ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Julius は音声認識システムの開発・研究のためのオープンソースの高性能な汎用大語彙連続音声認識エンジンです。数万語彙の連続音声認識を一般のPC上でほぼ実時間で実行でき,認識率は90%以上です。言語モデル・音響モデルを任意に入れ替えられ,高い汎用性を持ちます.

リリース時刻: 2007-12-19 15:58
julius 4.0

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
julius-4.0-linuxbin.tar.gz 3.11 MB 2007-12-19 15:58 673
julius-4.0-win32bin.zip 3.88 MB 2007-12-19 15:59 2596
julius-4.0.tar.gz 992.77 KB 2007-12-19 15:58 1434

リリースノート

The Julius rev.4.0 is a full major version up, a re-innovation of the
decoder as a flexible speech recognition engine. The internal
structures are re-organized and modularized thoroughly, which results
in the librarization of core engine, enhancement and unification of
language model, realization of multi-decoding with hot plugging
feature. The major features are listed below:

- Engine core becomes separate C library with simple API
- Can handle various LM, thus Julius and Julian are integrated
- Multi-decoding with multiple models
- Support to add and remove models while running the decoder
- Support N-gram longer than 4 (N now unlimited)
- User-defined LM function
- Confusion network output
- GMM-based and decoder-based VAD
- New tools added, new functions added
- Memory efficiency is improved

Julius-4.0 ensures the compatibility with Julius-3.x for its usage and
Jconf configuration, so that one can easily migrate to Julius-4.
The decoding performance of Julius-4.0 is still kept as the same as
the latest release (Julius-3.5.3) for now.

Julius-4.0
===========

Julius-4.0 は7年ぶりのメジャーバージョンアップであり,拡張性や柔軟性
の確保を目指した総合的なリリースとなっています.Juliusの内部データ構造
の大幅な見直しおよびモジュール化を行った結果,エンジン本体のライブラ
リ化,言語モデルの統合および拡張,マルチデコーディングなど多くの先進的
機能を実現しました.主な新規点は以下のとおりです(全てではありません).

○ エンジン本体のライブラリ化およびAPIの整備
○ Julius / Julian の一本化
○ 複数モデルを用いたマルチデコーディングの対応
○ 言語モデルの動的追加・削除
○ 4-gram 以上の長さのN-gramへの対応
○ ユーザ定義言語関数のサポート
○ confusion network 出力
○ 音声区間検出 (VAD) の強化(GMM・デコーダベース)
○ ツールの機能追加・新ツール追加・メモリ管理改善等

Julius-3.x からは使い方・設定ファイルにおいて上位互換性を確保しており,
従来と同様に使うことが出来ます.また認識の精度および速度は,現段階では
前バージョン (3.5.3) とほぼ同じ性能を維持しています.

変更履歴

変更履歴はありません