ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Starbug1 は、BTS(バグトラッキングシステム) です。最近の他のBTSと比べても、とても高速に動作します。項目のカスタマイズ次第で、ITS(イシュートラッキングシステム)としても使用できます。 Windows、Linux OS、FreeBSD、MacOSXのWebサーバ上でCGIとして動作します。 Windowsの場合は、windows版のバイナリを利用できます。

Docker イメージを利用できます。 https://hub.docker.com/r/smeghead7/starbug1

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2009-08-23 18:40
starbug1-win32-bin 1.3.02-win32-bin (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

Starbug1は、軽量なバグトラッキングシステム(BTS: Bug Tarcking System)です。C で書かれているため少ないリソース(例えば10年前のパソコンなど)でも快適に動作します。

公式サイト http://starbug1.sourceforge.jp/
Sourceforge.jp http://sourceforge.jp/projects/starbug1/

Starbug1 1.3.02 win32 binary版 をリリースしました。
win32 binary版の初のリリースです。

**Windows版の内容
Windows版を解凍すると、starbug1-x.x.xx-win32-bin というディレクトリの中に、starbug1というディレクトリが含まれています。
starbug1というディレクトリがcgiアプリケーションとして配置すべきものです。

***Windows版のインストール(apacheで動かす場合)
1. apacheをインストールする。
2. sourceforge.jpからstarbug1-x.x.xx-win32-bin.zipをダウンロードする
3. ダウンロードしたファイルを解凍する。
4. 解凍したディレクトリ内にあるstarbug1を、apacheのDocumentRoot配下に配置する。
5. cgiが実行可能になるようにhttpd.conf(apache2.conf)のAllowOverrideをAllなどに変更する。
6. .htaccessを修正する。
7. http://localhost/starbug1/index.cgi にアクセスして動作確認する。

**Windows版の今後の方針
全てのリリースについてWindows版をリリースするということはできないと思いますが、ある程度区切りを付けてリリースしていく予定です。
ただし、多くのWindows環境で動作確認が取れている訳ではありませんので、問題などありましたら、フィードバックを下さい。

変更履歴

変更履歴はありません