ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

フリーの MIDI シンセサイザー TiMidity++UnkoTim213 の非公式フォークです

DLS と sfz に実験的に対応

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2019-05-18 23:36
timidity41 41.3.6 (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

TiMidity++ 41 version 41.3.6 (2019-05-18)

An unofficial fork of TiMidity++, based on UnkoTim225.

Source code is available at https://osdn.net/projects/timidity41/scm/git/timidity41/.

Installation

  • Same as the usual TiMidity++.
  • Compiled with Visual Studio 2019. Please install Visual C++ redistributable packages.

How to use DLS

.cfg file example:

bank 0
0 %dls "gm.dls" 0 0

How to use sfz

.cfg file example:

bank 0
0 %sfz "KawaiUprightPiano-small.sfz"

TiMidity++ 41 版 41.3.6 (2019-05-18)

TiMidity++UnkoTim225 の非公式フォークです

ソースコードは https://ja.osdn.net/projects/timidity41/scm/git/timidity41/ から入手可能です

インストール

  • 通常の TiMidity++ と同じです
  • Visual Studio 2019 でコンパイルされています。実行には Visual C++ 再頒布可能パッケージが必要です

DLS の使い方

.cfg ファイルに

bank 0
0 %dls "gm.dls" 0 0

みたいな感じで記述する (%font とかと同じ)

sfz の使い方

.cfg ファイルに

bank 0
0 %sfz "KawaiUprightPiano-small.sfz"

みたいな感じで記述する

変更履歴

41.3.6 (2019-05-18)

  • Updated opus.dll to 1.3.1.
  • Updated pdcurses.dll to 3.8.
  • Play list/document files now support both UTF-8 and Shift_JIS text encodings.
  • Fixed memory leak when using DLS files.

41.3.6 (2019-05-18)

  • opus.dll を 1.3.1 に更新
  • pdcurses.dll を 3.8 に更新
  • プレイリスト・ドキュメントファイルで UTF-8・Shift_JIS の両方に対応
  • DLS 使用時のメモリリークを修正