ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Projectの概要

JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。
SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。

このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。

(基本機能)
・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御
・多言語対応          ・Excel入出力機能
・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能
・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能
・バッチ処理機能

各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。


Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。
Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2016-07-01 18:31
opengion 5.9.10.0 (4 個のファイル 非表示)

リリースノート

5.9.10.0 (2016/07/01) columnタグのxssチェック xssチェックのセットがdoAfterBodyにあり、falseとしてもdoStartTagで引っかかる状態となっているため、 useXssCheckメソッドをdoStartTagに移動します。 hayabusa.taglib.ColumnTag#doAfterBody() hayabusa.taglib.ColumnTag#doStartTag()

5.9.9.3 (2016/06/24) ImageTimeBarタグのuseLastData属性処理 6.4.7.1の修正を反映。 ImageTimeBarタグのuseLastData属性処理で、true(初期値)のときは、最後のデータが そのまま継続していることを示し、false の場合は、そこで打ち切りとしていますが、 false にすると、何も表示されなくなります。 これは、6.0.2.0 (2014/09/19) で、imageMekerメソッドをすべてまとめた際のバグです。 最後の処理のみ、このフラグが有効になるように、変更します。 plugin.view.ViewForm_ImageTimeBar#create(int startNo,int pageSize) plugin.view.ViewForm_ImageTimeBar#imageMeker(Graphics2D g2,Color oldColor,int imgX,int imgY,int imgW,boolean useTipsLink,int row,StringBuilder outBuf) ガントスクリプトの修正 ヘッダ固定同様、最初にbodyの高さが取得できない場合は遅延実行させるようにします。 jsp/common/option/adjustGanttTable.js

5.9.9.2 (2016/06/17) readTableのsheetName対応 5.9.0.0でXLSX対応としてExcelの読み込みをV6方式に変更した際にsheetNameが効かなくなっていたため、対応します。 この対応により、シート名を指定した際には必ず1シート目が読み込まれるのではなく指定シートが読み込まれますが、 対応するシートが存在しない場合はエラーとなります。 plugin.io.TableReader_Excel#readDBTable()

5.9.9.1 (2016/06/10) リクエスト変数取得 {@REQ.xxx}でリクエスト変数の取得を可能にします。 (6.4.6.1同等対応) * <tr><td>ROWCOUNT </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>チェックされた件数</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>RequestURL </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getRequestURL()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>AuthType </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getAuthType()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>ContextPath </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getContextPath()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>Method </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getMethod()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>PathInfo </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getPathInfo()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>PathTranslated </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getPathTranslated()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>QueryString </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getQueryString()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>RemoteUser </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getRemoteUser()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>RequestURI </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getRequestURI()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>ServletPath </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getServletPath()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>RemoteAddr </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getRemoteAddr()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>RemoteHost </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getRemoteHost()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>Scheme </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getScheme()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>ServerName </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getServerName()</jsp:expression></td></tr> * <tr><td>ServerPort </td><td style="white-space: normal"><jsp:expression>request.getServerPort()</jsp:expression></td></tr>

hayabusa.taglib.CommonTagSupport#getRequestMethod(String attkey) hayabusa.taglib.CommonTagSupport#getReservedValue(String key)

変更履歴

変更履歴はありません