チケット #10185

[EHE]ルートが削除されるとtaglibの補完がErrorになり、かつ回復困難
登録: 2007-03-29 12:54 最終更新: 2008-11-30 00:05

報告者:
担当者:
チケットの種類:
状況:
オープン [担当者決定済み]
コンポーネント:
マイルストーン:
(未割り当て)
優先度:
5 - 中
重要度:
5 - 中
解決法:
なし

詳細

ant や maven 等のビルドツールを使って開発する場合、WEB-
INF/lib 以外の場所に jar ファイルがあり、
war にパッケージングする際に最終イメージのディレクトリ
にファイルをコピーするということが良くあります。
例えばディレクトリ構成が以下のようになっているとします。

src/
java/ ←Javaのソースファイル
webapp/
WEB-INF/
lib/ ←ここにはjarは無い
web.xml
:
target/ ←ビルドを実行すると作成される
classes/
webapp/ ←ビルドによりsrc/webappからコピーされる
WEB-INF/
lib/ ←依存jarもコピーされている
web.xml

この場合、
Amaterasのrootを/src/webappに設定しているとjarが無いた
めtaglibの補完や検証が出来ません。なので必然的に
/target/webappをルートに設定することになります。
Amaterasのrootを/target/webappに設定すればjarが見つけら
れるのでtaglibの補完が出来るようになります。

しかし、target は一度ビルドしないと存在しないし、仮に一
度ビルドしてあっても clean(削除) されることがあります。
そうするとEHEが/target/webappを見ている場合は,
clean後にいきなりtaglibの補完が出来なくなり、全てのタグ
がError表示になってしまいます。
しかも困ったことにAmaterasはrootが無くなったことはすぐ
に検出してエラーを表示するくせに、再度ビルドを実行して
既にファイルが出来たとしてもそれを検出してくれません。
一度Errorに陥るとjspファイルを開き直してもプロジェクト
をRefreshしてもEclipseを再起動しても直らないことが多い
です。
そして色々試行錯誤していると、何かの拍子に回復すること
もあります、でも何をトリガーにして回復するのか分かって
いません。
しかし苦労して回復してもcleanを実行するとまたエラーに
なって、これの繰り返しです…。


この問題の対応策として以下の2つが思いつきます。
1つは、Errorの状態に陥ってもrootが復活すればそれを速や
かに検出して補完が出来る状態に回復するようにする。

もう一つはtaglibの検索をWEB-INF/lib以外にEclipseの
JavaBuildPathからも探すようにする。その場合rootの設定は
src/webappにしておけばrootが削除されることが無いので問
題にならないと思われます。
しかし後者案はweb.xmlやtldファイル等もビルドツールで最
後に作成するようなケースではやはり同じような問題になり
場当たり的な対応であるというのは否めません。


cleanされてrootが存在しない状態で補完して欲しいとは言い
ません。前者の案のようにrootが復活したら速やかにError状
態の回復が出来るというのが望ましいと思います。

以上です。よろしくお願いいたします。

添付ファイルリスト

添付ファイルはありません

チケットの履歴 (1 件中 1 件表示)

2008-11-30 00:05 更新者: takezoe
  • コンポーネント(未割り当て) から EclipseHTMLEditor に更新されました

編集

このチケットにコメントを追加するには、ログインが必要です » ログインする