ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Linux 塔載 Zaurus (SL-5000/5500, SL-A300, SL-B500, SL-C700)で
日本語の利用可能な環境を揃えることを目標としています。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2002-11-07 00:55
imkit 0.3.5-pre3 (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

This release is 'Developer Preview'. Not for daily use.

Linux Zaurusのユーザ環境であるQtopia上で日本語を入力するための、
キーボード入力型IM(Input Method)です。かな漢字変換エンジンとして
Anthyを利用しています。現状ではハードウェアキーボード入力にしか
対応していないのでSL-5000系ザウルス専用です。

本リリースは開発者向けの先行公開版です。不安定/壊れている 部分が
ありますので、実用には使わないでください。

AnthyプロジェクトのUIMに実験的に対応したimkit-uimを含んでいます
(ソースのみ。ipkには含まれません)。UIMに興味のある方は
http://anthy.sourceforge.jp/を読んでMLに参加してください。

Related Links
http://zaurus-ja.sourceforge.jp/imkit-anthy.html
http://digit.que.ne.jp/visit/?Linux%A5%B6%A5%A6%A5%EB%A5%B9%B3%AB%C8%AF%A5%E1%A5%E2%2FIMKit
http://anthy.sourceforge.jp/

変更履歴

* 候補選択ウィンドウの描画が崩れる場合があったのを修正(応急処置)

* 日本語以外の言語環境の場合、IM widgetにUnicodeフォントを設定する
ようにした。ドイツ語環境等向け

* imkit_setup_translator()でファイル名を決め打ちしていたのを修正