ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

blanco Framework は オープンソースのJava, C#.NET, JavaScript, VB.NET, PHP, Ruby, Python言語用開発フレームワークです。Excelブック様式の設計書を入力してソースコードを自動生成します。各ツールは疎結合で部分利用が可能。EclipseプラグインまたはAntTaskで提供。

システム要件

システム要件が設定されていません
blancoDocListing
blancoDocListing-0.1.6

リリース時刻: 2006-04-28 05:12
blancoDocListing blancoDocListing-0.1.6 (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

blancoDocListing はドキュメント一覧を作成するためのツールです。
blanco Frameworkの各種ドキュメントの一覧作成機能を当面のターゲットとします。

[開発者]
1.伊賀敏樹 (Tosiki Iga / いがぴょん): 開発および維持メンテ担当
2.山本耕司 (Y-moto) : リリース判定担当

[ライセンス]
1.blancoDocListing は ライセンス として GNU Lesser General Public License を採用しています。

[依存するライブラリ]
blancoDocListingは下記のライブラリを利用しています。
※各オープンソース・プロダクトの提供者に感謝します。
1.blancoCodeGenerator
概要: ソースコード生成ライブラリ
ライセンス: GNU Lesser General Public License
2.blancoCommons
概要: blanco Framework共通ライブラリ
メタ情報ファイルを読み込む際に利用しています。
ライセンス: GNU Lesser General Public License
3.blancoReport
概要: OpenOffice.orgを利用した帳票入出力
ライセンス: GNU Lesser General Public License

[依存する環境]
1.BlancoUno*については、OpenOffice.org 2.0がUNOポート番号付きで起動している必要があります。
起動のための例を下記に示します。
"C:\Program Files\OpenOffice.org 2.0\program\soffice" "-accept=socket,port=8100;urp;"
2.blancoReportを駆動させるためには、下記のjarファイルがクラスパスに通っている必要があります。
lib/juh.jar
lib/jurt.jar
lib/ridl.jar
lib/unoil.jar

変更履歴

2006.04.27 (0.1.6)
blancoValueObjectの一覧生成機能を追加。
jarファイル類の更新。
blancoCodeGeneratorを第2世代版へと更新しました。

2006.03.23 (0.1.5)
【バグ】TextNode を 誤って org.apache.crimson.tree.TextNode をインポートしていたバグを修正。
※このバグにより、JDK 1.5.x系では blancoDocListingは動作することができませんでした。

2006.03.17 (0.1.4)
電文処理定義一覧にウェブサービスIDを追加。

2006.03.16 (0.1.3)
blancoDbDotNet、blancoCsvDotNetへの対応を追加。