ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2019-02-28 21:54
Tera Term 4.102 (2 個のファイル 非表示)

リリースノート

リリースノートはありません

変更履歴

TeraTerm

2019.02.28 (Ver 4.102)

  • Changes
    • The AlphaBlend VT window can be configured as a different value for each active and inative.
    • The value of transparency can be temporarily changed by moving the mouse wheel on the title bar of the VT window.
    • The internal implemention of the VT window was speeded up.
    • UTF-8: Four bytes character can not be shown yet but can be decoded, the impact range of character corruption was be minimized.
    • The language code(CodePage) of the "Terminal ([Setup] menu)" dialog(Unicode usage).
    • MACRO: The macro file can support UTF-8 and UTF-16(with BOM) encoding.
    • MACRO: The getfileattr command can be based on the current directory same as other command.
    • MARCO: The fileopen command can cause an error when a file is not found with read only mode.
  • Bug fixes
    • When the AlphaBlend window is enabled, an application fault occurs on Windows 10.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.88.
    • upgraded Oniguruma to 6.9.1.

TTSSH

2019.02.28 (Ver 2.88)

  • Changes
    • added /ssh-N commandline option to disable a shell session when starting a connection.
    • Default state of bcrypt KDF checkbox on SSH Key generator dialog is changed to on.
  • Bug fixes
    • Can't change password on SSH Change Password dialog when old password is empty string.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL to 1.0.2r.

TeraTerm

2019.02.28 (Ver 4.102)

  • 変更
    • VT ウィンドウの透過設定を、アクティブ/非アクティブ時の各々で別の値を設定できるようにした。
    • VT ウィンドウのタイトルバー上でマウスホイールを操作することで、ウィンドウの透過値を一時的に変更できるようにした。
    • VT ウィンドウの内部処理を高速化した。
    • UTF-8 で 4 バイトになる文字を(表示できないが)正しくデコードするようにし、文字化けする範囲が最小限になるようにした。
    • "Terminal setup[端末の設定]" ダイアログの言語コード(CodePage)設定を削除した。(Unicode設定)
    • マクロファイルのエンコーディングとして UTF-8, UTF-16(with BOM)に対応した。
    • getfileattr マクロコマンドで、他のコマンドと同様にカレントフォルダを基準とするようにした。
    • fileopen マクロコマンドで、読み取り専用モード時にファイルがない場合はエラーとなるようにした。
  • バグ修正
    • ウィンドウの透過設定が有効だと Windows 10 で落ちる問題に対応した。
  • その他
    • TTSSH(2.88)へ差し替えた。
    • Oniguruma 6.9.1へ差し替えた。

TTSSH

2019.02.28 (Ver 2.88)

  • 変更
    • 接続開始時にシェルセッションを開始しない為の /ssh-N コマンドラインオプションを追加した。
    • SSH鍵生成ダイアログの bcrypt KDF チェックボックスのデフォルトを on に変更した。
  • バグ修正
    • 旧パスワードが空文字列の時、SSH パスワード変更ダイアログでパスワードが変更出来ない問題を修正した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.2rへ差し替えた。