ダウンロードリスト

プロジェクト概要

FFFTPは、2ペイン型のFTPクライアントソフトです。ローカルのフォルダとFTPサーバー側のディレクトリを同期させるミラーリング機能や漢字コードの変換機能、ファイアウォールやSOCKS、ワンタイムパスワードへの対応といった機能を備えています。

リリース時刻: 2015-08-30 11:37
テスト版 1.99 リリース候補

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
ffftp-1.99-64-eng.exe 2.06 MB 2015-08-30 11:35 494
ffftp-1.99-64-eng.zip 1.53 MB 2015-08-30 11:35 334
ffftp-1.99-64.exe 3.06 MB 2015-08-30 11:34 2009
ffftp-1.99-64.zip 2.53 MB 2015-08-30 11:34 1060
ffftp-1.99-eng.exe 1.89 MB 2015-08-30 11:35 197
ffftp-1.99-eng.zip 1.41 MB 2015-08-30 11:35 192
ffftp-1.99-src.zip 6.57 MB 2015-08-30 11:36 1426
ffftp-1.99.exe 2.89 MB 2015-08-30 11:33 1034
ffftp-1.99.zip 2.40 MB 2015-08-30 11:34 735

リリースノート

============================================================
[Software Name]  FFFTP Ver.1.99 (FTP Client software)
[Copyright]      Copyright(C) 1997-2010 Sota & cooperators
                 Copyright (C) 2011-2015 FFFTP Project (Hiromichi Matsushima, Suguru Kawamoto, IWAMOTO Kouichi, vitamin0x, unarist, Asami, fortran90, tomo1192, Yuji Tanaka, Moriguchi Hirokazu, Fu-sen).
[Environment]    Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista, XP, 2000
============================================================

About INI File
---------------------

Since the character encoding of INI files of Ver.1.98 or later was changed,
INI files saved by Ver.1.97b or earlier could not be loaded.
But Ver.1.98b or later can load them again.

Ver.1.97b or earlier cannot load INI files saved by Ver.1.98 or later.
Please change to save the settings to the registry instead of the INI file
before reverting to Ver.1.97b or earlier.


About Master Password
---------------------

FFFTP Ver.1.96d+009 or later (including this version) introduce Master 
Password feature. 
When you use this virsion first, please set Master Password from 
following menu.

File -> Settings -> Change Master password


Changes in Ver.1.99
--------------------

-- Tested on Windows 8.1 (32bit/64bit).

-- Tested on Windows 10 (32bit/64bit).

-- 64bit version is now available.
   This works around the certain restriction on 64bit Windows.

-- Added the feature of automatic software update.
   It will connect to the dedicated server to check whether there are updates
   every 7 days by default, and then confirm whether to apply them.

-- Added a feature to encrypt the all settings with the master password.
   This prevents malwares and third parties from skimming personal information.
   Please note that 1.98g or former versions cannot read encrypted settings.
   This feature is disabled by default.

-- Fixed bugs that the apprication did not start when the INI file was modified
   and BOM was inserted in it.

-- Fixed bugs that user names which were sent to hosts were always encoded into
   UTF-8.

-- Fixed bugs of recognition of MLSD responses that include uppercase letters.

-- Added an option to disable automatic refresh of the local view.

-- Added an option to dispose old logs automatically.

-- Supported UTF-8 HFS+ file name encoding (Windows Vista or later only).

-- Improved automatic detection of Kanji code of filenames.

-- Fixed bugs of Select dialog.

-- Changed to confirm how the settings will be saved when the settings of a
   future version exist in the registry.

-- Changed to display file sizes with units of GB or larger.

-- Changed to display the encryption status of the current connection.

-- Changed to display the progress of file transfer on the taskbar (Windows 7
   or later only).

-- Added a function to move remote files to their parent directory.

-- Supported high DPI displays.
   The interface such as the menu will look smooth on high DPI displays.

-- Added a feature to export settings as FileZilla XML format.

-- Added an option not to use weak encryption methods for each host.
   This refuses SSL 3.0 or older and encryption algorithms whose keys are
   shorter than 128 bits.
   This feature is enabled by default.

-- Added the default settings to the host list.
   This is used for the initial state of new hosts and Quick Connect.

-- Added an option to abort file transfer if failed in obtaining file lists
   before it.
   This feature is enabled by default.

-- Changed to enable reconnection after transfer errors by default.


Outline
-------
FTP client software with GUI


Files
-----
ffftp.exe -------- Executable file
ffftp.txt -------- This file
jre32.dll -------- Regular expression search DLL

Sorry, no help file available.


Installation
------------
Double click FFFTP Package icon.


Uninstall
---------
Use Add/Remove Program icon from Control Panel.


Warranty Disclaimer
-------------------
- FFFTP is FREE software for all purpose .


License Agreement
-----------------
Copyright(C) 1997-2010, Sota & cooperators. All rights reserved.
Copyright (C) 2011-2015 FFFTP Project (Hiromichi Matsushima, Suguru Kawamoto, IWAMOTO Kouichi, vitamin0x, unarist, Asami, fortran90, tomo1192, Yuji Tanaka, Moriguchi Hirokazu, Fu-sen).

Redistribution and use in source and binary forms, with or without 
modification, are permitted provided that the following conditions 
are met:

 1. Redistributions of source code must retain the above copyright 
    notice, this list of conditions and the following disclaimer.
 2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright 
    notice, this list of conditions and the following disclaimer in the 
    documentation and/or other materials provided with the distribution.

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE AUTHOR ``AS IS'' AND ANY EXPRESS OR 
IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES 
OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. 
IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, 
INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, 
BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF 
USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON 
ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT 
(INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF 
THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.


AES encryption/decryption code is following license.
----------------------------------------------------
Copyright (c) 1998-2008, Brian Gladman, Worcester, UK. All rights reserved.

LICENSE TERMS

The redistribution and use of this software (with or without changes)
is allowed without the payment of fees or royalties provided that:

1. source code distributions include the above copyright notice, this
list of conditions and the following disclaimer;

2. binary distributions include the above copyright notice, this list
of conditions and the following disclaimer in their documentation;

3. the name of the copyright holder is not used to endorse products
built using this software without specific written permission.

DISCLAIMER

This software is provided 'as is' with no explicit or implied warranties
in respect of its properties, including, but not limited to, correctness
and/or fitness for purpose.


This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit.

  OpenSSL License
  ---------------

Copyright (c) 1998-2011 The OpenSSL Project.  All rights reserved.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted provided that the following conditions
are met:

1. Redistributions of source code must retain the above copyright
   notice, this list of conditions and the following disclaimer. 

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
   notice, this list of conditions and the following disclaimer in
   the documentation and/or other materials provided with the
   distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this
   software must display the following acknowledgment:
   "This product includes software developed by the OpenSSL Project
   for use in the OpenSSL Toolkit. (http://www.openssl.org/)"

4. The names "OpenSSL Toolkit" and "OpenSSL Project" must not be used to
   endorse or promote products derived from this software without
   prior written permission. For written permission, please contact
   openssl-core@openssl.org.

5. Products derived from this software may not be called "OpenSSL"
   nor may "OpenSSL" appear in their names without prior written
   permission of the OpenSSL Project.

6. Redistributions of any form whatsoever must retain the following
   acknowledgment:
   "This product includes software developed by the OpenSSL Project
   for use in the OpenSSL Toolkit (http://www.openssl.org/)"

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE OpenSSL PROJECT ``AS IS'' AND ANY
EXPRESSED OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR
PURPOSE ARE DISCLAIMED.  IN NO EVENT SHALL THE OpenSSL PROJECT OR
ITS CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL,
SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT
NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES;
LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION)
HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT,
STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE)
ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED
OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

====================================================================

This product includes cryptographic software written by Eric Young
(eay@cryptsoft.com).  This product includes software written by Tim
Hudson (tjh@cryptsoft.com).

 Original SSLeay License
 -----------------------

Copyright (C) 1995-1998 Eric Young (eay@cryptsoft.com)
All rights reserved.

This package is an SSL implementation written
by Eric Young (eay@cryptsoft.com).
The implementation was written so as to conform with Netscapes SSL.

This library is free for commercial and non-commercial use as long as
the following conditions are aheared to.  The following conditions
apply to all code found in this distribution, be it the RC4, RSA,
lhash, DES, etc., code; not just the SSL code.  The SSL documentation
included with this distribution is covered by the same copyright terms
except that the holder is Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

Copyright remains Eric Young's, and as such any Copyright notices in
the code are not to be removed.
If this package is used in a product, Eric Young should be given attribution
as the author of the parts of the library used.
This can be in the form of a textual message at program startup or
in documentation (online or textual) provided with the package.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted provided that the following conditions
are met:
1. Redistributions of source code must retain the copyright
   notice, this list of conditions and the following disclaimer.
2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
   notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
   documentation and/or other materials provided with the distribution.
3. All advertising materials mentioning features or use of this software
   must display the following acknowledgement:
   "This product includes cryptographic software written by
    Eric Young (eay@cryptsoft.com)"
   The word 'cryptographic' can be left out if the rouines from the library
   being used are not cryptographic related :-).
4. If you include any Windows specific code (or a derivative thereof) from 
   the apps directory (application code) you must include an acknowledgement:
   "This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com)"

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY ERIC YOUNG ``AS IS'' AND
ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE
ARE DISCLAIMED.  IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR OR CONTRIBUTORS BE LIABLE
FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL
DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS
OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION)
HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT
LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY
OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
SUCH DAMAGE.

The licence and distribution terms for any publically available version or
derivative of this code cannot be changed.  i.e. this code cannot simply be
copied and put under another distribution licence [including the GNU Public Licence.]


============================================================
【ソフト名】 FTPクライアント FFFTP(OSDN版) Ver 1.99
【動作確認環境】 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista, XP, 2000
【サポート】 http://osdn.jp/projects/ffftp/
============================================================

INIファイルについて
--------------------------

Ver.1.98よりINIファイルの文字コードが変更されたため、Ver.1.97b以前で
保存したINIファイルが読み込めなくなっていましたが、Ver.1.98b以降では
再び読み込めるようになりました。

なおVer.1.98以降で保存されたINIファイルはVer.1.97b以前で読み込むことが
出来ませんので、Ver.1.97b以前へ戻す場合は設定をINIファイルではなく
レジストリに保存するように変更する必要があります。


マスターパスワードについて
--------------------------

Ver.1.96d+009以降でマスターパスワードを導入しました。

FFFTP Ver.1.96d+009以降を最初に起動した時、接続メニューの設定→
マスターパスワードの設定でマスターパスワードを設定して
使用してください。マスターパスワードを設定すると、FFFTP起動時に
マスターパスワードの入力が求められますので、入力してください。


Ver 1.99での変更点
-------------------

・Windows 8.1 (32bit/64bit)で動作を確認しました。

・Windows 10 (32bit/64bit)で動作を確認しました。

・64bit版が利用可能になりました。
 これにより64bit版Windowsで特定の操作が制限されるのを回避できます。

・ソフトウェアの自動更新機能を追加しました。
 既定では7日ごとに専用のサーバーに接続して更新があるかどうか確認し、
 更新があれば更新を適用するかどうかユーザーに確認します。

・マスターパスワードを用いて全ての設定を暗号化する機能を追加しました。
 マルウェアや第三者により設定から個人情報を読み取られなくなりますが、
 1.98g以前では設定を読み込めなりますので注意してください。
 この機能は既定では無効になっています。

・INIファイルが改変されBOMが付加されている場合にクラッシュするバグを
 修正しました。

・接続時にユーザー名が常にUTF-8でホストに送信されるバグを修正しました。
 1.98以降で半角英数字以外の文字が含まれるユーザー名でログインできない
 問題が解決されます。

・MLSDコマンドの応答が大文字を含む場合に認識しないバグを修正しました。

・ローカル側のファイル一覧の自動更新を無効にする設定を追加しました。

・処理内容を自動的に古い行から削除する設定を追加しました。
 一部の環境で長時間操作した場合に動作が重くなる問題が緩和されます。

・ホストのファイル名の漢字コードとしてUTF-8 HFS+に対応しました
 (Windows Vista以降のみ)。
 Mac OS X上で動作するホストとファイルを送受信する際にファイル名の
 ひらがなやカタカナの濁点や半濁点が正しく扱われるようになります。

・ホストのファイル名の漢字コードの自動判別の精度を改善しました。

・選択ダイアログが正常に機能しないバグを修正しました。

・レジストリに将来のバージョンの設定が存在する場合に設定の保存方法を
 確認するようにしました。

・ファイルサイズ表記にGB以上の単位を表示するようにしました。

・タイトルバーに現在の接続の暗号化状態を表示するようにしました。

・タスクバーにファイル転送の進捗状況を表示するようにしました
 (Windows 7以降のみ)。

・リモート側のファイルをその一つ上のディレクトリに移動する機能を追加
 しました。

・高DPIディスプレイに対応しました。
 高DPIディスプレイに表示する際にメニューなどの表示が滑らかになります。

・設定をFileZilla XML形式にエクスポートする機能を追加しました。

・ホストの設定に弱い暗号化方式を使用しない設定を追加しました。
 SSL 3.0以前や鍵の強度が128ビット未満の暗号を拒否するようになります。
 この機能は既定では有効になります。

・ホスト一覧に既定の設定を追加しました。
 新規ホストの作成時やクイック接続時の初期状態として使用されます。

・ファイル転送前のファイル一覧取得時にエラーが発生した場合に転送を
 中止する設定を追加しました。
 この機能は既定では有効になります。

・ファイルの転送に失敗した場合に再接続する設定を既定で有効にしました。


Ver 1.96d以前へ戻す場合
-----------------------

このバージョンを使用したあとで1.96d以前のバージョンに戻した場合、
ホストの設定のパスワードは入力し直す必要があります。


FFFTPの概要
-----------

GUIを持つFTPクライアントソフトです。

☆ファイルリストの部分とファイル転送が別スレッドなので、ファイル転送を
 しながら新たなファイル操作ができます。

☆ミラーリングアップロード機能により、ローカルのファイル構成と同じ物を
 ホスト側に作ることが出来ます。

☆漢字コードの変換ができます。

☆漢字のファイル名を扱うことができます。

☆サブディレクトリを含めたファイルの転送ができます。

☆ファイルの転送を、いつでも中断できます。
 また、以前ダウンロードを中断したファイルがある時、その続きをダウン
 ロードできます。

☆各種FireWall、SOCKS、ワンタイムパスワードに対応しています。


ファイル構成
------------

ffftp.exe -------- 実行ファイル
ffftp.hlp -------- ヘルプファイル
ffftp.cnt --------  〃
ffftp.txt -------- このファイル
history.txt ------ 改版履歴
jre32.dll -------- 正規表現検索DLL


アンインストール方法
--------------------

■Windows 7、Vista
コントロールパネルの「プログラムと機能」でアンインストールしてください。

■Windows XP、2000、98、Me
コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」でアンインストール
してください。


ご利用にあたり
--------------

・FFFTPはフリー・ソフトウエアです。個人使用、業務使用のいずれでも、
 ご自由にご利用ください。

・ソフトウエアは十分にテストをしていますが、お使いのパソコン環境や、
 プログラムの不具合などによって問題が生じる場合があります。それにより
 損害が生じても、損害に対する保証は出来かねますので、あらかじめご了承
 ください。

・詳細はライセンスをご覧ください。


ライセンス
----------

本ソフトウエアおよびそのソースコードは、修正BSDライセンスに従うものと
します。

Copyright(C) 1997-2010, Sota & cooperators. All rights reserved.
Copyright (C) 2011-2015 FFFTP Project (Hiromichi Matsushima, Suguru Kawamoto, IWAMOTO Kouichi, vitamin0x, unarist, Asami, fortran90, tomo1192, Yuji Tanaka, Moriguchi Hirokazu, Fu-sen).

Redistribution and use in source and binary forms, with or without 
modification, are permitted provided that the following conditions 
are met:

 1. Redistributions of source code must retain the above copyright 
    notice, this list of conditions and the following disclaimer.
 2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright 
    notice, this list of conditions and the following disclaimer in the 
    documentation and/or other materials provided with the distribution.

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE AUTHOR ``AS IS'' AND ANY EXPRESS OR 
IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES 
OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. 
IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, 
INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, 
BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF 
USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON 
ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT 
(INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF 
THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

*** 以下は日本語訳(参考) ***

Copyright(C) 1997-2010 Sota & ご協力いただいた方々. All rights reserved.
Copyright (C) 2011-2015 FFFTP Project (Hiromichi Matsushima, Suguru Kawamoto, IWAMOTO Kouichi, vitamin0x, unarist, Asami, fortran90, tomo1192, Yuji Tanaka, Moriguchi Hirokazu, Fu-sen).

ソースコード形式でもバイナリ形式でも、変更の有無に関わらず、以下の条件を
満たす場合に、再配布および使用を許可します。

 1. ソースコード形式で再配布する場合、上記著作権表示、本条件および下記
    責任限定規定を必ず含めてください。
 2. バイナリ形式で再配布する場合、上記著作権表示、本条件および下記責任
    限定規定を、配布物と共に提供される文書および/または他の資料に必ず
    含めてください。

本ソフトウェアは、著作権者によって「現状のまま」提供されるものとし、 
明示黙示を問わず、商品として通常期待される品質を備えているという保証や、
特定の目的に適合するとの保証を含め、何の保証もなされません。
事由や損害発生の原因の如何を問わず、且つ責任の根拠が契約、厳格責任、
不法行為(過失などを含む)であるかを問わず、仮にそのような損害が発生する
可能性を知らされていたとしても、本ソフトウェアの使用から発生した直接損害、
間接損害、偶発的な損害、特別損害、懲罰的損害または結果損害のいずれに
対しても(代替品またはサービスの調達、使用機会やデータ、利益の損失の
補償、または業務の中断に対する補償を含め)、著作権者は責任をいっさい負い
ません。


AES暗号化のコードについては、以下のライセンスとなります。

Copyright (c) 1998-2008, Brian Gladman, Worcester, UK. All rights reserved.

LICENSE TERMS

The redistribution and use of this software (with or without changes)
is allowed without the payment of fees or royalties provided that:

1. source code distributions include the above copyright notice, this
list of conditions and the following disclaimer;

2. binary distributions include the above copyright notice, this list
of conditions and the following disclaimer in their documentation;

3. the name of the copyright holder is not used to endorse products
built using this software without specific written permission.

DISCLAIMER

This software is provided 'as is' with no explicit or implied warranties
in respect of its properties, including, but not limited to, correctness
and/or fitness for purpose.


FTP over SSL/TLSの実装にはOpenSSLを使用しています。
This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit.

  OpenSSL License
  ---------------

Copyright (c) 1998-2011 The OpenSSL Project.  All rights reserved.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted provided that the following conditions
are met:

1. Redistributions of source code must retain the above copyright
   notice, this list of conditions and the following disclaimer. 

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
   notice, this list of conditions and the following disclaimer in
   the documentation and/or other materials provided with the
   distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this
   software must display the following acknowledgment:
   "This product includes software developed by the OpenSSL Project
   for use in the OpenSSL Toolkit. (http://www.openssl.org/)"

4. The names "OpenSSL Toolkit" and "OpenSSL Project" must not be used to
   endorse or promote products derived from this software without
   prior written permission. For written permission, please contact
   openssl-core@openssl.org.

5. Products derived from this software may not be called "OpenSSL"
   nor may "OpenSSL" appear in their names without prior written
   permission of the OpenSSL Project.

6. Redistributions of any form whatsoever must retain the following
   acknowledgment:
   "This product includes software developed by the OpenSSL Project
   for use in the OpenSSL Toolkit (http://www.openssl.org/)"

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE OpenSSL PROJECT ``AS IS'' AND ANY
EXPRESSED OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR
PURPOSE ARE DISCLAIMED.  IN NO EVENT SHALL THE OpenSSL PROJECT OR
ITS CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL,
SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT
NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES;
LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION)
HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT,
STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE)
ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED
OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

====================================================================

This product includes cryptographic software written by Eric Young
(eay@cryptsoft.com).  This product includes software written by Tim
Hudson (tjh@cryptsoft.com).

 Original SSLeay License
 -----------------------

Copyright (C) 1995-1998 Eric Young (eay@cryptsoft.com)
All rights reserved.

This package is an SSL implementation written
by Eric Young (eay@cryptsoft.com).
The implementation was written so as to conform with Netscapes SSL.

This library is free for commercial and non-commercial use as long as
the following conditions are aheared to.  The following conditions
apply to all code found in this distribution, be it the RC4, RSA,
lhash, DES, etc., code; not just the SSL code.  The SSL documentation
included with this distribution is covered by the same copyright terms
except that the holder is Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

Copyright remains Eric Young's, and as such any Copyright notices in
the code are not to be removed.
If this package is used in a product, Eric Young should be given attribution
as the author of the parts of the library used.
This can be in the form of a textual message at program startup or
in documentation (online or textual) provided with the package.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without
modification, are permitted provided that the following conditions
are met:
1. Redistributions of source code must retain the copyright
   notice, this list of conditions and the following disclaimer.
2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
   notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
   documentation and/or other materials provided with the distribution.
3. All advertising materials mentioning features or use of this software
   must display the following acknowledgement:
   "This product includes cryptographic software written by
    Eric Young (eay@cryptsoft.com)"
   The word 'cryptographic' can be left out if the rouines from the library
   being used are not cryptographic related :-).
4. If you include any Windows specific code (or a derivative thereof) from 
   the apps directory (application code) you must include an acknowledgement:
   "This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com)"

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY ERIC YOUNG ``AS IS'' AND
ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE
ARE DISCLAIMED.  IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR OR CONTRIBUTORS BE LIABLE
FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL
DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS
OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION)
HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT
LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY
OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
SUCH DAMAGE.

The licence and distribution terms for any publically available version or
derivative of this code cannot be changed.  i.e. this code cannot simply be
copied and put under another distribution licence [including the GNU Public Licence.]


変更履歴

FFFTP version history.

Changes in Ver.1.99
--------------------

-- Tested on Windows 8.1 (32bit/64bit).

-- Tested on Windows 10 (32bit/64bit).

-- 64bit version is now available.
   This works around the certain restriction on 64bit Windows.

-- Added the feature of automatic software update.
   It will connect to the dedicated server to check whether there are updates
   every 7 days by default, and then confirm whether to apply them.

-- Added a feature to encrypt the all settings with the master password.
   This prevents malwares and third parties from skimming personal information.
   Please note that 1.98g or former versions cannot read encrypted settings.
   This feature is disabled by default.

-- Fixed bugs that the apprication did not start when the INI file was modified
   and BOM was inserted in it.

-- Fixed bugs that user names which were sent to hosts were always encoded into
   UTF-8.

-- Fixed bugs of recognition of MLSD responses that include uppercase letters.

-- Added an option to disable automatic refresh of the local view.

-- Added an option to dispose old logs automatically.

-- Supported UTF-8 HFS+ file name encoding (Windows Vista or later only).

-- Improved automatic detection of Kanji code of filenames.

-- Fixed bugs of Select dialog.

-- Changed to confirm how the settings will be saved when the settings of a
   future version exist in the registry.

-- Changed to display file sizes with units of GB or larger.

-- Changed to display the encryption status of the current connection.

-- Changed to display the progress of file transfer on the taskbar (Windows 7
   or later only).

-- Added a function to move remote files to their parent directory.

-- Supported high DPI displays.
   The interface such as the menu will look smooth on high DPI displays.

-- Added a feature to export settings as FileZilla XML format.

-- Added an option not to use weak encryption methods for each host.
   This refuses SSL 3.0 or older and encryption algorithms whose keys are
   shorter than 128 bits.
   This feature is enabled by default.

-- Added the default settings to the host list.
   This is used for the initial state of new hosts and Quick Connect.

-- Added an option to abort file transfer if failed in obtaining file lists
   before it.
   This feature is enabled by default.

-- Changed to enable reconnection after transfer errors by default.

Changes in Ver.1.98g2
--------------------

-- Fixed the issue that the installer was contaminated by a file for the ZIP
   version.

-- Fixed bugs that the message indicating that SSL/TLS root CAs had been
   modified was displayed.

Changes in Ver.1.98g1
--------------------

-- Updated OpenSSL.

-- Updated SSL/TLS root CAs.

Changes in Ver.1.98g
--------------------

-- Tested on Windows 8 (32bit/64bit).

-- Added an option to overwrite files only if they are larger than their
   originals.

-- Added an option to set a local Kanji code chosen at startup.

-- Changed to directly show Browse For Folder dialog on clicking Change Folder
   button in the local side.

-- Improved conditions to send commands for keep alive.
   Less likely to fail such as when deleting a large number of files.

-- Supported the file list format of uClinux.

-- Fixed bugs that unexpected files were deleted when removing a directory
   which includes symbolic links.

-- Added an option to handle of seconds of time stamps.

-- Added an option to display file permissions in numbers.

-- Added an option to reconnect after transfer errors.
   This may work around the limitations on the transfer amount or time per
   session.

-- Fixed bugs that the file transfer might be aborted on operating the main
   window if reusing sockets of the main window was enabled and you operated
   the main window while files were transferring.

-- Added an option to control NATs with Universal Plug and Play on non PASV
   mode connections (Windows XP or later only).
   This allows computers that are under NATs that have private IP addresses to
   listen for connections with PORT commands.

-- Supported the file list format of Windows Server 2008 R2.

-- Added an option to turn on/off stateful FTP filtering of Windows Firewall
   (Windows Vista or later only).
   This may improve communication conditions in the case that FTPES connection
   used to be interrupted or that the computer has only private IP addresses.

Changes in Ver.1.98f
--------------------

-- Fixed bugs of incorrect behavior of Select dialog.

-- Added an option for retaining timestamps on uploading.

-- Changed to require the current master password before changing it.

-- Fixed bugs that files in a temporary folder was shown in local file list
   after files in a host had been dropped into other applications.

-- Shortened intervals between keep alive packets.

-- Fixed bugs that UI was unlocked in some cases when commands were being sent
   over the socket of main window.

-- Added extensions of files that will be transferred in ASCII mode.

-- Extended command line options.

-- Changed to try SSL when a host cannot recognize TLS on FTPS Explicit.

-- Fixed bugs that corruption was caused when strings were converted from
   UTF-8 to Shift_JIS on Windows Vista or later.

-- Changed to refresh the local view automatically when files in the current
   directory are modified.

Changes in Ver.1.98e
--------------------

-- Fixed bugs that an inputted password is ignored if failed in login.

-- Fixed bugs to crash under multicore CPU environment.

-- Changed the location of temporary files.
   This resolves interference in file list caches between instances of FFFTP.

-- Supported the file list format of linux-ftpd.

-- Added a feature to show file icons on local file list view.

-- Supported HP NonStop Server (provided by Yuji Tanaka).

-- Fixed bugs of missing some comannds at reconnecting
   (provided by Yuji Tanaka).

-- Fixed several messages (provided by Moriguchi Hirokazu).

-- Fixed bugs of setting incorrect file timestamps by MDTM command.

-- Fixed bugs that drag-and-drop was enabled during deleting files.

-- Enhanced error handling of transferring files.

-- Enabled reusing sockets of the main window by default.

-- Fixed bugs that attributes of existing files were changed on uploading with
   renaming by hosts.

-- Fixed bugs of hanging on exit in some cases.

-- Fixed bugs of hanging at accessing non-existent directories without full
   path.

-- Changed behavior of Auto of network type selection.
   Name resolution and connection will be performed at same time on IPv4 and
   IPv6, and whichever finished earlier will be used.

-- Disabled saving settings in the registry about ZIP version copies.
   To save in the registry, please remove "portable" the file.

-- Fix bugs of corruption of the extensions columns.

-- Added support for some MLSD responses that do not conform to RFC 3659.

Changes in Ver.1.98d
--------------------

-- MLSD command became used for retrieving filenames on appropriate hosts.
   That is helpful for hosts that do not return filenames properly.

-- Enhanced communication routines to reduce waiting time.

-- Changed to display responses from hosts after decoding as Kanji code of
   filenames.

-- Fixed bugs of arbitrary code execution in saving registry settings to a
   file.

-- Fixed bugs of launching wrong files if correct ones contain no extensions.

-- Internet Protocol Version 6 became available.
   IPv6 will be used when name resolution for IPv4 is unavailable by default.

-- Changed to detect encoding of strings in INI file automatically.

-- Changed to verify SSL/TLS certificates with root CAs in FTPS connections.
   Please modify "ssl.pem" in PEM format if you want to update root CA list.

-- Added a feature to send commands for keep alive.
   This is disabled by default.

-- Reduced chance of stopping transfer when numerous files are transfered.

-- Added a feature to retry transfering files if failed.

-- Enhanced automatic detection of Kanji code of filenames.

Changes in Ver.1.98c
--------------------

-- Changed to connect to hosts with Punycode if their names contain
   international characters.

-- Fixed bugs of resetting the current directory on reconnection.

-- FTP over Implicit SSL/TLS became available.

-- Fixed bugs of corruption on resuming downloading files larger than 4GB.

-- Fixed communication routines to match specifications of Windows 2000.

-- Enhanced responses of aborting.

-- Fixed bugs of INI file backup.

-- Fixed bugs of handling multi-byte character filenames on hosts whose Kanji
   code of filenames are Shift_JIS.

-- Added support for UTF-8 (without BOM) conversion under ASCII mode transfer.
   UTF-8 added in 1.98 was renamed UTF-8 BOM.

-- Changed size and layout of the window at the first run.

-- Added settings to reuse connection of the main window for transfer threads.
   This may allow to transfer files successfully as with 1.97b or earlier,
   but sometimes may cause some errors.

Changes in Ver.1.98b
--------------------

-- Added the feature that prevents from loading untrustworthy DLLs.
   It reduces the chance of being intercepted or tampered with passwords and
   data.
   Please add --protect to command line options to use this feature.
   If slowdown or crash occured, you may adjust the protection level with
   --protect-medium or --protect-low option.

-- Changed to confirm SSL certificate on first time connection with FTPS.

-- Changed to reuse SSL sessions of FTPS control connection.

-- Reduced chance of crash when numerous files are transfered.

-- Fixed bugs of copying URL to clipboard.

-- Added support for migration from 1.97b or earlier through INI file.

-- Added settings to disallow unencrypted FTP.

-- Fixed bugs of arbitrary code execution from the context menu.

Changes in Ver.1.98a
--------------------

-- Fixed bugs of character corruption of host list dialog.

-- Fixed bugs of playing sound whose filename contains multi-byte characters.

-- Fixed bugs of printing logs of transfer rate.

-- Changed behavior of filename encoding settings migration from 1.97b.

-- Reduced chance of failure of connecting to hosts that do not support FTPS.

-- Changed behavior of entering a new master password.

-- Removed the log size limit.

Changes in Ver.1.98
--------------------

-- SourceForge.JP took over the development.
   Thanks Mr. Sota for FFFTP the most sophisticated FTP client.

-- Fixed bugs to crash under multicore CPU environment.

-- Changed internal characters into UTF-8.

-- JRE32.DLL became unavailable. (It does not support UTF-8.)

-- Shift_JIS, JIS, EUC and UTF-8 conversion under ASCII mode transfer became
   available.

-- Changed default Kanji code of filenames on hosts into UTF-8.

-- Filenames that depend Unicode characters can be treated.

-- Disabled file list cache by default.

-- FTP over Explicit SSL/TLS became available.
   Passwords, user names and files are encrypted on the connections to
   appropriate hosts.

-- Replaced UTF-8N with UTF-8. (They are identical in this case.)

-- Added the simultaneous connections feature up to 4.

Changes in Ver.1.97b
--------------------

-- Fixed Drag & Drop to the Explorer does not works when select multiple files
   or folders.


Changes in Ver.1.97a
--------------------

-- Fixed when your password is longer than 32 characters, FFFTP saves only
   first 32 characters.

-- Fixed FFFTP causes application error on Windows 2000.

Changes in Ver.1.97
-------------------

-- Now you can use master password.
   This function is made by Gengen-san. Thanks.
   When you use this virsion first, set master password from following menu.
    File -> Settings -> Change Master password

-- Now passwords are encrypted with AES.
   This function is made by Moca-san. Thanks.

Changes in Ver.1.96d
--------------------

-- Fixed IBM Extended Kanji Code was not converted when host's Kanji code 
   was set to EUC or JIS.

-- Fixed FFFTP reacts when user presses some keys (ex. BackSpace key) on 
   the help window.

Changes in Ver.1.96c
--------------------

-- Fixed Directory Traversal Vulnerability.

Changes in Ver.1.96b
--------------------

-- Change font of the file move confirmation dialog.

Changes in Ver.1.96a
--------------------

-- Supports file list which has one space character in a group name.

Changes in Ver.1.96
--------------------

-- The confirmation dialog is displayed when move file on the host.
   This setting can be changed.
   (Options - Settings - Operation)

-- Fixed FFFTP sometimes freeze when user clicks both mouse buttons on the 
   toolbar. (Thank you sunasunamix-san.)

-- Fixed FFFTP works incorrect when drop files to the title line of the file 
   list of the detailes mode.

Changes in Ver.1.95
--------------------

This version is modified by miau-san.

-- Move focus to the address bar by the ALT+D key.

-- Move focus from the address bar to the file list by the TAB key.

-- Change transfer mode (ASCII -> BINARY -> AUTO) by the Ctrl+M Key.

-- Focus top of the file list immediately after reading the file list.

-- Disable accelerator key while reading the file list.

-- If Veiwer2 or Viewer3 (on the tool setting window) prefixed "d ", it 
   assumed differential viewer. 
   If you select one file on the host file list and start the differential 
   viewer, FFFTP carries two file name to the viewer, one is the file name 
   on the host side and the other is the same file name on the local side.

-- Fixed unexpected disconnect when download is error because of local file 
   is read only.

-- Show notify dialog when download destination local file is read only.

Changes in Ver.1.94a
--------------------

-- Change temporary file handling while drag and drop. (Yutaka Hitrata-san)

-- Disable FFFTP main window operation while drag and drop. 
   (Yutaka Hitrata-san)

Changes in Ver.1.94
--------------------

-- Yutaka Hirata-san imprements OLE Drag & Drop using with nakka-san's 
   library. Now you can drag and drop from FFFTP to the exploler.

-- Yutaka Hirata-san imprements file move function in the host side file
   list window. Now you can move files to the child folder.

Changes in Ver.1.93
--------------------

-- Added setting of UTF-8N encoding.
-- Show application menu when SHIFT-F10 key is pressed.

Changes in Ver.1.92c
--------------------

-- Expand transfer buffer size to increase speed.

Changes in Ver.1.92b
--------------------

-- Fix 'Save settings to file' and 'Load settings from file' function does 
   not work on Windows Vista.

Changes in Ver.1.92a
--------------------

-- Use LIST command to get file names from server.
-- Use PASV mode default.
-- Anonymous FTP sites are no longer registerd when start the FFFTP first.

Changes in Ver.1.92
--------------------

-- Fixed application error on PASV mode.
-- Fixed pathname length was limited by the windows size which above on the 
   file list window.
-- Support file list format of Chinese Solaris.
-- Added setting of replace @ by the any character on Firewall.
-- Fixed write to registory unexpectedly when INI file which specified by 
   the '-n' option is not exist.
-- Now support "Koushin Fuutauk".

Changes in Ver.1.91
--------------------
-- Fixed Timezone displayed erroneus.
-- Support ShibaSoku WL Series file list format. (Set Host Type on the Host 
   Setting Window.)

Changes in Ver.1.90
--------------------
- Transfer speed improved.
- Add new firewall type. ("USER FW user:FW password@host")
- Fixed file size diaplayed erroneus when over 2 giga bytes.
- Improve download abortion process.
- Now file size divides and diaplays every 3 figure.
- Remove drive names from file list.
- Fixed "Load setting from file" command failes when folder name has space
  character. (such as "My Documents")
- Turn on "Confirm deletions during Mirror Upload" option switch by default.

Changes in Ver.1.89b
--------------------
- Fixed Mirror Upload / Mirror Download bug.

Changes in Ver.1.89a
--------------------
- Fixed file list not refreshed after upload.

Changes in Ver.1.89
--------------------
- Transfer speed improved.
- Fixed Transfer Status Window didn't close after the transfer complete.
- Fixed FFFTP was stalled when received unexpected PASV server message.
- Fixed server message processing.
- Add "Load Setting from File" menu.
- Support Agilent Logic Analyzer. (Set Host Type on the Host Setting Window.)

Changes in Ver.1.88b
--------------------
- Refine dialog and menu messages. (Thank you Mr.Jim.)

Changes in Ver.1.88a
--------------------
- Fixed "Cannot remove FFFTP" error message diaplayed.

Changes in Ver.1.88
-------------------
- Change to use the Registory to save settings when run first.
- Add Save Serrings function.
  (File -> Settings -L Save settings to file)
- Now max 40 characters Owner name is displaied on file list.
- Open folder when drag & drop a file to local file list from the explorer.
- Page scroll when SHIFT + Mouse Wheel.
- Fixed mouse wheel scroll didn't work when multi monitor.
- Fixed noise displaied around the file list window.

Changes in Ver.1.87a
--------------------
- Fixed forget bookmark.

Changes in Ver.1.87
--------------------
- Fixed no dialup entry diaplayed on Windows9x.
- Reconnect automatically when oprate by the user after disconnected cause 
  of timeout from the host.

Changes in Ver.1.86a
--------------------
- Fixed download terminated incorrectly.

Changes in Ver.1.86
--------------------
- Renew process again to fix file transfer sometimes did not start 
  or stop.
- Disable strip host name feature added on 1.83.
- Support Windows XP's theme.
- Fixed display wrong format when file name has "&" character.
- Add No RAS Control option.
- Change path separater character to ">" when Stratus.
- Support OS9 server subfolder.
- Support server that replies following file list.
    -rwxrwxrwx SEQ 36203776 01/07/07 12:38:28 ABCDEFG
- Support server that replies following file list. (IBM server)
    MTS940 3390   2001/07/26  1    1  FB      80  3120  PS  FTPOUT.CNTL
- Support hidden drives.

Changes in Ver.1.85
--------------------
- Fixed file transfer sometimes did not start or stop.

Changes in Ver.1.84
--------------------
- Fixed file transfer sometimes did not start or stop.
- Fixed high CPU usage.
- Change anonymous FTP list.

Changes in Ver.1.83
--------------------
- You can type folder name into current folder window now.
- You can now copy log data with mouse dragging.
- Support server that replies file list which has any characters after 
  the owner and the group name.
- Strip host name when the URL enterd into host name window.
- Fixed freez until timeout when network is heavy.
- Fixed FFFTP did not terminate normally until file transfer is in 
  progress.

Changes in Ver.1.82
--------------------
- Use XPWD command first to get current folder.
- Add folder list button on change local folder dialog.
- Add -n command line option. (See ffftp -h)
- Support server that replies date string such as "5/14".
- Support OS9 server. (without sub-directory support)

Changes in Ver.1.81
--------------------
- File list that containes Ctrl-H are now displaied.
- Show error reason when file transfer error occured.
- Copying URL to clipboard include port number.
- Add default permission for folder.
- Fixed file date becomes future.

Changes in Ver.1.80
--------------------
- Fixed Ctrl-Shift-D did not work to start mirroring download.
- Change default setting to use INI file.
- Give priority to use INI file when both INI and Registory settings
  are existing.

Changes in Ver.1.79a
--------------------
- First English version.


FFFTP 改版リスト

■Ver 1.99

・Windows 8.1 (32bit/64bit)で動作を確認しました。

・Windows 10 (32bit/64bit)で動作を確認しました。

・64bit版が利用可能になりました。
 これにより64bit版Windowsで特定の操作が制限されるのを回避できます。

・ソフトウェアの自動更新機能を追加しました。
 既定では7日ごとに専用のサーバーに接続して更新があるかどうか確認し、
 更新があれば更新を適用するかどうかユーザーに確認します。

・マスターパスワードを用いて全ての設定を暗号化する機能を追加しました。
 マルウェアや第三者により設定から個人情報を読み取られなくなりますが、
 1.98g以前では設定を読み込めなりますので注意してください。
 この機能は既定では無効になっています。

・INIファイルが改変されBOMが付加されている場合にクラッシュするバグを
 修正しました。

・接続時にユーザー名が常にUTF-8でホストに送信されるバグを修正しました。
 1.98以降で半角英数字以外の文字が含まれるユーザー名でログインできない
 問題が解決されます。

・MLSDコマンドの応答が大文字を含む場合に認識しないバグを修正しました。

・ローカル側のファイル一覧の自動更新を無効にする設定を追加しました。

・処理内容を自動的に古い行から削除する設定を追加しました。
 一部の環境で長時間操作した場合に動作が重くなる問題が緩和されます。

・ホストのファイル名の漢字コードとしてUTF-8 HFS+に対応しました
 (Windows Vista以降のみ)。
 Mac OS X上で動作するホストとファイルを送受信する際にファイル名の
 ひらがなやカタカナの濁点や半濁点が正しく扱われるようになります。

・ホストのファイル名の漢字コードの自動判別の精度を改善しました。

・選択ダイアログが正常に機能しないバグを修正しました。

・レジストリに将来のバージョンの設定が存在する場合に設定の保存方法を
 確認するようにしました。

・ファイルサイズ表記にGB以上の単位を表示するようにしました。

・タイトルバーに現在の接続の暗号化状態を表示するようにしました。

・タスクバーにファイル転送の進捗状況を表示するようにしました
 (Windows 7以降のみ)。

・リモート側のファイルをその一つ上のディレクトリに移動する機能を追加
 しました。

・高DPIディスプレイに対応しました。
 高DPIディスプレイに表示する際にメニューなどの表示が滑らかになります。

・設定をFileZilla XML形式にエクスポートする機能を追加しました。

・ホストの設定に弱い暗号化方式を使用しない設定を追加しました。
 SSL 3.0以前や鍵の強度が128ビット未満の暗号を拒否するようになります。
 この機能は既定では有効になります。

・ホスト一覧に既定の設定を追加しました。
 新規ホストの作成時やクイック接続時の初期状態として使用されます。

・ファイル転送前のファイル一覧取得時にエラーが発生した場合に転送を
 中止する設定を追加しました。
 この機能は既定では有効になります。

・ファイルの転送に失敗した場合に再接続する設定を既定で有効にしました。

■Ver 1.98g2

・インストーラ版にZIP版のファイルが混入していた問題を修正しました。

・ルート証明書の変更が検出された旨のメッセージが表示されるバグを修正
 しました。

■Ver 1.98g1

・OpenSSLを更新しました。

・SSL/TLSのルート証明書を更新しました。

■Ver 1.98g

・Windows 8 (32bit/64bit)で動作を確認しました。

・ファイルの上書きの確認の際に元のファイルより大きければ上書きを行う
 機能を追加しました。

・起動時に選択されるローカルの漢字コードを設定できるようにしました。

・ローカル側のフォルダの移動ボタンをクリックした際にフォルダの参照
 ダイアログが直接表示されるように変更しました。

・接続維持用のコマンドを送信する条件を改善しました。
 ホスト側のファイルを大量に削除する時などで失敗しにくくなります。

・uClinuxのファイル一覧形式に対応しました。

・シンボリックリンクを含むディレクトリを削除すると想定外のファイルが
 削除されることがあるバグを修正しました。

・ファイルのタイムスタンプの秒単位を扱う設定を追加しました。

・ファイルの属性を数字で表示する設定を追加しました。

・ファイルの転送に失敗した場合に再接続する設定を追加しました。
 これによりセッションあたりの転送量または時間が制限されている場合に
 その制限を回避できる可能性があります。

・メインウィンドウのソケットを再利用する設定でファイルの転送中にメイン
 ウィンドウを操作すると転送に失敗することがあるバグを修正しました。

・非PASVモードで接続時にUniversal Plug and Play(略称UPnP)対応のNATや
 ルータを制御する設定を追加しました(Windows XP以降のみ)。
 UPnP対応であればNATやルータに接続されたプライベートIPアドレスを持つ
 コンピュータでもPORTコマンドで接続を待ち受けることができます。

・Windows Server 2008 R2のファイル一覧形式に対応しました。

・WindowsファイアウォールのステートフルFTPフィルタの設定を追加しました
 (Windows Vista以降のみ)。
 FTPESで接続が切断される場合は無効に、プライベートIPアドレスを持つ
 コンピュータでは有効にすると通信状態が改善されることがあります。

■Ver 1.98f

・選択ダイアログが正常に機能しないバグを修正しました。

・アップロード時にタイムスタンプを維持する設定を追加しました。

・マスターパスワードを変更する際に現在のマスターパスワードを入力する
 ように変更しました。

・ホスト側から外部アプリケーションへのドロップ後、ローカル側に作業
 フォルダの内容が表示されることがあるバグを修正しました。

・ソケット切断検出用のパケット送信の間隔を短くしました。

・メインウィンドウのソケットでコマンドを送信中にUIのロックが解除されて
 しまう場合があるバグを修正しました。

・アスキーモードで転送されるファイルの拡張子を追加しました。

・コマンドラインオプションを拡張しました。

・FTPS ExplicitでホストがTLSを受け付けない場合に続けてSSLを試すように
 変更しました。

・Windows Vista以降で文字列がUTF-8からShift_JISへ変換される時に破損する
 バグを修正しました。

・ローカル側のフォルダ内のファイルが変更された時にローカル側のファイル
 一覧を自動的に更新するように変更しました。

■Ver 1.98e

・ホストのパスワードが正しくない場合にパスワードを手動で再度入力しても
 ログインできないバグを修正しました。

・マルチコアCPUの特定環境下でクラッシュするバグを修正しました。

・作業ファイルを保存するフォルダの構成を変更しました。これによりFFFTPを
 複数起動してもキャッシュが干渉しなくなります。

・linux-ftpdのファイル一覧形式に対応しました。

・ローカル側のファイル一覧にアイコンを表示できるようにしました。

・HP NonStop Serverに対応しました(Yuji Tanaka氏提供)。

・再接続時にいくつかのコマンドが送信されないバグを修正しました
 (Yuji Tanaka氏提供)。

・UIの表記を一部修正しました(Moriguchi Hirokazu氏提供)。

・名前を指定してダウンロードでファイルの更新日時が正しく設定されない
 バグを修正しました。

・ファイルの削除中に、転送不可にもかかわらず、ファイルをドロップすると
 転送を開始するバグを修正しました。

・ファイルの転送に失敗した場合の挙動を改善しました。

・既定でメインウィンドウのソケットを再利用するように変更しました
 (以前の設定が存在し、同時接続数が1より大きい場合はその設定が適用
 されます)。

・アップロード時にホストが名前を付けた場合に元のファイル名のファイルの
 属性が変更されるバグを修正しました。

・終了時にフリーズすることがあるバグを修正しました。

・フルパスでアクセスしない設定で存在しないディレクトリにアクセスすると
 フリーズするバグを修正しました。

・ネットワークの種類を自動に設定している場合の挙動を変更しました。
 IPv4とIPv6の両方で名前解決と接続を同時に行い、先に接続が完了した方を
 使用します。

・ZIP版ではレジストリに設定を一切保存しないように変更しました。
 レジストリを使用するにはファイル"portable"を削除してください。

・ファイル一覧の種類の列が正しく表示されないバグを修正しました。

・一部のRFC 3659に準拠しないMLSDコマンドの応答に対応しました。

■Ver 1.98d

・MLSDコマンドに対応したホストではMLSDコマンドを用いてファイル一覧を
 取得するようにしました。LISTコマンドの応答に特定のファイルが
 含まれない一部のホストでも正しく列挙できる可能性が高くなります。

・通信のルーチンを待ち時間が減るように改善しました。

・ホストの応答をホストのファイル名の漢字コードでデコードしてからログに
 表示するように変更しました。

・レジストリの設定をファイルに保存するときに任意のコードが実行される
 可能性があるバグを修正しました。

・拡張子が無いファイルをダブルクリックした場合に選択されたものと異なる
 ファイルが表示されるバグを修正しました。

・ホストとの接続にInternet Protocol Version 6(略称IPv6)が使用できる
 ようになりました。デフォルトでは従来のIPv4で名前解決ができない場合に
 IPv6で接続を試みるようになります。

・INIファイルの文字列の文字コードを自動判別するように変更しました。

・メインウィンドウが使用している接続を転送用に再使用するための設定を
 追加しました。これにより1.97b以前で転送可能だったが1.98で転送不能に
 なるという症状が改善されますが、不具合が発生する可能性があります。

・FTPSで接続した時にSSL/TLSのルート証明書を用いてホストの証明書を検証
 するように変更しました。ルート証明書を更新するには同梱の"ssl.pem"
 ファイルをPEM形式に従って書き換えてください。

・ホストとの接続を維持するために一定時間ごとにコマンドを送信する機能を
 追加しました。ただしこの機能はデフォルトでは無効に設定されます。

・ホストのファイル名の漢字コードの自動判別の精度を改善しました。

■Ver 1.98c

・日本語ドメイン名のホストへの接続時にアドレスをPunycodeへ変換してから
 接続するように変更しました。

・ホストへの再接続時にホストの現在のディレクトリが再設定されないバグを
 修正しました。

・ホストとの接続にFTP over Implicit SSL/TLS(略称FTPS Implicit、
 FTPIS)が使用できるようになりました。

・ダウンロードのリジューム時に4GBを超えるファイルが正常に扱えないバグを
 修正しました。

・通信のルーチンをWindows 2000の仕様に合うように修正しました。

・中止ボタンの応答を改善しました。

・設定をINIファイルに保存している場合にINIファイルを日本語を含むパスに
 保存できないバグを修正しました。

・ホストのファイル名の漢字コードがShift_JISの場合に一部日本語を含む
 ファイル名を扱えないバグを修正しました。

・アスキーモード転送の際に行われる漢字コード変換で新たにUTF-8
 (BOMなし)への変換をサポートしました。1.98で追加されたUTF-8を
 UTF-8 BOMという名称に変更しました。

・初回起動時のウィンドウのサイズとレイアウトを変更しました(以前の
 バージョンの設定が残っている場合はその設定が適用されます)。

・大量のファイルを転送した時に途中で転送が終了するバグを軽減しました。

・ファイルの転送に失敗した場合に転送をやり直す機能を追加しました。

■Ver 1.98b

・信頼できないDLLの読み込みを防ぐ機能を追加しました。Microsoftの署名が
 無いDLLや改変されたDLLが読み込まれるのを強制的に回避することで、
 マルウェアなどによってパスワードやデータを傍受や改ざんされる可能性を
 低減します。この機能を使用するにはコマンドラインオプションに
 --protectを追加してください。動作が遅い場合や起動に失敗する場合は
 保護レベルを--protect-mediumか--protect-lowに調整してください。

・初めてFTPSでホストに接続した時にSSL/TLSの証明書を表示するように変更
 しました。

・FTPSのコントロール接続のSSLセッションを再利用するように変更しました。
 一部のホストでFTPSによる接続を拒否される問題が解消されます。

・大量のファイルを転送した時にクラッシュするバグを軽減しました。

・URLをクリップボードにコピーすると文字化けするバグを修正しました。

・1.97b以前の設定をINIファイルを通して引き継げるようにしました。

・暗号化なしでの接続を許可しないための設定を追加しました。

・右クリックで表示されるメニューを用いて任意のコードが実行される可能性
 があるバグを修正しました。

■Ver 1.98a

・ホスト一覧ダイアログが文字化けするバグを修正しました。

・ファイル名に日本語を含むサウンドが再生できないバグを修正しました。

・ログの転送結果が常に0 B/Sと表示されるバグを修正しました。

・1.97b以前の設定を引き継いだ場合にホストのファイル名の文字コードが
 UTF-8に設定されてしまうのを修正し、Shift_JISに変更しました。

・FTPSで接続を有効にすると非対応のホストに接続できないことがあるバグを
 軽減しました。

・入力中の新しいマスターパスワードが表示されないようになりました。
 新しいマスターパスワードを設定するには同じパスワードを2回入力する
 必要があります。

・処理内容のログのサイズ制限を撤廃しました。

■Ver 1.98

・FFFTPのオリジナル開発者であるSota氏がFFFTPの開発終了宣言を出した
 のに伴い、SourceForge.JPにて有志による今後の開発・バージョンアップ
 を行うことにしました。Sota氏が制作されたFFFTPには長い間お世話に
 なりました。

・マルチコアCPUの特定環境下でクラッシュするバグを暫定的に解消しました。

・内部の文字コードをUTF-8に変更しました。
・正規表現ライブラリのJRE32.DLLは使用できなくなりました(ライブラリが
 UTF-8に対応していないため)。

・アスキーモード転送の際に行われる漢字コード変換で、Shift_JIS、JIS、
 EUCに加えて新たにUTF-8への変換をサポートしました。

・漢字コード変換を行う際、ローカルのテキストファイルがShift_JISで記述
 されている必要はなくなり、Shift_JIS、JIS、EUC、UTF-8の4種類から変換
 元文字コードを選択できるようになりました。ただし、文字コードの自動
 判別は行われないため、正しく変換するにはあらかじめファイルの漢字
 コードを調べておく必要があります。

・ホストのファイル名の漢字コードは既定でUTF-8が選択されるようになり
 ました(以前のバージョンの設定が残っている場合はその設定が適用
 されます。以前のバージョンの無変換はShift_JISを示しています)。

・Unicode依存文字(中国語など)を含むファイル名を扱えるようになり
 ました。その際ホストのファイル名の漢字コードはUTF-8に設定されて
 いる必要があります。

・ファイル一覧のキャッシュは既定で無効化されました(以前のバージョンの
 設定が残っている場合はその設定が適用されます)。

・ホストとの接続にFTP over Explicit SSL/TLS(略称FTPS Explicit、
 FTPES)が使用できるようになりました。FTPS対応のホストとの通信は、
 パスワード、ユーザー名、ファイルの内容などが暗号化された状態で送受信
 されます。この機能はOpenSSLライブラリを使用して実装しています。

・UTF-8Nという名称をUTF-8に統一しました(この場合UTF-8と同義のため)。

・ファイル転送時のホストとの同時接続数を最大4まで設定できるように
 しました。

■Ver 1.97b

・ホスト側からエクスプローラにドラッグ&ドロップした時、ファイルやフォルダを
 2つ以上選択していた場合に、正常に動作しない場合があるのを修正しました。
 (Windows 7とVistaでは、ファイルがないというエラーが表示されます。
 Widnows XPでは、エクスプローラが無反応になります。)

■Ver 1.97a

・ホストに接続するパスワードが32文字以上の場合、最初の32文字までしか
 保存されないのを修正しました。

・Windows 2000でアプリケーションエラーになるのを修正しました。

・ヘルプのトップページから「漢字のファイル名について」にジャンプできない
 のを修正しました。

■Ver 1.97

・マスターパスワードの機能を導入しました。
 この機能は、げんげんさんが開発してくださったものです。ありがとうございます。
 このバージョンのFFFTPを最初に起動した時、接続メニューの設定→
 マスターパスワードの設定でマスターパスワードを設定して使用してください。
 マスターパスワードを設定すると、FFFTP起動時にマスターパスワードの入力が
 求められますので、入力してください。
 (げんげんさんのサイトで公開されていたFFFTP 1.96d+009相当の機能です。)

・パスワードの暗号化をAESを使用して行うようにしました。
 この機能はMocaさんが開発してくださったものです。ありがとうございます。
 パスワード保存時の暗号化の強度が高くなりました。
 (Mocaさんのサイトで公開されていたFFFTP 1.96d+009+aes002相当です。)

・上記のFFFTP 1.96d+009+aes002に、以下の変更を加えました。
 ・ヘルプを追加しました。
 ・FFFTP起動時のマスターパスワードの入力ウインドウに、キャンセルボタンを
  追加しました。マスターパスワードが思い出せず、いったんFFFTPの起動を
  キャンセルしたい時に使えます。
 ・マスターパスワードの入力では、入力したパスワードは●で表示されるように
  しました。それが慣例のようですので。

 なお、このバージョンを使用したあとで1.96d以前のバージョンに戻した場合、
 ホストの設定のパスワードは入力し直す必要があります。

■Ver 1.96d

・ホストの漢字コードをEUCまたはJISに設定したとき、IBM拡張文字(シフトJISコード
 で0xFA40~0xFC4B)が変換されないのを修正しました。
 この範囲の文字は、NEC選定IBM拡張文字等に変換します。

・ヘルプのウインドウでBackSpaceキーやEnterキーを押すと、FFFTP本体が反応して
 しまうのを修正しました。

■Ver 1.96c

・ディレクトリトラバーサルの脆弱性を修正しました。

■Ver 1.96b

・ホスト上でのファイル移動を行うときに表示する確認ダイアログが、Windows 9x
 では文字化けしていたのを修正しました。

■Ver 1.96a

・グループ名にスペースが一つ含まれているファイル一覧形式に対応しました。

■Ver 1.96

・ホスト上でのファイル移動を行うときに、確認ダイアログを表示するようにしま
 した。表示するかどうかの設定は変更できます。
 (オプション-環境設定-操作)

・ツールバー上でマウスの両ボタンを同時にクリックすると、FFFTPが無反応になる
 場合があるのを修正しました。(すなすなミックスさん、修正ありがとうござい
 ます。)

・ファイル一覧(詳細表示時)のタイトル行にドラッグ&ドロップしたときに、
 動作がおかしいのを修正しました。

■Ver 1.95

このバージョンの改造は、すべてmiauさんが改造されたものです。

・ファイルリスト部分で Alt+D 押下すると、アドレスバー部分にフォーカスを移動
 するようにしました。

・アドレスバー部分で TAB 押下すると、ファイルリストにフォーカスを移動する
 ようにしました。

・ファイルリスト部分で Ctrl+M 押下すると、転送モードをASCII→BINARY→AUTOの
 順で変更するようにしました。

・ファイル一覧の読み込み直後、先頭のファイルにフォーカスするようにしました。

・ファイル一覧の読み込み中は、アクセラレータキーを無効にしました。

・「オプション」→「ツール」で指定するビューア2とビューア3が "d "
 (d+半角スペース)で始まっている場合は、差分ビューアとして動作するように
 しました。詳細はヘルプの「環境設定-ツール」をご覧ください。

・ローカルファイルが読み取り専用/排他制御中のためダウンロードに失敗した
 場合も通信エラーとみなされ、サーバとの接続が切れてしまう問題を修正しました。

・ダウンロード先のファイルが読み取り専用の場合、「読み取り専用ファイルです。
 読み取り専用属性を解除しますか?」みたいなダイアログを出すようにしました。

■Ver 1.94a

・ドラッグ&ドロップでのテンポラリファイルの扱いを変更しました。(平田豊さん)

・ドラッグ&ドロップでのファイル転送中は、FFFTPのウインドウを操作できない
 ようにしました。(平田豊さん)

■Ver 1.94

・平田豊さんがnakkaさんのライブラリを使って、OLEドラッグ&ドロップを実装
 してくださいました。FFFTPからエクスプローラなどへのドラッグ&ドロップが
 できるようになりました。

・平田豊さんが、ホスト上でのファイルの移動を実装してくださいました。
 ホスト側にあるファイルを、子フォルダに移動させることができます。

■Ver 1.93

・サーバ側のファイル名としてUTF-8を選べるようにしました。
 (ホスト一覧-ホストの設定-文字コード)

・シフト+F10キーでアプリケーションメニューを表示するようにしました。

■Ver 1.92c

・転送高速化のためのバッファサイズ拡張が、無効になっていたのを修正しました。

■Ver 1.92b

・ヘルプがWindows Vistaで表示されなかったのを修正しました。
・「設定をファイルに保存」と「設定をファイルから復元」がWindows Vistaでエラーに
 なるのを修正しました。

■Ver 1.92a

・ファイル一覧を取得するときに、LISTコマンドを使用するようにしました。
・PASVモードを使用するのを標準にしました。
・FFFTPを最初に起動した時に、naanonymous FTPをあらかじめ登録しておくのを
 やめました。またこれに伴い、メールアドレスを聞くのをやめました。
 (anonymous FTPは使用しない人が多いため。)

 (今回のバージョンの変更に関しては、以前のバージョンで作成したホストの
  設定は、以前の設定のまま変わりません。新しく作成するホストの設定で
  上記の変更が反映されます。)

■Ver 1.92

・PASVモードの時に、サーバから返される文字列によってはアプリケーションエラー
 になるのを修正しました。
・ファイル一覧ウインドウの上にある、フォルダ名ウインドウに入力できる文字数が、
 ウインドウ幅に制限されていたのを修正しました。
・中国語Solarisのファイル一覧形式に対応しました。
・ファイアウォールの設定で「ユーザ名@ホスト名」のような設定のとき、「@」を
 別の文字に変更できるようにしました。
 (オプション-環境設定-FireWall)
・コマンドラインの"-n"オプションでINIファイルを指定したとき、INIファイルが
 無かったときにレジストリに書き込んでしまうのを修正しました。
・更新風鐸に対応しました。

■Ver 1.91

・ホストの設定の「ホストのタイムゾーン」の項目が、おかしな表示になっていた
 のを修正しました。
・シバソクWLシリーズのファイル一覧形式に対応しました。
 (ホストの設定-高度-ホストの種類 で「シバソクWL」を選んでください)

■Ver 1.90

・転送速度を向上させました。(白水様のコードを組み込みました。どうもありがとう
 ございます。)
・FireWallの種類に「USER FWユーザ名:FWパスワード@ホスト名」を追加しました。
 プロキシサーバSidewinderの形式のようです。(安部様のコードを組み込みました。
 ありがとうございます。)
 (オプション-環境設定-FireWall)
・2ギガバイト以上のファイルで、サイズの表示、転送ウインドウの表示がおかしく
 なるのを修正しました。
・ダウンロードの中止の処理を見直しました。
・ファイルサイズの表示を3桁ごとに区切るようにしました。
・ローカル側のファイル一覧に、ドライブ名を表示するのをやめました。
 (オプション-環境設定-表示 で表示するようにも設定できます)
・「設定をファイルから復元」コマンドで、「My Document」など、フォルダ名に
 空白があるときにエラーになるのを修正しました。
 (接続-設定-設定をファイルから復元)
・ミラーリングアップロードでファイルを削除するときに、確認する設定を初期
 状態ではONにしました。(FFFTPをすでに使っているときの設定は変更しません。)

■Ver 1.89aの変更点

・アップロード後に、ホスト側のファイル一覧が更新されないことがあるのを
 修正しました。

■Ver 1.89

・アップロードの速度を改善しました。(原田さま、解析ありがとうございます)
・アップロード完了時に、アップロード中のウインドウがなかなか閉じない場合が
 あるのを修正しました。(RaidenFTPD使用時など)
・PASVモード使用時に、FFFTPが期待しない文字列をサーバが返す時に落ちるのを
 修正しました。(村山様、解析ありがとうございます)
・マルチスレッド動作で、サーバからのメッセージ処理がうまくいかないことが
 あるのを修正しました。(村山様、解析ありがとうございます)
・ファイルに保存した設定を復元するメニュー項目を追加しました。
 (接続-設定-設定をファイルから復元)
・アジレント社のロジックアナライザにFTP接続した時にファイル一覧が表示される
 ようにしました。
 (ホストの設定-高度-ホストの種類で Agilent を選ぶ必要があります。)

■Ver 1.88b

・英語版FFFTPの英文を見直しました。(ジム様、ご協力ありがとうございます)

■Ver 1.88a

・「FFFTPが削除できません」というエラーが表示される場合があるのを修正しました。

■Ver 1.88

・FFFTPをこのバージョンから使いはじめる場合、設定をレジストリに保存するように
 しました。マルチユーザ環境での問題を解消するためです。
 (すでにFFFTPをつかっておられた場合は、変更はありません。)
・レジストリの設定をファイルに保存できるようにしました。
 (接続-設定-設定をファイルに保存)
・ファイル一覧のオーナ名を40文字まで表示できるようにしました。
・エクスプローラからローカル側のファイル一覧ウインドウにファイルをドラッグ&
 ドロップした時は、そのファイルがあるフォルダに移動するようにしました。
 (ホスト側にドラッグ&ドロップした時は、従来通りアップロードの動作を
 します。)
・シフトキー+マウスホイールでスクロールする時は、ページ単位でスクロールする
 ようにしました。(山本様、変更ありがとうございます。)
・マルチモニタ環境でマウスホイールによるスクロールが行われない場合があるのを
 修正しました。(山本様、修正ありがとうございます。)
・ビデオカードによっては、ファイル一覧ウインドウの枠の部分にゴミが表示されて
 しまうのを修正しました。

■Ver 1.87a

・Bookmarkが保存されないことがあるのを修正しました。

■Ver 1.87

・Windows98で、ダイアルアップのエントリが表示されないのを修正しました。
・接続を切らないままタイムアウトになり、ホストから接続が切られた時、次の操作で
 自動的に接続を再開するようにしました。

■Ver 1.86a

・Ver.1.86で、ダウンロードが途中で終わってしまうのを修正しました。

■Ver 1.86

・Ver.1.85でもファイルの転送がストップしてしまう事があるようなので、処理を
 見直しました。
・Ver.1.83で追加した、ホスト名から"http://"などを取り除く処理をやめました。
・Windows XPの画面デザイン(テーマ)に対応しました。 
・ファイル名に"&"が使われている時に、ダイアログでの表示がおかしいのを修正
 しました。
・RASライブラリをロードしないオプションを追加しました。
 起動時にRASライブラリのエラーが出る場合は、チェックマークを付けてください。
 (オプション-環境設定-接続/切断-RASの制御を行わない)
・ホストがStratusの時は、パスの区切り文字を">"に変更してからホストに送るように
 しました。
・OS9のサーバのサブディレクトリに対応しました。
・次のような書式のファイル一覧を返すサーバに対応しました。
    -rwxrwxrwx SEQ 36203776 01/07/07 12:38:28 ABCDEFG
・次のような書式のファイル一覧を返すサーバに対応しました。(IBMホスト)
    MTS940 3390   2001/07/26  1    1  FB      80  3120  PS  FTPOUT.CNTL
・窓の手やTweak UIで設定できる隠しドライブに対応しました。

■Ver 1.85

・Ver.1.84でファイルの転送が中止されてしまう事があるのを修正しました。

■Ver 1.84

・Ver.1.83でファイル転送が始まらない、途中で止まることがあるのを修正しました。
・Ver.1.83でCPUの占有率が高いのを修正しました。
・初期状態で設定するanonymous FTPサイトのリストを変更しました。

■Ver 1.83

・ファイル一覧ウインドウの上にある、現在のフォルダ名を表示するウインドウで、
 フォルダ名を入力して移動できるようにしました。
・処理内容ウインドウの内容を、マウスで範囲指定してコピーできるようにしました。
・unix系のホストで、ファイル一覧のオーナ名、グループ名の後ろに何かがある場合に
 対応しました。
 例)-rw-r--r--   1 owner m group  m    20407 Jul 13 07:03 filename.txt
・ホスト設定ウインドウのホスト名(アドレス)欄に、"ftp://xxx.com/pub/" ような
 URLを入力できるようにしました。("xxx.com" 以外は無視します。)
・ネットワークが重い時に、データの送受信中にタイムアウトまでの間無反応になる
 事があるのを改良しました。
・通信中にFFFTPのウインドウを閉じた時、FFFTPが正しく終了しななかったのを修正
 しました。

■Ver 1.82

・カレントフォルダの取得で、XPWDコマンドを使用するように変更しました。
 (XPWDが使えないときはPWDを使います。)
・ローカル側のフォルダ変更ウインドウで、フォルダ一覧を表示できるようにしました。
・コマンドラインオプション -n を追加しました。オプションで指定したINIファイルの
 設定で起動します。
 (詳細は ffftp -h を参照のこと)
・日付を「5/14」のように返すホストに対応しました。
・OS9のサーバに対応しました。(一部機能限定→サブディレクトリの見分け方が分かり
 ません。どなたかご存じない?)

■Ver 1.81

・ファイル一覧の中に Ctrl-H が含まれているホストに対応しました。
・ファイル転送時のエラー表示ウインドウにエラーの理由を表示するようにしました。
・URLをクリップボードへコピーする際に、ポート番号が標準でないときはポート番号も
 付加するようにしました。
・アップロード時に作成するフォルダの属性(パーミッション)をあらかじめ指定
 できるようにしました。
 (オプション-環境設定-転送3)
・ホスト側のファイル一覧表示で、日付が未来になってしまうことがあるのを修正しま
 した。

■Ver 1.80

・Ctrl-Shift-Dでミラーリングダウンロードができないのを修正しました。
・初インストールのときは、INIファイルを使うほうをデフォルトにしました。
・レジストリとINIファイルの両方に設定がある場合は、INIファイルのほうを優先する
 ようにしました。

■Ver 1.79a

・ミラーリングアップロードで、ホスト側とローカル側の日付が同じで時刻がだけが違
 うファイルが、アップロードされない場合があるのを修正しました。

■Ver 1.79

・リンクになっているファイルのアイコンを変える事ができるようにしました。
 (ホストの設定でNLSTコマンドオプションを変更する必要があります。)
・ツールの設定でパス名の後ろに /e などを付けて指定したとき、右ボタンメニューで
 の表示がおかしくな%