ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2018-05-31 00:25
Tera Term 4.99 (2 個のファイル 非表示)

リリースノート

リリースノートはありません

変更履歴

TeraTerm

2018.05.31 (Ver 4.99)

  • Changes
    • added support for the DECSACE control sequence.
      • default affected area of DECCARA and DECRARA control sequence is changed to stream.
    • Improved the behavior of window resizing.
    • Accept service name instead of the port number on the command line option.
    • added the /SPEED= command line option which behavior is same as the /BAUDE= command line option.
    • added the setspeed command.
  • Bug fixes
    • When the mouse tracking is enabled, the menu can not be selected after clicking the screen.
    • The target area of the DECCARA (Change Attributes in Rectangular Area) and DECRARA (Reverse Attributes in Rectangular Area) control sequence is invalid.
    • The DECCARA control sequence breaks kanji character.
    • The DECCARA control sequence breaks the color of cells.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.85.
    • upgraded Oniguruma to 6.8.2.

TTSSH

2018.05.31 (Ver 2.85)

  • Changes
    • in /auth= commandline option, accept keyboard-interactive keyword.
  • Bug fixes
    • Can't open normal ssh (shell) session after using ssh subsystem.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL to 1.0.2o.

TeraTerm

2018.05.31 (Ver 4.99)

  • 変更
    • DECSACE 制御シーケンスに対応した。
      • DECCARA, DECRARA 制御シーケンスのデフォルトの対象領域を、開始点と終了点の間の連続領域に変更した。
    • ウィンドウサイズ変更時の挙動を改善した。
    • コマンドラインオプションでポート番号の代わりにサービス名を受け付けるようにした。
    • /SPEED= コマンドラインオプションを追加した。動作は /BAUD=と同じ。
    • setspeed マクロコマンドを追加した。
  • バグ修正
    • マウストラッキング有効時、画面クリック後にメニューが使えなくなる問題を修正した。
    • DECCARA(矩形領域属性変更)、および DECRARA(矩形領域属性反転)制御シーケンスの対象領域が正しくない問題を修正した。
    • DECCARA 制御シーケンスで漢字が壊れる問題を修正した。
    • DECCARA 制御シーケンスで色が壊れる問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.85)へ差し替えた。
    • Oniguruma 6.8.2へ差し替えた。

TTSSH

2018.05.31 (Ver 2.85)

  • 変更
    • /auth= コマンドラインオプションで keyboard-interactive を受け付けるようにした。
  • バグ修正
    • SSH サブシステムへの接続後に、通常の SSH (シェル)セッションが開けない問題を修正した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.2oへ差し替えた。