ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

リリース時刻: 2012-02-29 07:03
Tera Term 4.73

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
teraterm-4.73.exe 10.62 MB 2012-02-29 07:03 114905
teraterm-4.73.zip 6.13 MB 2012-02-29 07:03 29019

リリースノート

リリースノートはありません

変更履歴

TeraTerm

2012.02.29 (Ver 4.73)

  • Changes
    • added support for following control strings.
      • OSC 5 (Change bold/blink/reverse attribute color)
      • OSC 104 (Reset color palette)
      • OSC 105 (Reset bold/blink/reverse attribute color)
      • OSC 110 (Reset VT window text foreground color)
      • OSC 111 (Reset VT window text foreground color)
      • OSC 115 (Reset TEK window text foreground color)
      • OSC 116 (Reset TEK window text foreground color)
    • added support for reading the Clipboard by using the OSC 52(clipboard accessing) control sequence.
    • added support for xterm(UTF-8), xterm(SGR) and rxvt-unicode style extended mouse tracking mode.
    • When the receiving file is empty, the file name is assigned to noname.
    • When the receiving file name contains banned characters, these characters are replaced to _.
    • KERMIT protocol
      • Changed the MAXL from 90 to 94. Workaround for failing to communicate against NT-4S(Hitachi VoIP gateway).
      • Improved the KERMIT.LOG more easily.
      • added the KmtLongPacket entry in the teraterm.ini file. The default value is off.
      • added the KmtFileAttr entry in the teraterm.ini file. The default value is off.
    • added support for exclusive-locking the log file in written mode.
      • added the LogLockExclusive entry in the teraterm.ini file. The default value is on.
    • added the "loginfo" macro command.
  • Bug fixes
    • Updated the Cyrillic letter translation table(range of KOI8-R, CP866, Windows-1251 and ISO8859-5).
    • The packet number will not be correct while sending a file by using the XMODEM and YMODEM protocol.
    • When a log is started, the log window is temporarily activated. However, this is enabled for Windows 2000 later.
    • "filerename" macro command: When a file can not be renamed, the error code stores to the result variable.
    • "filedelete" macro command: When a file can not be removed, the error code stores to the result variable.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.60

TTSSH

2012.02.29 (Ver 2.60)

  • Misc
    • upgraded PuTTY to 0.62
    • upgraded OpenSSL to 1.0.0g
    • upgraded zlib to 1.2.6

TeraTerm

2012.02.29 (Ver 4.73)

  • 変更
    • 以下の制御文字列に対応した。
      • OSC 5 (高輝度/点滅/反転属性色変更)
      • OSC 104 (カラーパレットリセット)
      • OSC 105 (高輝度/点滅/反転属性色リセット)
      • OSC 110 (VTウィンドウ文字色リセット)
      • OSC 111 (VTウィンドウ背景色リセット)
      • OSC 115 (TEKウィンドウ文字色リセット)
      • OSC 116 (TEKウィンドウ背景色リセット)
    • OSC 52 (クリップボードアクセス) 制御文字列によるクリップボードの読み取りに対応した。
    • xterm(UTF-8), xterm(SGR), rxvt-unicode 形式の拡張マウスイベント通知に対応した。
    • ファイル転送で受信ファイル名が空文字列だった時、ファイル名を noname にするようにした。
    • ファイル転送で受信ファイル名に使えない文字が含まれていた時、その文字を _ に置き換えるようにした。
    • KERMIT プロトコル
      • 最大パケット長(MAXL)を 90 から 94 に変更した。NT-4S(日立製VoIPゲートウェイ)に対して通信ができない問題への暫定対処(workaround)。
      • KERMIT.LOG を読みやすく改善した。
      • teraterm.ini に KmtLongPacket エントリを追加した。デフォルトは off。
      • teraterm.ini に KmtFileAttr エントリを追加した。デフォルトは off。
    • 書き込み中のログファイルを排他ロックするかどうかを設定できるようにした。
      • teraterm.ini に LogLockExclusive エントリを追加した。デフォルトは on。
    • マクロコマンド "loginfo" を追加した。
  • バグ修正
    • キリル文字の変換テーブル(KOI8-R, CP866, Windows-1251, ISO8859-5 間)を修正した。
    • XMODEM, YMODEM で送信中に表示されるパケット番号が正しくない場合がある問題を修正
    • ログ取得を開始したとき、ログウィンドウが一瞬アクティブになる動作を修正(対策は Windows 2000 以降でのみ有効)。
    • マクロコマンド "filerename" において、リネームが失敗した場合、result にエラーをセットするようにした。
    • マクロコマンド "filedelete" において、削除が失敗した場合、result にエラーをセットするようにした。
  • その他
    • TTSSH(2.60)へ差し替えた。

TTSSH

2012.02.29 (Ver 2.60)

  • その他
    • 使用する PuTTY を 0.62 へ差し替えた
    • OpenSSL 1.0.0gへ差し替えた
    • zlib 1.2.6へ差し替えた