2018-05-25 プライバシーポリシーを改訂いたしました。

Seasarのニュース RSS

2004-12-16

2004-12-16 14:47 (by seasar)

リリースメモ
-NO_PERSISTENT_PROPSアノテーションを追加しました。
-PERSISTENT_PROPSアノテーションを追加しました。
-SQLが;で終わっているときに、;を削除するようにしました。
修正点
-排他制御がtimestampの時に、間違った値で更新場合があったのを修正しました。

2004-12-16 14:47 (by seasar)

リリースメモ
-S2JDBCでBooleanに対応しました。
-S2UnitでBooleanに対応しました。
-S2Unitでフィールドに値がバインドされた後に実行されるセットアップメソッドsetUpAfterBindFields()を追加しました。
-ant(build.xml)からSeasarAllTestsを実行できるようにしました。

2004-12-14

2004-12-14 17:01 (by seasar)

修正点
-読み込み専用のBeanでもプライマリーキーが必須になっていたのを、
更新/削除するときのみ必須になるように修正しました。
-余分なS2.0.22が含まれていたので削除しました。

2004-12-14 17:01 (by seasar)

追加点
-IDの自動生成に対応しました。
変更点
-排他にtimestampを使ったときに、テーブルのカラム数より
COLUMNアノテーションの数が多いときに例外が発生していたのを修正しました。

2004-12-14 17:00 (by seasar)

変更点
-S2DBCPでトランザクション中に1つのコネクションをオープンしたまま
別のコネクションを取得して閉じたときに最初のオープンしたままの
コネクションが閉じてしまうバグを修正しました。

2004-12-07

2004-12-07 20:42 (by seasar)

リリースメモ
・ユーティリティクラス(LocaleUtil,ResourceBundleUtil)の追加
修正点
・S2Container.registerのsynchronized指定を削除

2004-12-07 20:42 (by seasar)

リリースメモ
・Javaのプロパティファイルを使ってFlexで多言語に
対応できるようにしました。

2004-12-04

2004-12-04 18:41 (by seasar)

修正点
・S2TestCaseでフィールド名と名前空間が同一のものがあるときに
ぬるぽになっていたのを修正しました。
・S2JDBCでjava.sql.DateをTimestampとしてマッピングするようにしました。

2004-11-11

2004-11-11 19:33 (by seasar)

リリースメモ
・HttpServletRequest,HttpServletResponse,HttpSessionの
自動バインディングに対応しました。
・コンポーネントのinstance属性にrequest,sessionを追加しました。
・commons-loggingに対応しました。

2004-11-05

2004-11-05 22:03 (by seasar)

・まだ入力系のコンポーネントは、<input type="text" ...>しか動作しません。
年ごとのアーカイブ
2003 / 2004