ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Linux 塔載 Zaurus (SL-5000/5500, SL-A300, SL-B500, SL-C700)で 日本語の利用可能な環境を揃えることを目標としています。
gconv
2.2.5-11.5-cp932-2

リリース時刻: 2004-02-05 13:31
gconv 2.2.5-11.5-cp932-2

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
gconv-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk 40.00 KB 2004-02-05 13:40 12847
gconv-euc-jp-ms_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk 38.72 KB 2004-02-05 13:39 12989
gconv-modules-force-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2-yk2_arm.ipk 8.32 KB 2004-02-06 10:52 12675
gconv-modules_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk 8.12 KB 2004-02-05 13:37 2412
glibc-2.2.5-11.5-cp932-2-gconv-modules-force-cp932-20040206.diff 1.74 KB 2004-02-06 10:51 812
glibc-2.2.5-cp932-2.diff.gz 311.01 KB 2004-02-05 13:32 532

リリースノート

glibc 2.2.5に含まれるiconvモジュールとコマンドです。
シャープ純正ROM環境にインストールして利用できます。

・Debianパッケージのglibc_2.2.5-11.5をベースに、森山 将之氏によ
るCP932対応パッチを当ててあります。これにより日本語環境の
Qt/EmbeddedとUnicode変換テーブルが互換になります

・このリリースに含まれていないファイルは2.2.5-11.5リリースのもの
を利用して下さい。

・gconv-modulesが2種類あります。目的に応じてどちらか一方をインス
トールして下さい。

- gconv-modules-force-cp932_2.2.5-11.5-cp932-2-yk1_arm.ipk
常時Qt/Embeddedの変換テーブルと強制互換にする設定ファイル。
"EUC-JP"、"SJIS"が指定された場合に、強制的に"EUC-JP-MS"、
"CP932"に置き換えます

- gconv-modules_2.2.5-11.5-cp932-2_arm.ipk
何も細工していない設定ファイル。利用する変換テーブルを使い分
けたい場合にインストールします

CP932パッチについては以下のページを参照して下さい。

http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/software/glibc/

変更履歴

変更履歴はありません