ダウンロードリスト

プロジェクト概要

フリーの MIDI シンセサイザー TiMidity++UnkoTim213 の非公式フォークです

DLS と sfz に実験的に対応

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2020-05-20 22:44
timidity41 41.4.3 (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

TiMidity++ 41 version 41.4.3 (2020-05-20)

An unofficial fork of TiMidity++, based on UnkoTim232.

Source code is available at https://osdn.net/projects/timidity41/scm/git/timidity41/.

Installation

  • Same as the usual TiMidity++.
  • Compiled with Visual Studio 2019. Please install Visual C++ redistributable packages.

How to embed loop information in ogg vorbis files

If a MIDI file contains loop information, timidity can embed LOOPSTART/LOOPLENGTH tags in ogg vorbis files.

  1. In Preference > Player > SMF Loop Unwinding, set Count to 1.
  2. In Preference > Output > Output, choose Ogg Vorbis and check "Embed Loop Information" in the Option dialog.

TiMidity++ 41 版 41.4.3 (2020-05-20)

TiMidity++UnkoTim232 の非公式フォークです

ソースコードは https://ja.osdn.net/projects/timidity41/scm/git/timidity41/ から入手可能です

インストール

  • 通常の TiMidity++ と同じです
  • Visual Studio 2019 でコンパイルされています。実行には Visual C++ 再頒布可能パッケージが必要です

Ogg Vorbis ファイルにループ情報を埋め込む方法

MIDI ファイルにループ情報が埋め込まれている場合、Ogg Vorbis ファイルに LOOPSTART/LOOPLENGTH タグを埋め込むことができます

  1. 「詳細設定 > プレイヤ > SMF ループ展開」で「ループ展開数」を 1 にする
  2. 「詳細設定 > 出力 > 出力方法」で「Ogg Vorbis」を選択し、「オプション」の「ループ情報を埋め込む」にチェック

変更履歴

41.4.3 (2020-05-20)

(See https://osdn.net/projects/timidity41/wiki/ChangelogEn for details)

  • UnkoTim232 has been merged.
  • mpg123.dll has been updated to 1.26rc3.
  • Support for WM_APPCOMMAND messages has been added. You can now control the player by pressing play/stop key on a keyboard.
  • The memory leaks in the WASAPI code were fixed.

41.4.3 (2020-05-20)

(詳細は https://ja.osdn.net/projects/timidity41/wiki/ChangelogJa 参照)

  • UnkoTim232 をマージ
  • mpg123.dll を 1.26rc3 に更新
  • WM_APPCOMMAND メッセージに対応。キーボードの再生・停止ボタンでプレーヤーを制御できます
  • WASAPI コード中のメモリリークを修正