ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Ludiaは高速かつ高精度な全文検索インデックス機能をオープンソースのデータベース管理システムであるPostgreSQLに提供します。Ludiaは株式会社NTTデータにより開発され、2006年10月11日にLGPLライセンスのオープンソースソフトウェアとして公開されました。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2007-03-02 15:57
ludia 1.0.0 (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

ludiaパッケージを利用するためには、

Senna: https://sourceforge.jp/projects/senna/
MeCab: https://sourceforge.jp/projects/mecab/

を先にインストールする必要があります。
(MeCabは形態素解析を利用する場合のオプションです。)
ludia-withdepsパッケージはludiaパッケージの内容に加えて、
上記のモジュールを含んでいます。

変更履歴

(1) PostgreSQL8.2対応、Senna1.0.1対応
PostgreSQL8.1にも引き続き対応しております。
また、使用メモリ削減・インデックスサイズ削減により、
大幅に性能が向上したSenna1.0.1にも対応します。
(Sennaの0.8.2以前のバージョンには対応しておりません。)
(2) Snippet API対応
googleのキャッシュのようにSnippet(KWIC)の作成が可能となりました。
使用方法についてはREADMEを参照ください。
(3) シーケンシャルスキャンの改良
シーケンシャルスキャンの場合も一部のSenna演算子が使用可能となりまし
た。
プランナによってシーケンシャルスキャンが実行される場合や、
インデックスを張っていないカラムに対してSenna演算子を使用したい場合に
役に立つと思います。
(4) インデックスキャッシュの改善
インデックスキャッシュの使用上限が設定可能となりました。
また、使用上限を超えた場合はLRU方式で、
インデックスキャッシュの再利用が可能となります。
(5) インデックス情報取得
インデックスサイズや構築の際のパラメータなどを取得することができます。