ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

リリース時刻: 2016-03-05 01:29
Tera Term 4.90

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
teraterm-4.90.exe 13.7 MB 2016-03-05 01:29 186875
teraterm-4.90.zip 8.3 MB 2016-03-05 01:29 45042

リリースノート

リリースノートはありません

変更履歴

TeraTerm

2016.03.05 (Ver 4.90)

  • Changes
    • TChanged XMODEM options
      • Error detection type(Checksum/CRC) can be specified at sending.
      • Packet size(1K) can be specified at receiving.
      • The xmodemrecv and xmodemsend macro argument is the same.
    • Cancel from remote host at XMODEM transmitter becomes as trasnfer failure.
    • When remote host sends 1K packet against Checksum at XMODEM receiving, Tera Term receives data as Checksum/1K.
    • When remote host sends NAK at XMODEM CRC sending, Tera Term sends data as Checksum.
    • added configuration for XMODEM, YMODEM and ZMODEM timeout value.
      • added the XmodemTimeouts entry in the teraterm.ini file.
      • added the YmodemTimeouts entry in the teraterm.ini file.
      • added the ZmodemTimeouts entry in the teraterm.ini file.
    • XMODEM: Send and Receive dialog's option can not be affected each other.
    • MACRO: When if does not have statement, macro error always occurs.
  • Bug fixes
    • BCE information does not be updated at OSC 4/11/104/111 control string.
    • XMODEM: When CRC sends, Checksum may send half way incorrectly.
    • Eterm look-feel: When invalid image file is specified as background, an application fault occurs.
    • The return value of random macro command is the deviation of the pseudo random number.
      • The specified maximum value will be a very low probability.
      • When the maximum value is specified as over 32768 number, any value can not be generated.
      • Random generation is used for SFMT.
    • When invalid folder type is specified on the getspecialfolder macro command, the desktop folder is returned by mistake.
    • MACRO: When getipv6addr command is called on Windows 2000, an application _ttpmacro.exe_ fault occurs.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.76
    • upgraded CygTerm+ to 1.07_28

TTSSH

2016.03.05 (Ver 2.76)

  • Changes
    • added support for SSH2 key exchange methods: diffie-hellman-group14-sha256, diffie-hellman-group16-sha512, diffie-hellman-group18-sha512
    • The arc4random() function is changed from OpenSSL'RC4 to ChaCha20 base.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL to 1.0.2g

Cygterm+

v1.07_28 2016/02/17 (by doda)

  • Add debug mode.

v1.07_27 2016/02/09 (by doda)

  • The directory selection by -d option is prior to -cd option(HOME_CHDIR=y).
  • When -d option is specified by using -ls option(LOGIN_SHELL=y), CHERE_INVOKING=y is set.

v1.07_26 2015/12/14 (by doda)

  • Add multiple connections support for the ssh-agent proxy.

TeraTerm

2016.03.05 (Ver 4.90)

  • 変更
    • XMODEM に指定できるオプションを修正した。
      • 送信時は エラー検出の種類(Checksum/CRC) を指定できる。
      • 受信時は パケットサイズ(1K) を指定できる。
      • xmodemrecv, xmodemsend マクロコマンドの引数も同様。
    • XMODEM 送受信時のリモートからのキャンセルを、転送失敗として扱うようにした。
    • XMODEM 受信時に、Checksum なのに相手が 1K のパケットを送信しきてた場合に Checksum/1K として受信するようにした。
    • XMODEM で CRC 送信時に相手が NAK を送信してきた場合は Checksum として送信するようにした。
    • XMODEM, YMODEM, ZMODEM のタイムアウト値を設定できるようにした。
      • teraterm.ini に XmodemTimeouts エントリを追加した。
      • teraterm.ini に YmodemTimeouts エントリを追加した。
      • teraterm.ini に ZmodemTimeouts エントリを追加した。
    • XMODEM 送信/受信ダイアログでのオプション選択が、他方のオプション状態に影響しないようにした。
    • マクロコマンドの 1 行形式の if 文で、実行コマンドが無い時は条件が偽でもエラーとなるようにした。
  • バグ修正
    • OSC 4/11/104/111 制御文字列で BCE 用の情報の更新が反映されない問題を修正した。
    • XMODEM で CRC 送信時に途中から Checksum 送信になってしまうことがある問題を修正した。
    • Eterm look-feel: 不適切な画像ファイルを背景に指定すると、プログラムが落ちる問題を修正した。
    • random マクロコマンドが返す値が偏る問題を修正した。
      • 指定した最大値を返す確率が極めて低かった。
      • 最大値に32768以上を指定した時、絶対に返さない値が有った。
      • 乱数生成に SFMT を利用するようにした。
    • getspecialfolder マクロコマンドで、正しくないフォルダの種類を指定した時にデスクトップフォルダが返される問題を修正した。
    • getipv6addr マクロコマンドを Windows 2000 で実行すると ttpmacro.exe が落ちる問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.76)へ差し替えた。
    • CygTerm+ 1.07_28へ差し替えた。

TTSSH

2016.03.05 (Ver 2.76)

  • 変更
    • SSH2 の diffie-hellman-group14-sha256, diffie-hellman-group16-sha512, diffie-hellman-group18-sha512 鍵交換方式に対応した。
    • 乱数に使う arc4random() 関数の実装を OpenSSL の RC4 を使ったものから ChaCha20 ベースのものに置き換えた。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.2gへ差し替えた

Cygterm+

v1.07_28 2016/02/17 (by doda)

  • コマンドラインオプションのパース処理を変更し、パラメータの途中からでも '"' によるクオートを可能にした。

v1.07_27 2016/02/09 (by doda)

  • -cd オプション(HOME_CHDIR=y) より -d オプションでのディレクトリ指定を優先するようにした。
  • -ls オプション(LOGIN_SHELL=y) の指定時に -d オプションを指定した場合、CHERE_INVOKING=y をセットするようにした。

v1.07_26 2015/12/14 (by doda)

  • ssh 認証エージェント転送で複数コネクションに対応した。