えます。 + warファイル化することで、非WTP環境下でも簡単に動作確認を行えます。 o 機能網羅サンプル(terasoluna-server4jweb-funcsample_x.x.x.x.zip) + 各機能の実装に重点を置いたサンプルです。 o 旅行予約システムサンプル(terasoluna-server4jweb-toursample_x.x.x.x.zip) + 旅行予約を題材とした、チュートリアルよりも重厚なサンプルアプリケーションです。 * ドキュメント(terasoluna-server4jweb-doc_x.x.x.x.zip) o アーキテクチャ説明書 + フレームワークの内部アーキテクチャおよび提供する各機能の説明資料です。 o 機能説明書 + フレームワークが提供する各機能ごとの動作、設定方法の説明資料です。 o チュートリアル + 環境設定から各機能の利用までをチュートリアル形式で解説した資料です。 o 環境設定手順書 + フレームワーク動作に必要な環境設定を解説した資料です。 o OSS修正資材(terasoluna-server4jweb-oss-patch_x.x.x.x.zip) + OSS資材の故障に伴い、当プロジェクトにおいて独自修正を加えたものです。 * 上記全部を含んだアーカイブ(terasoluna-server4jweb-all_x.x.x.x.zip)
benizara - benizara インストーラ版
2019-04-23 15:01: ver.0.1.3.2
tmdmaker_extensions - 0.8.0
2019-04-23 15:00: TMD-Makerの拡張機能を作成するための雛形です。 使い方は以下を参照願います。 https://tmdmaker.osdn.jp/doc/p3.html

サイトアナウンス

[復旧] プロジェクトリリースのFTPアップロード
2019-04-17 06:15: 2019-04-11 16時ごろより、プロジェクトのリリースファイルを FTP でアップロードしようとすると、Permission denied のエラーによりアップロードが失敗する状態になっていました。 この問題は 17日 12時ごろ復旧しました。 ご迷惑おかけしてすみません。
[メンテナンス] ISP側回線機器メンテナンスによるプロジェクトWeb閲覧およびプロジェクトstorageへのアップロードの停止
2019-04-11 04:17: 上位プロパイダ側の回線機器メンテナンス作業にともない 以下の時間帯にプロジェクトWebの閲覧およびプロジェクトstorage機能へのファイルのアップロードが行いにくい/できない時間が発生いたします。 日時: 2019-04-23 0:00AM JST 〜 07:00AM JST の間 影響範囲: 上記時間帯の間断続的にネットワークが切断されるためプロジェクトWebの閲覧およびファイルのアップロードがしにくい/出来ない時間帯が発生します
[復旧済] プロジェクトWeb/Storage アップロードに接続しにくい状況が発生していました
2019-04-04 14:42: 接続先ISP側での機器障害のために 21:10 ころより 23:05 ころまで プロジェクト Web や プロジェクト Storage へのアップロードがつながりにくい 状況が発生していました。 日時: 2019-04-04 21:10ころから23:05ころ 原因: ISP側設備障害による通信障害 影響範囲: プロジェクトWebアクセスおよびStorageへのアップロードサーバへの接続がしにくい状態でした なお、ISP側での復旧報も出ており、OSDN側でも接続が正常に戻ったことを確認し既に復旧しております。
[済] SSH DSA鍵サポートの停止
2018-11-06 03:59: SSHのDSA鍵に関しまして、アルゴリズム的な弱さが指摘されておりopensshの実装におきましても 2015年ころからディフォルトでは無効化されています(ディフォルトでは利用できなくなっており、 おそらく将来的には廃止されるものと思います)。 この状況をふまえOSDN.netでもSSHでのDSA鍵の利用を以下のスケジュールで停止することになりました。 廃止予定日 2018年12月末日(2019年になりましたら順次停止作業を行う予定です) 影響を受けるサービス シェルサービスへのSSHログイン プロジェクトの各種SCM (git/svn/hg/bzr/cvs)へのSSHアクセス 作業部屋のSCM (git/svn/hg)へのSSHアクセス 確認/対処方法 https://osdn.net/account/editsshkeys.php 自分が登録してあるSSH公開鍵は、上記URLより一覧できます。このうち鍵タイプが ssh-dss と書かれている 鍵は2019年1月よりログインに利用できなくなります。他のタイプの鍵を登録してご利用ください。 (2019/02/12 追記) DSA鍵でのログインはすでにできなくなっています
ナイロビ(ケニア)への新規ファイルリリースミラー設置のお知らせ
2019-01-17 06:45: OSDNファイルリリースシステムにて、ケニア共和国 ナイロビに ミラーサイト を新たに設置したことをお知らせします。 OSDNのプロジェクトおよび作業部屋のファイルリリースシステムを利用して公開された全てのファイルは、OSDNのオープンソース活動に協力して頂いている各組織が運営するミラーサーバへミラーリングされており、これらのファイルをダウンロードするユーザーは各ミラーサイトからファイルを取得することになっています。 今回ミラーが設置された組織は下記の通りです。 Liquid Telecom (ナイロビ、ケニア共和国) OSDN社では、今後も世界の全地域において更なるファイルリリースのミラーの設置を進め、グローバルなオープンソースプロジェクトの活動を支援する所存です。