osg.png

このWikiは、Open Source Group Japanが運営しています。Open Source Group JapanのWebはこちらへどうぞ。

リソース

最近の更新

2013-06-24
2011-09-06
2009-12-26
2009-07-02
2008-06-30

サイドバー

APPLE PUBLIC SOURCE LICENSE

Version 2.0 - 2003年8月6日

このソフトウェアをダウンロードする前に、本ライセンスをよく読んでください。このソフトウェアをダウンロードまたは使用すると、本ライセンスの条項に従うことに同意したことになります。本ライセンスの条項に同意できない方は、このソフトウェアのダウンロードや使用を差し控えてください。

1. 通則; 定義。本ライセンスが適用されるのは、Apple Computer, Inc.(「Apple」)が公に供するプログラムやその他の製作物のうち、そのプログラムや製作物が「オリジナルコード」であることと、このApple Public Source License Version 2.0(「本ライセンス」)の条項に従うことを述べた(Appleによって挿入された)告知が含まれているものです。

1.1 「適用可能特許権」とは、次のものを指します。(a) Appleが権利授与者の場合、(i) 今後獲得され、Appleによって所有されるかAppleに譲渡される特許の申請で、(ii) オリジナルコードの内容に適用されるが、オリジナルコードを侵害せずに使用したり複製したり頒布したりするのに必要な範囲に限られるもの。(b) あなたが権利授与者の場合、(i) 今後獲得され、あなたによって所有されるかあなたに譲渡される特許の申請で、(ii) あなたの修正物自体またはオリジナルコードとの結合物の内容に適用されるもの。

1.2 「コントリビューター」とは、修正物の作成者またはその作成に寄与する者を指します。

1.3 「対象コード」とは、オリジナルコード、修正物、オリジナルコードと修正物を結合したもの、またはそれらの一部を指します。

1.4 「外部デプロイ」とは、次のことを指します。(a) サブライセンス付与、頒布、またはその他の方法により、直接または間接的に、対象コードをあなた以外の者が利用できるようにすること。(b) あなた以外のクライアントとの電子的通信によるコンテンツ配信やその他のサービス提供のために、対象コードを単独または拡大製作物の一部として使用すること。

1.5 「拡大製作物」とは、対象コードまたはその一部を、本ライセンスが適用されないコードと結合したものを指します。

1.6 「修正物」とは、オリジナルコード、以前の修正物、オリジナルコードと以前の修正物を結合したもの、またはそれらの一部の内容や構造に対する追加や削除を指します。コードが一連のファイルとしてリリースされる場合の修正物とは、次のものを指します。(a) 対象コードが含まれているファイルの内容に対する追加または削除。(b) 対象コードの一部が含まれている新規のファイルまたはその他のコンピュータプログラムステートメント表現形態。

1.7 「オリジナルコード」とは、次のものを指します。(a) 本ライセンスに基づいてAppleが利用可能にした、プログラムやその他の製作物のソースコードあるいはそうしたプログラムや製作物に対するアップデートまたはアップグレードのソースコードのうち、そこに含まれるヘッダーファイルの中でAppleがその旨を明記したもの。(b) そうしたソースコードからコンパイルされ、本ライセンスに基づいてAppleが利用可能にしたオブジェクトコード。

1.8 「ソースコード」とは、修正に便利なように人間が読める形式になっているプログラムやその他の製作物を指し、これにはその中に含まれているすべてのモジュールや、関連するインタフェース定義ファイル、実行可能ファイル(オブジェクトコード)のコンパイルとインストールを制御するためのスクリプトが含まれます。

1.9 「あなた」とは、本ライセンスに基づいて権利を行使する個人または法人を指します。法人の場合、「あなた」には、あなたを管理するか、あなたにより管理されるか、またはあなた共通の管理下にある団体が含まれます。この定義における「管理」とは、(a) 契約またはその他により、直接または間接的に当該団体の指揮・経営を行う権限、または (b) 当該団体の50%以上の株式の所有権または受益所有権を有することを指します。

2. 許される使い方; 条件と制限。本ライセンスの条項に従って、Appleはあなたに対し、あなたが本ライセンスを受諾してオリジナルコードをダウンロードした日をもって、オリジナルコードに適用されるAppleの適用可能特許権および著作権の範囲で以下のことを行う世界規模で使用料無料の非独占的ライセンスを付与します。

2.1 未修正コード。あなたは以下の条件をすべて満たす限りにおいて、商業目的または非商業目的でオリジナルコードの未修正コピーを使用したり、複製したり、表示したり、実行したり、あなたの組織で内部的に頒布したり、外部デプロイしたりすることができます。

(a) あなたはオリジナルコードに含まれているAppleの著作権表示とその他のプロプラエタリ告知および否認声明を、オリジナルコードのすべてのコピーの中でそのまま再現しなければなりません。また、オリジナルコードの中で本ライセンスを引用している告知もすべてそのまま再現しなければなりません。

(b) あなたは頒布または外部デプロイする対象コードのソースコードおよびドキュメントのすべてのコピーに本ライセンスのコピーを付けなければなりません。また、そうしたソースコードに関して、第6項で許可するものを除き、本ライセンスまたはこれに基づく受領者の権利を変更または制限するような条項を提示したり押し付けたりしてはなりません。

2.2 修正済みコード。あなたは以下の条件をすべて満たす限りにおいて、対象コードを修正し、商業目的または非商業目的であなたの修正物と対象コードを使用したり、複製したり、表示したり、実行したり、あなたの組織内で頒布したり、外部デプロイしたりすることができます。

(a) あなたは対象コードのソースコードに関して第2.1項の条件をすべて満たさなければなりません。

(b) あなたは自らの全修正物のソースコードの各ファイルの中に、提出書類Aに含まれている告知を(まだ存在しなければ)複写し、それらのファイルをあなたが変更したということと変更の日付がよくわかるような告知を入れなければなりません。

(c) 修正物を外部デプロイする場合、あなたは外部デプロイする全修正物のソースコードを、前に外部デプロイした相手が利用できるようにするか、または公衆が利用できるようにしなければなりません。あなたが外部デプロイする修正物のソースコードは、第3項のライセンス付与も含めて、本ライセンスで述べている条項に基づき、次の期間、リリースを継続しなければなりません。この期間とは、あなたが対象コードの外部デプロイを続ける間または最初の外部デプロイメントの日から12か月間のうちのどちらか長いほうです。外部デプロイする修正物のソースコードは、なるべく電子的な方法(Webサイトからのダウンロードなど)で頒布してください。

2.3 実行可能バージョンの頒布。対象コード(オリジナルコードと修正物の一方または両方)を実行可能(オブジェクトコード)形式でのみ外部デプロイする場合、あなたはコード自体の中および関連ドキュメントの中に見やすい告知を入れることにより、本ライセンスの条項に従って対象コードのソースコードを利用できることと、そうしたソースコードを入手する方法と場所を示さなければなりません。

2.4 第三者の権利。Appleと各コントリビューターがここで述べている対象コードの銘々の部分についてライセンスを付与したとしても、対象コードが他者の特許やその他の知的所有権を侵害しないとAppleやコントリビューターが保証するわけではないので、あなたにはその旨に同意していただきます。Appleと各コントリビューターは、知的所有権の侵害やその他の侵害に基づいて他者から出された賠償請求について、あなたに対する一切の責任を否認します。これにより、本ライセンスで付与される権利とライセンスを行使する条件として、もし他に必要な知的所有権があれば、あなたはそれらを自分で取得する責任を負うことになります。たとえば、あなたが対象コードを頒布する上で第三者の特許ライセンスが必要だとすると、対象コードの頒布前にそのライセンスを取得するのはあなたの責任です。

3. あなたの許可。本ライセンスに基づいてあなたに付与されるライセンスの条件として、あなたは本ライセンスに基づいて対象コードを受領または頒布するいかなる個人または法人に対しても、あなたの適用可能特許権およびあなたが所有または管理する他の知的所有権(特許以外)に基づいて、第2.1項および第2.2項で述べたAppleのライセンスと同じ範囲のあなたの修正物を使用したり、複製したり、表示したり、実行したり、サブライセンスしたり、頒布したり、外部デプロイしたりする非独占的で使用料無料で無期限で取り消し不能なライセンスを付与するものとします。

4. 拡大製作物。あなたは対象コードと本ライセンスの条項が適用されない他のコードを結合することで拡大製作物を作成し、それを単一の製品として頒布することができます。その場合、あなたは対象コードまたはそのどの部分についても本ライセンスの条件が満たされるよう処置しなければなりません。

5. 特許ライセンスの制限。第2項に明記されているもの以外、明示黙示を問わず、Appleから付与される特許権はありません。修正物や拡大製作物には、Appleの自由裁量で付与できる追加的な特許ライセンスが必要になることもあります。

6. 追加条項。あなたは対象コードの受領者に対し、保証、サポート、賠償、または義務の履行、あるいはここ(「追加条項」)で付与されるライセンスの範囲と矛盾しないその他の権利を提供し、これを有料にすることができます。ただし、あなたはそれを自分自身のためにだけ自己責任として行えるのであって、Appleやコントリビューターのために行うことはできません。そうした追加条項があなたのみにより提供されることについて、あなたは受領者の同意を得なければなりません。また、これにより、あなたはそうした追加条項のせいでAppleやコントリビューターに責任が降りかかったり賠償要求が出されたとしても、あなたがAppleやコントリビューターに損害が及ぶのを防ぐと共にAppleやコントリビューターの損害を補償することに同意することになります。

7. ライセンスのバージョン。Appleは本ライセンスの改訂バージョンや新規バージョンを発行することがあります。各バージョンはバージン番号で識別できます。あなたは本ライセンスの特定のバージョンの基づいて発行されたオリジナルコードを、そのバージョンの条項に基づいて使用し続けることができます。また、そうしたオリジナルコードを、Appleが発行する本ライセンスの以降のバージョンの条項に基づいて使用することもできます。本ライセンスに基づいて作成された対象コードに適用できる条項を修正する権利を持つ者はApple以外に存在しません。

8. 無保証・無サポート。対象コードはプレリリースの製作物、未テストの製作物、またはテストが十分に行われていない製作物を含んでいることがあります。対象コードは障害やデータ消失を引き起こす可能性のあるエラーを含んでいたり、不完全であったり、不正確な箇所を含んでいることもあります。あなたには、対象コードまたはその一部を使用することのリスクを全面的にあなた自身で引き受けることに同意していただきます。対象コードは、いかなる種類の保証もアップグレードもサポートもなしに「現状のまま」提供されるものとし、AppleとAppleのライセンサー(第8項と第9項では、これらをまとめて「Apple」と呼びます)および全コントリビューターは、明示黙示を問わず、商業的な使用可能性、満足な品質、特定の目的に対する適合性、正確さ、平穏の享受(quiet enjoyment)、および第三者の権利への非侵害性に対する保証と条件を含め、いかなる保証も条件も明確に否認します。Appleと各コントリビューターは、あなたによる対象コードの享受が妨げられないという保証も、対象コードに含まれている機能があなたの要求に適合するという保証も、対象コードの動作が途切れないとかエラーがないという保証も、対象コードに含まれている欠陥が修正されるという保証も行いません。口頭であれ書面であれ、Appleから情報や助言が提供されることはなく、Appleが正式に認めた代理店またはコントリビューターが保証書を作成します。あなたには、対象コードが核施設、航空機航行、通信システム、または航空交通管制機の操作に使われることを意図していないことを了承していただきます。こうした用途では、対象コードの障害が死や傷害または重大な物理的・環境的な損害を引き起こす可能性があるからです。

9. 責任の制限。本ライセンスあるいはあなたの対象コード(またはその一部)の使い方に関連して生じる偶発的損害、特別損害、または間接的損害に対し、法律で命じられない限り、契約、保証、不法行為(過失を含む)、製造物責任など、どのような責任理論によるにせよ、またAppleまたはコントリビューターがそうした損害の可能性をたとえ知らされていたとしても、そして救済策の本質的な目的が達成されないとしても、Appleもコントリビューターも責任を負いません。偶発的損害や間接的損害に対する責任の制限を認めない国や地域もあるので、この制限規定はあなたに適用されないかもしれません。本ライセンスに基づき、いかなる場合も、すべての損害について(適用可能な法律で命じられるものは除く)、あなたへのAppleの全責任は$50.00を超えないものとします。

10. 商標。本ライセンスは「Apple」、「Apple Computer」、「Mac」、「Mac OS」、「QuickTime」、「QuickTime Streaming Server」をはじめ、Appleに帰属する商標、サービスマーク、ロゴ、または商号(これらをまとめて「Appleのマーク」と呼びます)についても、コントリビューターに帰属する商標、サービスマーク、ロゴ、または商号についても、いかなる使用権も付与しません。あなたには、http://www.apple.com/legal/guidelinesfor3rdparties.htmlに掲載されているAppleの第三者商標使用ガイドラインで明示的に許可されていて、いつでもこのガイドラインに厳格に従っているものは別として、オリジナルコードから派生した製品の名前にAppleのマークを使用しないこと、またオリジナルコードから派生した製品の推奨や販売促進にもAppleのマークを使用しないことに同意していただきます。

11. 所有権。本ライセンスに基づいて付与されるライセンスに従って、各コントリビューターは自らが作成した修正物のすべての権利、タイトル、および権益を保有します。AppleはオリジナルコードおよびAppleによって(またはAppleのために)作成された修正物(「Appleの修正物」)のすべての権利、タイトル、および権益を保有します。そうしたAppleの修正物が自動的に本ライセンスの適用を受けることはありません。Appleは自らの自由裁量により、そうしたAppleの修正物を本ライセンスに従って、または本ライセンスに含まれている条項とは異なる条項に従ってライセンスすることもあれば、まったくライセンスしないこともあります。

12. 終了

12.1 終了。本ライセンスおよびこれにより付与される権利は、以下のいずれかの条件が成立した場合に終了します。

(a) あなたが本ライセンスのいずれかの条項に従わず、そうした違反に気づいてから30日以内にその違反を正さなかった場合は、Appleからの通告なしに自動的に終了します。

(b) 第13.5項の(b)で述べている状況が生じた場合は直ちに終了します。

(c) 本ライセンスの期間中のどこかの時点で、あなたがAppleに対して特許侵害に関わる何かの行動を起こした場合は、その訴訟で最初にAppleの側からあなたに対して特許侵害に関わる何かの行動を起こしたのでない限り、Appleからの通告なしに自動的に終了します。

12.2 終了の効力。あなたには、終了時に対象コードの使用、複製、修正、サブライセンス付与、および頒布を直ちに停止することに同意していただきます。終了前に適正に付与された対象コードへのすべてのサブライセンスは、本ライセンスの終了後も有効です。第3項、第5項、第8項、第9項、第10項、第11項、第12.2項、第13項など、その性質上、本ライセンスの終了後も効力を持ち続けるべき条項は、本ライセンスの終了後も有効です。本ライセンスの終了により、賠償や補償やその他のあらゆる種類の損害について、誰も他者に対して責任を負うことなくなります。本ライセンスの終了が、誰かの他の権利や救済に不利益を与えることはありません。

13. その他

13.1 米国政府機関のエンドユーザ。対象コードはFAR 2.101で規定されている「商用品目(commercial item)」です。対象コードにおける米国政府機関のソフトウェアとテクニカルデータに関する権利は、本ライセンスで規定しているように慣習に従って公衆に与えられる権利に限られます。テクニカルデータとソフトウェアのこの慣習的な商用ライセンスは、FAR 12.211(テクニカルデータ)とFAR 12.212(コンピュータソフトウェア)、および国防総省の購入についてはDFAR 252.227-7015(テクニカルデータ -- 商用品目)とDFAR 227.7202-3(商用コンピュータソフトウェアまたはコンピュータソフトウェアドキュメンテーションにおける権利)に従って与えられます。したがって、米国政府機関のすべてのエンドユーザは、ここで述べている権利のみを備えた対象コードを取得することになります。

13.2 当事者間の関係。本ライセンスを、あなた、Apple、またはコントリビューターの間に、代理店、提携、合弁、またはその他の形態の法的な結び付きを形成するものと解釈してはなりません。また、貴殿は明示的、暗示的な表明その他において、これに反してはなりません。

13.3 独立開発。本ライセンスの内容は、あなたが開発したり、製造したり、販売したり、頒布したりするかもしれない修正物、拡大製作物、テクノロジ、または製品と同一もしくは類似の機能を遂行する(あるいはそれらと競合する)テクノロジまたは製品を、Appleが取得したり、ライセンスしたり、開発したり、誰かに開発させたり、販売したり、頒布したりするAppleの権利を損なうものではありません。

13.4 権利放棄; 解釈。Appleまたはコントリビューターが本ライセンスのいずれかの条項を施行しなくても、そのことを当該の条項やその他の条項を将来施行する権利の放棄だと見なしてはなりません。契約の表現が起草者の意図に反して解釈されるあらゆる法律や条例は本ライセンスに適用されません。

13.5 可分性。(a) 何らかの理由で管轄区の裁判所が本ライセンスのいずれかの条項またはその一部を施行不可能と判断した場合、その条項については、許容される範囲で当事者の経済的利益と意図が最大限達成されるように施行するものとし、本ライセンスの他の部分は引き続き全面的に効力を持つものとします。(b) 上述の規定にもかかわらず、適用可能な法律によって、あなたが第2項や第3項に従うことが禁止または制限されるか、これらの項のどちらかの施行可能性が妨げられる場合、本ライセンスは直ちに終了し、あなたは対象コードの使用を直ちに停止し、あなたが所持または管理している対象コードのコピーをすべて廃棄しなけばなりません。

13.6 係争の解決。本ライセンスに関してあなたとAppleの間に生じるかもしれない訴訟やその他の係争の解決はすべてカリフォルニア北部地区で行うものとします。これにより、あなたとAppleは本ライセンスに関して、この地区内の連邦裁判所および州裁判所の対人管轄権を認め、そこを裁判地にすることに同意します。商品の国際取り引きに関する国連契約規定の適用は明確に除外されます。

13.7 完全な合意; 準拠法。本ライセンスは、ここに記された題目に関して当事者間の完全な合意を表すものです。本ライセンスは、法の抵触に関するカリフォルニア州法の本文を除いて、合衆国およびカリフォルニア州の法律に従うものとします。

あなたの住所がカナダのケベック州にある場合は、次の条項が適用されます: これにより、当事者は本ライセンスおよび関連するすべての文書が英語で起草されるよう要求したことを確認します。

提出書類A

"Portions Copyright (c) 1999-2003 Apple Computer, Inc. All Rights Reserved.

このファイルには、Apple Public Source License Version 2.0(「本ライセンス」)で定義されていて、本ライセンスが適用される、オリジナルコードやオリジナルコードの修正物が含まれています。あなたはこのファイルを本ライセンスに従う限りにおいてのみ使用できます。このファイル使用する前に、本ライセンスのコピーをhttp://www.opensource.apple.com/apsl/から入手して読んでください。

本ライセンスに従って頒布されるオリジナルコードおよびすべてのソフトウェアは、明示黙示を問わず、いかなる種類の保証もなしに「現状のまま」頒布されるものとします。これにより、Appleは商業的な使用可能性、特定の目的に対する適合性、平穏の享受、および非侵害性に対する保証を含め、いかなる保証も否認します。本ライセンスでの権利と制限を規定した文言については、本ライセンスを参照してください。"