ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Julius は音声認識システムの開発・研究のためのオープンソースの高性能な汎用大語彙連続音声認識エンジンです。数万語彙の連続音声認識を一般のPC上でほぼ実時間で実行でき,認識率は90%以上です。言語モデル・音響モデルを任意に入れ替えられ,高い汎用性を持ちます.

リリース時刻: 2009-12-25 12:05
julius 4.1.4

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
julius-4.1.4-linuxbin.tar.gz 2.12 MB 2009-12-25 12:07 2333
julius-4.1.4-win32bin.zip 3.24 MB 2009-12-27 00:06 6871
julius-4.1.4.tar.gz 1.37 MB 2009-12-25 12:07 4495

リリースノート

This release contains minor fixes: improved Julius class definition on Microsoft Visual C++ 2008, fixes for audio input on Windows, and support for Mac OS X 10.6 SDK.
Now you can select the audio device to use on Windows.
See "Release.txt" for details of the changes.

バージョン 4.1.4 はバグ修正のリリースです.
Microsoft Visual C++ 2008 における Julius ラッパークラスの改善,Windows におけるオーディオ入力の改善と録音デバイス選択機能の追加,Mac OS X 10.6 SDK への対応が行われました.
変更点の詳細な一覧は Release-ja.txt をご覧ください.

変更履歴

New feature:
- added function to choose input audio device on MSVC compiled Julius,
by specifying a device ID with env. var. "PORTAUDIO_DEV_NUM".
The available device IDs will be listed in the system log at start up.
- You can now set a locale for a LM in Julius.cpp.

Bug fixes:
- now can be compield on Mac OS X (OS X 10.6 SDK).
- fixes around portaudio for smaller latency and compatibility (Windows).

○新規
- MSVC でコンパイルされたJuliusにおいて音声入力デバイスを選択する機能
を追加.環境変数 PORTAUDIO_DEV_NUM で番号を指定する.デバイスの番号
は起動時に一覧がログに出るのでその中から選択して指定すること.
- MSVC版 Julius で言語モデルごとにロケールを指定できるようになった.

○修正
- Mac OS X (OS X 10.6 SDK) でコンパイルできるようになった
- 遅延の低減と互換性に関する portaudio (Windows用) 周りの修正