チケット #24631

登録: 2011-03-11 14:01

最終更新: 2011-03-21 18:33

TTLコマンドstrremoveで隣の文字列変数が破壊される

報告者:mrk31担当者:yutakapon
優先度:5 - 中マイルストーン:Tera Term 4.70 (完了済み)
チケットの種類:バグ重要度:5 - 中
コンポーネント:Tera Term Macro状況:完了
解決法修正済み

チケットの詳細

strremoveによる文字列変数操作で
例として
130バイト文字列の最後尾1文字を削除させると
操作対象文字列の次に宣言された文字列の先頭が書き換えられてしまう。

;--------------------------------------
STR1=""
STR2="1234567890"
;--------------------------------------
BORDER=128
;str1_len=BORDER+0 ;OK
;str1_len=BORDER+1 ;(OK)
str1_len=BORDER+2 ;NG
;-------------------
for i 1 str1_len
strconcat STR1 "X"
next
;--------------------------------------
messagebox STR2 'before strremove' ;1234567890
strremove STR1 str1_len 1
messagebox STR2 'after  strremove' ;2334567890
;--------------------------------------

添付ファイル

添付ファイルリスト添付ファイルはありません
新規添付ファイル追加
添付ファイルの追加添付ファイルの追加にはログインが必要です

チケットの履歴 - 6 件中 3 件表示 [古い履歴も表示する]

2011-03-11 14:01 更新者: mrk31

  • 新しいチケット "TTLコマンドstrremoveで隣の文字列変数が破壊される" が作成されました

2011-03-11 14:23 更新者: mrk31

  • 詳細が更新されました

2011-03-11 14:26 更新者: mrk31

  • 詳細が更新されました

2011-03-17 19:16 更新者: yutakapon

  • 担当者(未割り当て) から yutakapon に更新されました

コメント

以下に修正したアーカイブを置いたので、試してもらえますでしょうか?

http://ttssh2.sourceforge.jp/snapshot/snapshot-20110317_2.zip

2011-03-18 10:20 更新者: mrk31

コメント

問題の動作が修正されたことを確認いたしました。 ご対応ありがとうございました。

2011-03-21 18:33 更新者: yutakapon

  • マイルストーン(未割り当て) から Tera Term 4.70 (完了済み) に更新されました
  • 解決法なし から 修正済み に更新されました
  • 状況オープン から 完了 に更新されました
  • チケット完了時刻2011-03-21 18:33 に更新されました

コメント

動作確認ありがとうございました。 本件、クローズします。


追記/更新 #24631 (TTLコマンドstrremoveで隣の文字列変数が破壊される)

ログインしていません。ログインしていない状態では、コメントに記載者の記録が残りません。 » ログインする