ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Julius は音声認識システムの開発・研究のためのオープンソースの高性能な汎用大語彙連続音声認識エンジンです。数万語彙の連続音声認識を一般のPC上でほぼ実時間で実行でき,認識率は90%以上です。言語モデル・音響モデルを任意に入れ替えられ,高い汎用性を持ちます.

リリース時刻: 2009-10-27 17:07
julius 4.1.3

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
julius-4.1.3-linuxbin.tar.gz 2.16 MB 2009-10-27 17:10 813
julius-4.1.3-win32bin.zip 3.09 MB 2009-10-27 17:10 2944
julius-4.1.3.tar.gz 1.36 MB 2009-10-27 17:10 1831

リリースノート

This release has a new support for building Julius on Microsoft Visual C++ 2008. A sample wrapper class that handles Julius engine is also included, with a sample application. See "msvc/00README.txt" for details.

It also support N-gram of arbitrary N, portaudio extension (V19 and external library support) and many bug fixes.

バージョン 4.1.3 では,Microsoft Visual C++ 2008 でJuliusをコンパイルするためのパッケージが追加されました.Julius エンジンをオブジェクト化したラッパークラスのサンプルも提供されます.コンパイル方法など,詳しくは msvc/00README.txt をご覧ください.

その他,任意長の N-gram のサポート,portaudio の拡張(V19サポート+デバイス選択),および多くのバグや機能不全への修正が行われました.

変更履歴

4.1.3 (2009.11.02)
===================

New features:
- new MSVC support: please read "msvc/00README.txt"
- extended N-gram to support arbitrary N
- portaudio external library (V19) can be used instead of internal V18.
When configure detects portaudio library installed in your system,
Julius will use it instead of internal V18. You can also choose
input device by "PORTAUDIO_DEV" env. var. at V19library. See the
log text at start up to know how to set it.
- allow word alignment output (-walign) in module mode

Modified:
- ! now Julius do not perform CMN on 0'th cepstral coefficients,
which is the same as the old 4.0.x versions.
- j_get_current_filename() added on JuliusLib
- improved "--enable-wpair" handling

Bug fixes:
- many bugs around audio open/close API on JuliusLib
- fail to do make in julius-simple
- unable to record inputs at cygwin
- segfault on adintool with "-server"
- occasional segfault at grammar recognition

4.1.3 (2009.11.02)
===================

○新規
- 新たな MSVC サポート:"msvc/00README.txt" を読んでください。
- 任意長の N-gram をサポート
- システムに portaudio ライブラリとヘッダがあれば、Julius 内蔵の
portaudio の代わりにそれを使用するようになった。外部ライブラリは
V19 にも対応する。その場合、録音デバイスを PORTAUDIO_DEV で指定可能。
書式は起動時のログを見ること。
- モジュールモードでアライメント結果 (-walign) を出力可能に

○変更・修正
- 4.1.x で 0次ケプストラム項をCMNしていたのを、4.0.x 以前と同様に行わ
ないよう仕様変更した。
- j_get_current_filename() を JuliusLib に追加
- "--enable-wpair" のアルゴリズムを若干改善

○バグ修正
- 入力ストリーム開始・終了にまつわる複数のバグを修正
- julius-simple が make できないバグを修正
- cygwin で録音できないバグを修正
- adintool が "-server" で落ちるバグを修正
- たまに文法認識で文法切り替え後に落ちるバグを修正