ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Linux 塔載 Zaurus (SL-5000/5500, SL-A300, SL-B500, SL-C700)で 日本語の利用可能な環境を揃えることを目標としています。

リリース時刻: 2002-11-24 00:50
libqte-ja 2.3.3-6

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
libqte-ja_2.3.3-6_arm.ipk 1.56 MB 2002-11-24 00:50 4389

リリースノート

*** 注意: SL-A300にはインストールしないで下さい ***
*** CAUTION: Don't install the package into SL-A300 ***

The Qt/Embedded library that configured with text codecs support
for many national languages. This library is required by many
applications that processes national text encodings (such as
Konqueror, IMKit-Anthy, etc).

This single package can be installed to RAM, SD, or CF without
strange installation steps.

It was build with non-standard configuration (had made
QT_NO_CODECS symbol undefined in qconfig-qpe.h). Some patches
from Opie Project is also applied.

Same description as above in Japanese:
Qt/Embeddedライブラリに日本語を含む非欧米系テキストコーデックサ
ポートを追加したものです。KonquerorやIMKit-Anthy等、ユニコード以
外のテキストエンコーディングを処理するアプリケーションに必要です。
SL-A300ではメーカー出荷状態でこの機能がサポートされていますので、
libqte-jaは不要です。

このパッケージはRAM, SD, CFのいずれにも通常の手順でインストール
できます。

標準のものからビルド時の設定を変更してあります(qconfig-qpe.hで
QT_NO_CODECSシンボルを未定義状態にした)。また、Opie Projectのパッ
チを適用してあります。

Related links
http://cvs.sourceforge.jp/cgi-bin/viewcvs.cgi/zaurus-ja/ipks/libqte-ja/
http://opie.handhelds.org/
http://zaurus-ja.sourceforge.jp/qt-language-encoding.html
http://zaurus-ja.sourceforge.jp/ipkg-symlink.txt
http://cvs.sourceforge.jp/cgi-bin/viewcvs.cgi/zaurus-ja/tools/ipkg-safelink/

変更履歴

* Opie Projectのパッチを適用した結果、qpe再起動時のSEGVが発生し
なくなった

* qconfig-qpe.hで再びQT_NO_SIZEGRIPを定義するようにした。
Konquerorを動作させるのに必要だったが、Opie Projectのパッチが
同様の効果を持つので不要になった

* symlinkの処理をipkg-safelinkで行うように変更した

* ビルドスクリプトでipk作成まで行うようにした