2009-04-18 18:44 (by cielquis)

CLX version 0.14.3 をリリースしました.

uri::encode において,引数に std::wstring を指定した場合,仕様通りの文字列(% の後に 2 桁の 16 進数が続く)にエンコードされない問題がありました.この問題に関して,良い解決策が思い浮かばない(uri::decode との兼ね合いの問題)ため,version 0.14.5 以降は uri::encode および uri::decode は,std::string のみをサポートするように変更しました.

uri::encode, uri::decode の std::wstring への対応は未定です.

CLX C++ Librariesプロジェクトのニュース一覧