osg.png

このWikiは、Open Source Group Japanが運営しています。Open Source Group JapanのWebはこちらへどうぞ。

リソース

最近の更新

2013-06-24
2011-09-06
2009-12-26
2009-07-02
2008-06-30

サイドバー

The Sleepycat License

Copyright (c) 1990-1999 Sleepycat Software. All rights reserved.

次の条件が満たされている限り、変更するか否かを問わず、ソース・コード形式およびバイナリ形式での再頒布および使用を許可します。

  • ソース・コードを再頒布する場合には、上記の著作権表示、本条件項目、および下記の免責条項をソース・コード内に記載しなければなりません。
  • バイナリ形式で再頒布する場合には、上記の著作権表示、本条件項目、および下記の免責条項を、頒布物と共に提供される文書、および/または他の資料に転載しなければなりません。
  • いかなる形式で再頒布する場合でも、DBソフトウェアおよびこれを使用する任意の付随ソフトウェアのソース・コード一式を入手する方法についての情報を添付しなければなりません。当該ソース・コードは、頒布物の中に含めるか、または頒布にかかるコストにごくわずかな手数料を加えた程度までの料金で入手できなくてはならず、かつ妥当な条件のもとで自由に再頒布できなくてはなりません。実行可能ファイルについては、「ソース・コード一式」とは、その実行可能ファイルの中に含まれる全モジュールのソース・コードをいいます。その実行可能ファイルが動作するオペレーティング・システムの主要コンポーネントに通常付随しているモジュールまたはファイルのソース・コードは含みません。

本ソフトウェアは、Sleepycat Softwareによって「現状のまま」、かつ明示か暗黙であるかを問わず、一切の保証を付けずに提供されます。ここでいう保証とは、市場性、特定目的に対する適合性、権利侵害の不在についての暗黙の保証も含みますが、それに限定されるものではありません。Sleepycat Softwareは、その原因がいかなるものであろうと、責任の根拠が契約、厳格責任、不法行為(過失その他を含む)のいずれであろうと、本ソフトウェアの使用に起因する一切の直接損害、間接損害、偶発的損害、特別損害、懲戒的損害、派生的損害について何らの責任も負いません。Sleepycat Softwareが、そのような損害の発生する可能性について知らされていた場合も同様です。ここでいう損害には、代替物またはサービスの提供、使用機会、データ、または利益の喪失、業務の中断等も含まれますが、それに限定されるものではありません。


Copyright (c) 1990, 1993, 1994, 1995 The Regents of the University of California. All rights reserved.

次の条件が満たされている限り、変更するか否かを問わず、ソース・コード形式およびバイナリ形式での再頒布および使用を許可します。

  • ソース・コードを再頒布する場合には、上記の著作権表示、本条件項目、および下記の免責条項をソース・コード内に記載しなければなりません。
  • バイナリ形式で再頒布する場合には、上記の著作権表示、本条件項目、および下記の免責条項を、頒布物と共に提供される文書、および/または他の資料に転載しなければなりません。
  • 事前に書面で明確な許可を受けることなく、本ソフトウェアから派生した製品を是認または促進する目的で、University of Californiaの名前またはコントリビューターの名前を使用してはなりません。

本ソフトウェアは、Regents of the University of Californiaおよびコントリビューターによって「現状のまま」、また明示か暗黙であるかを問わず、一切の保証を付けずに提供されます。ここでいう保証とは、市場性や特定目的に対する適合性についての暗黙の保証も含みますが、それに限定されるものではありません。Regents of the University of Californiaまたはコントリビューターは、その原因がいかなるものであろうと、責任の根拠が契約、厳格責任、不法行為(過失その他を含む)のいずれであろうと、本ソフトウェアの使用に起因する一切の直接損害、間接損害、偶発的損害、特別損害、懲戒的損害、派生的損害について何らの責任も負いません。Regents of the University of Californiaまたはコントリビューターが、そのような損害の発生する可能性について知らされていた場合も同様です。ここでいう損害には、代替物またはサービスの提供、使用機会、データ、または利益の喪失、業務の中断等も含まれますが、それに限定されるものではありません。


Copyright (c) 1995, 1996 The President and Fellows of Harvard University. All rights reserved.

次の条件が満たされている限り、変更するか否かを問わず、ソース・コード形式およびバイナリ形式での再頒布および使用を許可します。

  • ソース・コードを再頒布する場合には、上記の著作権表示、本条件項目、および下記の免責条項をソース・コード内に記載しなければなりません。
  • バイナリ形式で再頒布する場合には、上記の著作権表示、本条件項目、および下記の免責条項を、頒布物と共に提供される文書、および/または他の資料に転載しなければなりません。
  • 事前に書面で明確な許可を受けることなく、本ソフトウェアから派生した製品を是認または促進する目的で、Harvard Universityの名前またはコントリビューターの名前を使用してはなりません。

本ソフトウェアは、Harvardおよびコントリビューターによって「現状のまま」、また明示か暗黙であるかを問わず、一切の保証を付けずに提供されます。ここでいう保証とは、市場性や特定目的に対する適合性についての暗黙の保証も含みますが、それに限定されるものではありません。Harvardまたはコントリビューターは、その原因がいかなるものであろうと、責任の根拠が契約、厳格責任、不法行為(過失その他を含む)のいずれであろうと、本ソフトウェアの使用に起因する一切の直接損害、間接損害、偶発的損害、特別損害、懲戒的損害、派生的損害について何らの責任も負いません。Harvardまたはコントリビューターが、そのような損害の発生する可能性について知らされていた場合も同様です。ここでいう損害には、代替物またはサービスの提供、使用機会、データ、または利益の喪失、業務の中断等も含まれますが、それに限定されるものではありません。