ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

SyLは、PHP(4>=4.3.x or 5)言語による独自DIコンテナをベースとしたフレームワークで、WEBアプリケーションフレームワーク/JavaScript出力フレームワーク/コマンドラインフレームワークの3つで構成されます。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2008-01-15 18:25
syl 0.14.7 (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

リリースノートはありません

変更履歴

;-----------------------
; VERSION: 0.14.7
;-----------------------

include/framework/Config/SyL_ConfigFilters.php
・preAction イベントのフェーズを executeStream から loadStream に変更

include/framework/SyL_Config.php
include/framework/Config/SyL_ConfigActions.php
include/framework/Config/SyL_ConfigRouters.php
include/framework/SyL_Context.php
include/framework/Context/SyL_ContextWeb.php
・ビュータイプとレイアウト名変数をactions.xml から routers.xml に移動

include/framework/Config/SyL_ConfigActions.php
・アクション実行の前後のメソッドがアクションメソッドの参照になっていなかったので修正
・アクションメソッドの引数を固定化
・アクションファイルが存在しない場合、App.Actionクラスを実行するように変更
・アクションメソッド変換文字列を{$action}から{action}に変更
・キャッシュを使用しない場合、アクション実行前後のメソッドが起動していなかったのを修正
・実行順の問題で、コンポーネントをアクションでインジェクションできなくなっていたのを修正

include/framework/SyL_Context.php
include/framework/Context/SyL_ContextWeb.php
include/framework/Context/SyL_ContextJs.php
・メソッドをいくつか親クラスから子クラスに移動

include/framework/Context/*
・コンテキストごとにデフォルトビュータイプを定義

SyL.php
・定数の名称変更 SYL_ENCODE_AJAX => SYL_ENCODE_JS

include/framework/SyL_Data.php
include/framework/Data/*
・JavaScript出力フレームワークの入力、出力を自動的にエンコーディング変換するように変更

include/lib/SyL_File.php
include/lib/File/*
・一括読み込み、書き込みメソッド追加
・CSV文字コード変換一時ディレクトリ名を追加
・もろもろ見直し