ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

リリース時刻: 2013-11-30 10:55
Tera Term 4.80

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
teraterm-4.80.exe 10.92 MB 2013-11-30 10:55 168682
teraterm-4.80.zip 6.46 MB 2013-11-30 10:55 72296

リリースノート

リリースノートはありません

変更履歴

TeraTerm

2013.11.30 (Ver 4.80)

  • Changes
    • can be changed the maximum size of the OSC string
      • added the !MaxOSCBufferSize entry in the teraterm.ini file. The default value is 4096.
    • added the "Include screen buffer" option in the Log dialog box.
      • added the LogIncludeScreenBuffer entry in the teraterm.ini file.
      • added the "Include screen buffer" option at the "logopen" macro command.
    • added the /ES command line option. It enables the "New connection" dialog.
    • When the URL string is divided at the end of the line, new setting can enable to concatenate the whole string.
      • added the JoinSplitURL and JoinSplitURLIgnoreEOLChar entries in the teraterm.ini file.
    • Macro
      • added the TTL filename on the error and execution dialog.
      • Saves and restores the timezone when the gettime and getdate command executes.
  • Bug fixes
    • When the terminal size is changed, the left and right margin mode (DECLRMM) does not cleared.
    • The VPR/VPB/HPR/HPB control sequences are affected by the scroll margin.
    • A cursor will be moved to upper screen over by using the CUU/VPB control sequences.
    • The VPB control sequence will be released with a part of mode.
    • The DECFI/DECBI control sequence ignores the scroll margin.
    • The DECBI control sequence mistakes for saving the cursor position.
    • The DECFI control sequence mistakes for changing the application keypad mode.
    • When the log file is opened, the "Hide dialog" function does not work well.
    • When the tool chip is minus position on resizing, the tool chip is shown on the primary monitor with the multi monitor environment.
    • Tera Term(ttermpro.exe) can not run on Windows 95/NT4.0.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.67
    • upgraded TTXRecurringCommand Plugin to 1.03
    • added support for Microsoft Windows 8.1.
    • upgraded Oniguruma to 5.9.5.
    • added the Simplified Chinese.lng language file. Special thanks to LiShaohui.

TTSSH

2013.11.30 (Ver 2.67)

  • Bug fixes
    • When the SSH2 port-forwarding is repeatedly executed, new port-fowarding can not work well.

TTXRecurringCommand

2013.11.30 (Ver 1.03)

  • Expanded the command buffer size from 50 byte to 1024 byte.

TeraTerm

2013.11.30 (Ver 4.80)

  • 変更
    • OSC文字列処理用バッファの最大サイズを変更できるようにした。
      • teraterm.iniにMaxOSCBufferSizeエントリを追加した。デフォルトは4096。
    • ログ採取に"Include screen buffer"オプションを追加した。
      • teraterm.iniに LogIncludeScreenBuffer エントリを追加した。
      • マクロコマンド "logopen" に"Include screen buffer"オプションを追加した。
    • "New connection" ダイアログを表示する /ES コマンドラインオプションを追加した。
    • URLの途中で改行されている時に、繋がっているものとして扱える設定を追加した。
      • tearterm.iniにJoinSplitURL, JoinSplitURLIgnoreEOLCharエントリを追加した。
    • マクロ
      • エラーおよび実行ダイアログに、TTLファイル名を追加した。
      • gettime, getdateコマンドにおいて、マクロ実行前後でタイムゾーンを復元するようにした。
  • バグ修正
    • 端末サイズ変更時に左右マージンモード(DECLRMM)が解除されない問題を修正した。
    • VPR/VPB/HPR/HPB制御シーケンスがスクロールマージンの影響を受けていた問題を修正した。
    • CUU/VPB制御シーケンスで、画面上端を越えてカーソルが移動する事がある問題を修正した。
    • VPB制御シーケンスで、一部のモードが解除される事がある問題を修正した。
    • DECFI/DECBI制御シーケンスがスクロールマージンを無視していた問題を修正した。
    • DECBI制御シーケンスでカーソル位置の保存が行われていた問題を修正した。
    • DECFI制御シーケンスでアプリケーションキーパッドモードに変更される問題を修正した。
    • ログ取得時に "ダイアログを非表示" オプションが正しく働かない問題を修正した。
    • マルチモニタ環境において、ウィンドウのリサイズ中に表示されるツールチップの位置が有効なマイナス座標の場合でもプライマリモニタに表示される問題を修正した。
    • Windows 95/NT4.0で起動できなくなっていた問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.67)へ差し替えた。
    • TTXRecurringCommand Plugin(1.03)へ差し替えた。
    • 対応する動作環境にWindows 8.1を追加した。
    • Oniguruma 5.9.5へ差し替えた
    • 言語ファイルに中国語(簡体字)(Simplified Chinese.lng)を追加した。LiShaohui氏に感謝します。

TTSSH

2013.11.30 (Ver 2.67)

  • バグ修正
    • SSH2 でポート転送を繰り返すと新たにポート転送接続できなくなる問題を修正した。

TTXRecurringCommand

2013.11.30 (Ver 1.03)

  • コマンド用のバッファを50バイトから1024バイトに変更した。