ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

リリース時刻: 2011-08-31 22:03
Tera Term 4.71

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
teraterm-4.71.exe 10.16 MB 2011-08-31 22:04 126928

リリースノート

リリースノートはありません

変更履歴

TeraTerm

2011.8.31 (Ver 4.71)

  • Changes
    • When the OSC string includes a control sequence, the control sequence can be procedured.
    • Eterm look-feel: The wallpaper file format can support any format other than BMP on Windows Vista or later.
    • "getpassword" macro command is updated.
      • The result of the command execution is stored in the system variable "result".
    • "strspecial" macro command is updated.
      • added the second argument as the converted string on the strspecial command.
    • added the "expandenv" macro command.
  • Bug fixes
    • The log file which name length is 80 bytes over can not be opened.
    • When the meta key is enabled, the Control and Meta key is redundantly inputed.
  • Misc
    • upgraded TTSSH version supporting SSH2 to 2.58

TTSSH

2011.8.31 (Ver 2.58)

  • Changes
    • added Camellia128-CBC, Camellia128-CTR, Camellia192-CBC, Camellia192-CTR, Camellia256-CBC, Camellia256-CTR symmetric key cipher algorithm for SSH2 protocol.
    • added support for SSH2 MAC algorithms: hmac-sha2-256, hmac-sha2-256-96, hmac-sha2-512, hmac-sha2-512-96
    • added the PuTTY version on the version dialog.
    • removed the random initialization because it takes a long time to connect.
    • The timestamp of the log file is recorded on the millisecond time scale.
  • Bug fixes
    • When the IPv4 fallback is occurred, the SSH connection may fail.
    • When the window size change is notified, the right window size(pixel) can be reported.
  • Misc
    • upgraded PuTTY to 0.61

TeraTerm

2011.8.31 (Ver 4.71)

  • 変更
    • OSC 文字列中に制御シーケンスが含まれていた時にその制御シーケンスを解釈するように変更した。
    • Eterm look-feel: Windows Vista以降において、壁紙がBMP形式以外にも対応した。
    • マクロコマンド "getpassword"を機能アップデートした。
      • コマンドの実行可否を"result"システム変数に格納するようにした。
    • マクロコマンド "strspecial" を機能アップデートした。
      • 変換する文字列を strspecial コマンドに、第2引数として指定できるようにした。
    • マクロコマンド "expandenv" を追加した。
  • バグ修正
    • ファイル名が80文字以上のログファイルを作成できない問題を修正した。
    • メタキー設定を有効にしている時、Control+Meta キー入力がダブる場合があったのを修正した。
  • その他
    • SSH2対応TTSSH(2.58)へ差し替えた。

TTSSH

2011.8.31 (Ver 2.58)

  • 変更
    • SSH2 の共通鍵暗号方式に Camellia128-CBC, Camellia128-CTR, Camellia192-CBC, Camellia192-CTR, Camellia256-CBC, Camellia256-CTR を追加した。
    • SSH2 の MAC アルゴリズムとして hmac-sha2-256, hmac-sha2-256-96, hmac-sha2-512, hmac-sha2-512-96 をサポートした。
    • バージョンダイアログに、PuTTYのバージョンを表記するようにした。
    • 接続時に時間がかかるため、省略できる乱数の初期化を削除した。
    • ログファイルのタイムスタンプをミリ秒まで記録するようにした。
  • バグ修正
    • IPv4 フォールバックしたときに SSH 接続が無効になることがある問題を修正した。
    • ウィンドウサイズ変更通知で、正しいウィンドウサイズ(ピクセル数)を通知するように修正した。
  • その他
    • 使用する PuTTY を 0.61 へ差し替えた