ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Starbug1 は、BTS(バグトラッキングシステム) です。最近の他のBTSと比べても、とても高速に動作します。項目のカスタマイズ次第で、ITS(イシュートラッキングシステム)としても使用できます。 Windows、Linux OS、FreeBSD、MacOSXのWebサーバ上でCGIとして動作します。 Windowsの場合は、windows版のバイナリを利用できます。

Docker イメージを利用できます。 https://hub.docker.com/r/smeghead7/starbug1

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2010-04-17 21:44
starbug1 1.3.12 (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

Starbug1は、軽量、高速なバグトラッキングシステム(BTS: Bug Tarcking System)です。
C で書かれているため少ないリソース(例えば10年前のパソコンなど)でも快適に動作します。

公式サイト http://starbug1.sourceforge.jp/
Sourceforge.jp http://sourceforge.jp/projects/starbug1/

Starbug1 1.3.12 をリリースしました。主な変更内容は以下です。

- デフォルトのコンパイル方法をスタティック版にした。
- テンプレート「TODO」で新規サブプロジェクトを作成した後、項目追加でエラーが出ていたのを修正した。
-- ブログのコメントで教えていただいたバグです。報告ありがとうございました。
- debug.logに書き込み権限が無い場合は、ログ出力しないようにしてエラーとはならないようにした。
-- 導入時のトラブルが減ります。

変更履歴

2010-04-17 smeghead <smeghead@users.sourceforge.jp>

* Makefileのwebappターゲットのバグ修正。
書き込み権限を付加する部分が機能していなかったのを修正した。
* テンプレート「TODO」で項目を追加するとエラーが出るのを修正した。
* INSTALLファイルのインストール方法をstatic版のインストー
ル方法に変更した。にstatic版のインストール方法に変更した。
* debug.logに対する書き込み権限が無い場合は、エラーにならずに、ログが出力
されないようになるようにした。