ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Linux 塔載 Zaurus (SL-5000/5500, SL-A300, SL-B500, SL-C700)で 日本語の利用可能な環境を揃えることを目標としています。

リリース時刻: 2004-04-29 12:38
imkit 0.4.3

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
imkit-0.4.3.tar.gz 91.6 KB 2004-04-29 12:38 146
imkit-uim_0.4.3-1_arm.ipk 28.3 KB 2004-04-29 14:46 420
libimkit-qpe15_0.4.3-1_arm.ipk 98.3 KB 2004-04-29 14:45 444

リリースノート

Linuxザウルスのユーザ環境であるQtopia上で日本語等を入力するため
のIM(Input Method)プラグインです。バックエンドとして多言語入力ラ
イブラリuim及びかな漢字変換エンジンAnthyを利用しています。

・インストール手順は下記の"Related Links"の最初にあるIMKit-uimの
ページを参考にして下さい

・かな漢字変換エンジンAnthyはIMKit-AnthyまたはIMKit-uimのどちら
かを通じて利用できます。通常はIMKit-uimからuim-anthyを利用して
下さい。IMKit-Anthyの方が省メモリですが、設定の柔軟性等から今
後はIMKit-uimが主流になります

・シャープ純正ROM環境との組み合わせではハードウェアキーボード入
力にしか対応していないので、SL-A300では利用できません

・Qtopia 1.6以降のアジア向けIM拡張に対応し、インライン入力及びソ
フトウェアキーボードとの組み合わせが可能になりました。ドキュメ
ント類は未整備なので、試してみたい方はlinux-zaurus MLでお知ら
せください

・多言語入力ライブラリ uimに興味のある方は
http://anthy.sourceforge.jp/ を読んでMLに参加してください

Related Links
http://digit.que.ne.jp/visit/index.cgi?Linux%a5%b6%a5%a6%a5%eb%a5%b9%b3%ab%c8%af%a5%e1%a5%e2%2fIMKit%2duim
http://digit.que.ne.jp/visit/?Linux%A5%B6%A5%A6%A5%EB%A5%B9%B3%AB%C8%AF%A5%E1%A5%E2%2FIMKit
http://zaurus-ja.sourceforge.jp/imkit-anthy.html
http://uim.freedesktop.org/

変更履歴

2004-04-29 YamaKen <yamaken@bp.iij4u.or.jp>

* IMKIT_0_4_3: テスト向けリリース

* IMKit-uim + KeyHelperの環境で入力状態がおかしくなるとの報告に対
応するため、キー入力をデバッグ出力するように変更した。問題の出てい
ないユーザは引き続き0.4.2の利用を推奨