ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Starbug1 は、BTS(バグトラッキングシステム) です。最近の他のBTSと比べても、とても高速に動作します。項目のカスタマイズ次第で、ITS(イシュートラッキングシステム)としても使用できます。 Windows、Linux OS、FreeBSD、MacOSXのWebサーバ上でCGIとして動作します。 Windowsの場合は、windows版のバイナリを利用できます。

Docker イメージを利用できます。 https://hub.docker.com/r/smeghead7/starbug1

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2008-03-26 21:56
starbug1 0.2.1-beta (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

Starbug1 0.2.1-betaをリリースします。

主な修正点は以下です。
- 一番後ろの項目を削除後、項目の追加を行なった場合にエラーが発生する問題を修正した。

以前のバージョンから移行する場合は、テーブルレイアウトの変更が行なわれていますので、以下のコマンドを実行してください。
$ cd ${Starbug1をインストールしたディレクトリ}
$ cd db
$ echo 'alter table element_type add column deleted integer not null default 0;' | sqlite3 starbug1.db

変更履歴

2008-03-26 smeghead <smeghead@users.sourceforge.jp>

* hook機能へjsonを送るときに改行コードを\nに変換するようにした。

2008-03-24 smeghead <smeghead@users.sourceforge.jp>

* 一番後ろの項目を削除後、項目の追加を行なった場合にエラーが発生する問題を
修正した。
* テーブルレイアウトの変更。古いdbからの移行を行なうには、下のコマンドを実行し
てください。
$ cd db
$ echo 'alter table element_type add column deleted integer not null default 0;' | sqlite3 starbug1.db

2008-03-21 smeghead <smeghead@users.sourceforge.jp>

* basic認証のユーザ名を投稿者にデフォルト表示するのをやめた。