ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Julius は音声認識システムの開発・研究のためのオープンソースの高性能な汎用大語彙連続音声認識エンジンです。数万語彙の連続音声認識を一般のPC上でほぼ実時間で実行でき,認識率は90%以上です。言語モデル・音響モデルを任意に入れ替えられ,高い汎用性を持ちます.

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2003-01-13 17:07
julius 3.3p3 (4 個のファイル 非表示)

リリースノート

3.3p3 is an update version of Julius-3.3 that includes:
- new feature for inter-word short pause handling
(-iwspword and -iwsp).
- fixes and improvements for audio input.
- some bug fixes.

3.3p3 は3.3p2からの修正版です。
変更点は以下のとおりです。
- 新機能の追加:単語間ショートポーズに関する機能の追加。
 (-iwspword and -iwsp)
 詳細はアーカイブ内のREADME-iwsp-ja.txtを参照のこと。
- 音声入力部の遅延の改善。
- libsndfile, ALSAドライバの最新版に対応

変更履歴

3.3p3 (2003.01.08)
===================
- New inter-word short pause handling:
- [Julius] New option added for short pause handling.
Specifying "-iwspword" adds a word entry "<UNK> [sp] sp sp"
to the dictionary to be matched with short pauses.
The entry content can be specified by "-iwspentry".
- [multi-path] Supports inter-word context-free short pause
handling. "-iwsp" option automatically appends a
skippable short pause HMM model at every word end. The
added sp model will also be ignored in context handling.
The short pause model to be appended can be specified by
"-spmodel" options. See documents for details.
- Fixes for audio input:
- Input delay improved: the initial response to mic input
now becomes much faster than previous versions (200ms
-> 50ms approx.).
- Would not block when the audio device is already in use,
but just output error and exit.
- Update support for libsndfile-1.0.x.
- Update support for ALSA-0.9.x
(to use ALSA native interface, add "--with-mictype=alsa"
to configure option.)

3.3p3 (2003.01.08)
===================
- 単語間ショートポーズの扱いが新たに追加された.
- [Julius] "-iwspword" でショートポーズに対応する単語エントリを認識
辞書に自動追加するようになった.追加される単語のN-gramエントリや
出力文字列,音響HMM列はデフォルトでは"<UNK> [sp] sp sp"で,オプション
"-iwspentry" で指定可能.
- [マルチパス版] より短時間のcontext-freeな単語間の無音に対応した.
オプション "-iwsp" で,辞書中の全単語の読みの末尾にスキップ可能な
ショートポーズモデルを付加する.付加するモデルは "-spmodel" で変更
可能.詳細は別ドキュメントを参照のこと.
- 音声入力部の改善:
- 入力の遅延を改善:これにより,マイク入力の遅延が,
従来の 200ms 前後から 50ms 前後に改善された.
- 音声デバイスが他のプロセスで使用中の場合に,ブロックせずにエラー
終了するように変更.
- 最新デバイス環境に対応:
- libsndfile-1.0.x に対応.
- ALSA-0.9.x に対応.
自動検出では OSS が優先されるので,使用するには configure 時に
"--with-mictype=alsa" を明示的に指定すること.