ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

blanco Framework は オープンソースのJava, C#.NET, JavaScript, VB.NET, PHP, Ruby, Python言語用開発フレームワークです。Excelブック様式の設計書を入力してソースコードを自動生成します。各ツールは疎結合で部分利用が可能。EclipseプラグインまたはAntTaskで提供。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2009-08-09 23:18
blancoTmx blancoTmx-0.1.1 (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

blancoTmxは LISA TMX (Translation Memory eXchange) をハンドリングするための Javaライブラリ(jarファイル)です。
※他の blanco Frameworkプロダクト群と異なり、blancoTmxはソースコード自動生成処理系ではありません。通常の実行ライブラリによる提供となります。

[ステータス]
1.blancoTmx : 開発版

[開発者]
1.伊賀敏樹 (IGA Tosiki / いがぴょん): 開発および維持メンテ担当
2.山本耕司 (ymoto) : 開発、レビュー、試験実施、リリース判定。

[ライセンス]
1.blancoTmx は ライセンス として Eclipse Public License 1.0 と GNU Lesser General Public License をデュアルライセンスとして採用しています。

[JDK]
コンパイルおよび実行には、JDK 1.5 以降が必要です。

[依存するライブラリ]
コンパイル及び実行には下記のライブラリを必要とします。
クラスパスに含めるようにしてください。
1.その他の blanco Framework
概要: このプロダクトは 実行時に blanco Framework各種プロダクトに依存して動作します。
ライセンス: GNU Lesser General Public License
※依存ライブラリのEPL化を実施予定です。

[memo]
1.http://www.lisa.org/tmx/tmx.htm

変更履歴

2009.08.06 (0.1.1)
ドキュメントの最初のエレメントの取得方法を改善。

2009.07.07 (0.1.0)
TMX パースの箇所にバグがあったのを訂正。

2009.06.30 (0.0.9)
デフォルトの srclang と adminlang を EN-US に変更。
jarファイル類の更新。

2009.05.20 (0.0.8)
ユーティリティ・クラスを整備。

2009.05.12 (0.0.7)
creationtoolversion について 0.0.7 と記述。
jarファイル類の更新。
TMX の原料情報についての TMX へのマップ先を仕様から探したが適切なものが見あたらず。
→今回は、特に何も対応しないものとします。