最近の更新 (Recent Changes)

2012-04-30

最新リリース情報

kz-h8write (Version 0.2.1)2012-12-19 12:22

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

640x640_0.png

H8/3069F writer for KOZOS (kz_h8write)

H8/3069F writer for KOZOS (kz_h8write)とは、H8/3069Fで使用することのできるフラッシュライタです。

坂井弘亮さんがお書きになった「12ステップで作る組込みOS自作入門」で取り上げられているh8writeが正しく動作しなくて困っている方のために実装しました。 もしかしたら米田聡さんがお書きになった「はじめる組込みLinux」の読者の方にも有用かもしれません。

オリジナルのh8writeはホストとマイコン間で行われるボーレート合わせ込み処理に誤りがあります。 オリジナルのh8writeに対するパッチでも良かったのですが、見やすいソースコードとして再実装しました。

使用方法

kz_h8writeコマンドツールにmotファイル名、シリアルポート名を与えて使用します。


kz_h8write -3069 -f20 kzload.mot /dev/ttyUSB0

各シーケンスが実行されていく様子を確認する事ができます。


=======================================
 KOZOS H8/3069F Flash Writer.          
 Copyright(C) 2011 Shinichiro Nakamura 
=======================================
Bitrate sequence: Done.
Inquiry device: Done.
Select device: Done.
Inquiry clock mode: Done.
Select clock mode: Done.
Select bitrate: Done.
Write erase: Done.
Complete.

全ての作業が完了した時には「Complete.」と表示が行われます。

関連ウェブページ

ライセンス

ライセンスはMITライセンスを適用します。 当然ながら無保証です。 自己責任でお使い下さい。