ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Julius は音声認識システムの開発・研究のためのオープンソースの高性能な汎用大語彙連続音声認識エンジンです。数万語彙の連続音声認識を一般のPC上でほぼ実時間で実行でき,認識率は90%以上です。言語モデル・音響モデルを任意に入れ替えられ,高い汎用性を持ちます.

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2008-12-13 22:25
julius 4.1.1 (3 個のファイル 非表示)

リリースノート

Revision 4.1.1 is a bug fix release. Many bugs are fixed relating
N-gram handling (tested on SRILM), module mode and more. All users
that uses older versions of Julius-4 are strongly recommended to use
this version.

4.1.1 はバグフィックスリリースです.特に,言語モデルとモジュールモード
4.に関する多くのバグが修正されました.
4.0 以降を使用している全ての方についてアップデートを強く推奨します.
なお,修正されたバグの一覧は Release-ja.txt をご覧ください.

変更履歴

Bug fixes:

[N-gram]
- sometimes could not read an ARPA N-gram file trained by SRILM.
[A/D-in]
- "-input stdin" does not work.
- "SOURCERATE" at "-htkconf" is ignored.
[Forced alignments]
- now can be used in isolated word recognition and with "-1pass".
- "-palign", "-walign" and "-salign" can not be run together at a time.
[Module mode]
- freezes when a grammar is specified by its ID number.
- wrong grammar ID in recognition result (GRAM=.. always 0)
- "SYNCGRAM" will cause crash at isolated word recognition.
- unable to receive/activate/dactivate on isolated word recognition.
[Others]
- fails to compile on several OS (needs "-ldl").
- does not handle backslash escaping correctly in Jconf file.
- does not output the 1st pass result as a final result with "-1pass".
[Tools]
Jcontrol
- does not support "graminfo" command.
- can not send a dictionary to Julius running isolated word recognition.
mkdfa
- segfault on mkfa
- fails to read a grammar file on DOS format.
adintool
- wrong behavior when splitting a long audio file.
- now output time of each segment.

バグ修正:

[N-gram]
- SRILM で学習した言語モデルが正しく読み込めないバグを修正
[音声入力]
- "-htkconf ConfigFile" で ConfigFile 内の "SOURCERATE" が無視される
のを修正
- "-input stdin" が動かないのを修正
[アラインメント]
- 単単語認識や "-1pass" 指定時でもアラインメントを出せるようになった
- "-palign", "-walign" と "-salign" を複数指定してもどれか一つしか
実行されないバグを修正
[Module mode]
- 単単語認識時 に receive/activate/dactivate できないバグを修正
- クライアントから文法をID番号で指定するとフリーズするバグを修正
- 認識結果の属する文法番号 (GRAM=..) の出力が常に 0 になるバグを修正
- 単単語認識時 "SYNCGRAM" を送るとJuliusが落ちるバグを修正
[Others]
- いくつかの OS でコンパイルできないのを修正("-ldl" を追加)
- Jconf 内でバックスラッシュが正しく扱えないバグを修正
- 1パス実行時に第1パスの結果を最終結果としても出力するよう修正
[Tools]
Jcontrol
- "graminfo" コマンドを新規サポート
- 単単語認識時に文法(辞書)をクライアントから送れないバグを修正
mkdfa
- mkfa がたまに落ちるのを修正
- DOS 形式の入力が読めないことがあるバグを修正
adintool
- 分割時にその始終端の時間を出力するようになった.
- 長いオーディオファイルを切るときにおかしくなるバグを修正