ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2019-08-31 00:29
Tera Term 4.104 (2 個のファイル 非表示)

リリースノート

リリースノートはありません

変更履歴

TeraTerm

2019.08.31 (Ver 4.104)

  • Changes
    • The Disabling text selection when the window is activated by mouse configuration can be set up on the Additional settings dialog.
    • The environment variable included in directory for file transfers becomes to be expanded.
    • Unspecified string font in IME uses your defined font.
    • Added help button on Additional settings dialog.
    • MARCO: The fileopen command does not cause an error when a file can not be opened. Reverted changes in 4.102.
    • MACRO: When filetruncate command does not cause an error when a file can not be opened, or file size can not be changed.
  • Bug fixes
    • When UTF-8 characters received, 4-byte UTF-8 characters are miss-decoded.
    • When the Active Window Tracking is enabled, mouse cursor won't be active in Tera Term window. This bug was introduced in 4.103.
    • The session number of window title is always 1. This bug was introduced in 4.103.
    • When the font selection dialog is used while undetermined characters of IME are displayed , the font ot IME always is changed.
    • When the locale setting is default(japanese) or invalid on English version of Windows, an application fault immediately occurs after starting Tera Term.
    • A big file can not send by using [File]/[Send file..]. This bug was introduced in 4.103.
    • Cancel printing dialog can not be shown. This bug was introduced in 4.103.
    • The plugin compiled before 4.103 can not called because the DLL's calling convention is changed in Tera Term 4.103.
    • MACRO: listbox command can not adjust the width of list according to the window size. This bug was introduced in 4.103.
    • MACRO: filecopy command may not store the result to result system variable.
    • MACRO: filelock and fileunlock command always fail. This bug was introduced in 4.101.
    • MACRO: When the first byte of the file is matched by using filestrseek2 command, the file pointer is invalid. This bug was introduced in 4.101.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.90.
    • upgraded TTProxy to 1.0.0.25.
    • upgraded Oniguruma to 6.9.3.

TTSSH

2019.08.31 (Ver 2.90)

  • Bug fixes
    • SSH2: When SSH communication is slow by using port forwarding, an application fault is occurred due to increase memory consumption.
    • SSH2: When SCP transfer dialog is closed, the directory of file transfer setting and the SCP destination path setting may not be updated.
    • SSH2: When SCP transfer is started on Windows 95/98/Me, an application fault occurs.
    • SSH1: When the destination port number is other than 22, an application fault may be occurred after the host key is newly written to known_hosts file.
    • SSH1: The rhosts authentication could not be performed at all.

TTProxy

2019.08.31 (Ver 1.0.0.25)

  • Changes
    • When the negotiation is failed with SOCKS4 and 5, an error information is added to message.
  • Bug fixes
    • Bug fix: Depending on OS, setup dialog is not working correctly. This bug was introduced in 4.103.
    • Bug fix: When the hostname setting is domain, IPv6 and IPv4 fallback does not work well. And also, when you can not connect to the proxy server, Connection refused dialog is shown three times in a row.
    • Bug fix: When data can not receive from SOCKS server during negotiation with SOCKS4 and 5, the data may not be handled as an error.

TeraTerm

2019.08.31 (Ver 4.104)

  • 変更
    • マウスでウィンドウを選択したときの文字の選択を禁止するをAdditional settingsダイアログで設定できるようにした。
    • ファイル転送のためのディレクトリに含まれる環境変数を展開するようにした。
    • IMEの未確定文字のフォントが指定フォントと同一になるようにした。
    • Additional settingsダイアログにヘルプボタンを追加した。
    • fileopen マクロコマンドで、ファイルが開けない場合にエラーにならないようにした。4.102での変更を元に戻した。
    • filetruncate マクロコマンドで、ファルが開けない場合・ファイルサイズの変更に失敗した場合にエラーにならないようにした。
  • バグ修正
    • UTF-8受信時、4byteのUTF-8のデコードを誤っていたので修正した。
    • Active Window Tracking を有効時、マウスカーソルが Tera Term のウィンドウ内に移動しても、アクティブにならない問題を修正した。4.103でのエンバグ。
    • ウィンドウタイトルのセッション番号が常に1となる問題を修正した。4.103でのエンバグ。
    • IMEの未確定文字を表示している状態でフォント選択ダイアログを使用するとIMEのフォントが変化する問題を修正した。
    • 英語版Windowsで、ロケール設定がデフォルト(japanese)もしくは不適切な場合、Tera Termを起動してすぐにアプリケーションフォルトとなる問題を修正した。
    • [File]/[Send file..]から大きなファイルをうまく送信できない問題を修正した。4.103でのエンバグ。
    • 印字中止ダイアログが出なくなっていた問題を修正した。4.103でのエンバグ。
    • 4.103 で DLL の呼び出し規約を変えたことで、それ以前にコンパイルされたプラグインが呼び出せなくなっていた問題を修正した。
    • listbox マクロコマンドで、ウィンドウサイズに合わせてリストの横幅を調整できていなかった問題を修正した。4.103でのエンバグ。
    • filecopy マクロコマンドの結果が result システム変数に格納されないことがある問題を修正した。
    • filelock, fileunlock マクロコマンドが常に失敗していた。4.101でのエンバグ。
    • filestrseek2マクロコマンドで、ファイルの1バイト目が一致したとき、ファイルポインタが先頭になっていなかった問題を修正した。4.101でのエンバグ。
  • その他
    • TTSSH(2.90)へ差し替えた。
    • TTProxy(1.0.0.25)へ差し替えた。
    • Oniguruma 6.9.3へ差し替えた。

TTSSH

2019.08.31 (Ver 2.90)

  • バグ修正
    • SSH2: ポート転送でSSH通信が遅い場合において、消費メモリが肥大化してアプリが落ちる問題を修正した。
    • SSH2: SCP 転送ダイアログを閉じるときに、ファイル転送ディレクトリ設定・SCP送信先パス設定が更新されないことがある問題を修正した。
    • SSH2: Windows95/98/MeでSCP通信を開始すると、アプリが落ちる問題を修正した。
    • SSH1: 接続先のポート番号が22以外で、新規にknown_hostsファイルへホスト鍵を書き込む時、アプリが落ちることがある問題を修正した。
    • SSH1: rhosts認証ができなくなっていた問題を修正した。

TTProxy

2019.08.31 (Ver 1.0.0.25)

  • 変更
    • SOCKS4/5とネゴシエーションが失敗した場合、エラー情報をメッセージに追加した。
  • バグ修正
    • OSによって設定ダイアログが正しく動作しない不具合を修正。teraterm 4.103でのエンバグ。
    • ホスト名の設定がドメインの場合において、IPv6/IPv4フォールバックが動作しない問題を修正した。かつ、プロキシサーバに接続できない場合、Connection refusedダイアログが3回連続表示される問題も修正した。
    • SOCKS4/5とネゴシエーション中に、SOCKSサーバからデータ受信できない場合、エラー扱いにできていないことがある問題を修正した。