プロジェクトシンプルリスト ソフトウェアダウンロードマップ

270 件のプロジェクトが条件に合致します
最終更新日: 2012-02-27 12:28

Igo

JavaおよびCommon Lispで実装されたミニマムな形態素解析器。
辞書および出力はほぼMeCab互換。

Java版ドキュメント
Common Lisp版ドキュメント

※ 現在は https://github.com/sile/igo に移行済み



Link
高橋さんによるPythonポーティング: igo-python
kyowさんによるRubyポーティング: igo-ruby
siahrさんによるPHPポーティング: igo-php
JARに辞書込みの形態素解析器: Gomoku
比較的省メモリな形態素解析器: Sanmoku

対象ユーザ: 開発者
ライセンス: MIT/X Consortium License
オペレーティングシステム: OS非依存
プログラミング言語: Common Lisp, Java
トピック: ライブラリ
登録日: 2010-03-07 21:05
最終更新日: 2013-09-18 02:29

MeshIO

mqo, pmd, vmdなどのポリゴンモデル・モーションデータを読み込むc++のライブラリと、そこから派生したBlender2.5向けのpmd/mqo向けプラグインがあります

開発状況: 4 - ベータ
ライセンス: zlib/libpng License
主要対話語: 日本語
オペレーティングシステム: Windows XP
プログラミング言語: C++, Python
登録日: 2010-04-29 21:24
最終更新日: 2021-01-02 20:30

UCanAccess

UCanAccess は、javaデベロッパー および jdbcクライアントプログラムから Microsoft Access データベース (.mdb および .accdb ファイル) の読み書きを可能にした 純粋な Java JDBC ドライバー です。ODBC を必要としません。

データベース環境: JDBC
主要対話語: 英語
オペレーティングシステム: OS非依存
プログラミング言語: Java
最終更新日: 2022-01-25 12:33

dlib C++ Library

ネットワーク、スレッド(メッセージパッシング、futures, 他)、グラフィカルインターフェイス、データ構造、線形代数、機械学習、XMLとテキスト解析、数値最適化、ベイズネット等を扱う移植可能なアプリケーションを開発するためのライブラリ。

最終更新日: 2010-11-21 23:33

C# SDL

SDL.NET は SDL ゲーム ライブラリ用の .NET バインディングのオブジェクト指向の設定オーディオ、キーボード、マウス、ジョイスティック、TTF フォントを高レベルのアクセスを提供しています、さまざまなイメージ形式、サウンドのミキシング、MPEG 1 および 2 D ビデオ フレームバッファー。

(機械翻訳)
最終更新日: 2013-05-31 01:35

WFM Reader

WFM reader and exporterは、Tektronix/Rigol社オシロスコープ向けWFMファイルを読み込むためのシンプルなアプリケーションです。 バージョン2.0での変更点は以下の通りです。
- TABインターフェイスを改善
- ズーム/スクロール機能を追加
- Min/Max機能の説明を追加
- CSVおよび画像への出力を追加
- サードパーティが独自に再編纂する機能を削除

Kirk Wolak氏https://sourceforge.net/users/kwolakに深く感謝します。

全ソースコードをダウンロードするには、「Files」セクションから適当なアイテムを選択してください。

最終更新日: 2012-10-11 04:48

GTK+ for Windows Runtime Environment

Windows用のGTK+ランタイム環境のインストーラです。Windows上でGTK+アプリケーションを動作させるために必要な全てのファイルを含んでいます。また、いくつかのサポートツールも利用できます。

ImageFilter

画像処理のルーチンを集めたライブラリです。 メモリの確保と開放は当ライブラリ内では行わず、一般的な画像処理をCPUで出来るだけ高速に行う事を目的としています。

開発状況: 2 - プレ アルファ
対象ユーザ: 開発者
主要対話語: 日本語
オペレーティングシステム: Windows
プログラミング言語: C++
ユーザインタフェース: コマンドライン
登録日: 2010-02-13 20:19
最終更新日: 2015-04-01 20:38

簡易ライセンス保護ツール

C++で作成したプログラムの実行モジュールに対してライセンスファイルを発行して、簡易的に不正利用を防ぐためのツールを提供します。このツールで保護された実行モジュールは、ライセンスされたマシンの上で、設定された期限まで実行可能になります。 このツールは1つのヘッダーファイルのみで構成しているライブラリで、使い方もこのプログラム自体も非常に単純です。 必要とする外部のライブラリはOpenSSL( The OpenSSL Project, https://www.openssl.org/ )です。

開発状況: 4 - ベータ
主要対話語: 日本語
オペレーティングシステム: Linux
プログラミング言語: C++
ユーザインタフェース: コマンドライン
登録日: 2015-03-09 11:07

3キャリア+1絵文字対応プロジェクト

3キャリア+1の絵文字対応プロジェクトです。まずはテーブルの作成(8割完成)ライブラリ(Javaのみ完成)作成、各テンプレートエンジンへの組込(0%)という流れを考えてます。

開発状況: 3 - アルファ
対象ユーザ: 開発者, 情報技術
主要対話語: 英語, 日本語
オペレーティングシステム: MacOS, POSIX (Linux,BSD,Solaris など), Windows
プログラミング言語: Java, Perl, PHP
トピック: ライブラリ
登録日: 2010-07-06 14:45
最終更新日: 2014-11-26 11:57

byson

アプリケーションのインスタンスを永続化するパーサー(.net版)

.netで作成したアプリケーションのデータを永続的に保存するにはSystem.Runtime.Serialization.DataContractを使う。 クラスの復元に必要な属性をアノテーションで指定しておけば簡単に永続保存できる。 だが欠点がある。 シリアライズ・デシリアライズに使うJSONパーサが非常に遅いのだ。 少し大きなデータになると数十秒から数百秒のオーダーとなってしまうことはザラだ。 また参照オブジェクトの保存ができないので、いわゆるアドレス参照の属性を保存するには、それなりのロジック拡張が必要となる。 このあたりを解消する独自パーサを作ってみた。

対象ユーザ: 開発者
オペレーティングシステム: Windows
プログラミング言語: C#, Visual Basic .NET
トピック: ライブラリ
登録日: 2014-11-26 09:56
最終更新日: 2014-07-07 23:20

Oaks - Java DB Library

OaksはJDBCをラップした、データベースアクセス処理の開発をサポートするJava用ライブラリです。 DAO ソースファイルの自動生成、コネクションプーリング、SQLを Java ソースとして記述する、といった特徴を持ちます。

単純作業で且つ、ケアレスミスが起きやすい作業の軽減を目指したものです。

利用方法やAPI仕様は http://oaks.sourceforge.jp/ を参照して下さい。

ライセンス: Apache License V2.0
主要対話語: 日本語
オペレーティングシステム: OS非依存
プログラミング言語: Java
登録日: 2012-01-22 21:17
最終更新日: 2011-11-13 20:54

GLKST

GLKSTは、OpenGL用のストロークフォント形式の文字列描画ライブラリで、日本語、複数行の文字列描画にも対応しています。

ストロークフォントのデータセットにはKST32B( http://www.vector.co.jp/soft/data/writing/se119277.html )を使用しており、ライブラリ内部に埋め込んだKST32B、もしくはKST32Bの仕様に従うフォントファイルを、OpenGLのビューに簡単に表示するこための機能を提供します。

開発状況: 3 - アルファ
主要対話語: 日本語
オペレーティングシステム: Windows
プログラミング言語: C++
トピック: ライブラリ
ユーザインタフェース: OpenGL
登録日: 2011-11-12 23:58

Svengali - クラウド時代の分散マシン操作ライブラリ

クラウド時代の分散マシン操作ライブラリ。Rubyです。

Keywords: 分散システム, サーバ, 設定, 設定ファイル, 自動化, デプロイ, 配布, クラスタ, サーバ管理, 分散環境, 面倒, リモート, シェルスクリプト, SSH, distributed, distributed resource, GXP, Capistrano, Archer, Punc, Func, Rake, SSH, Ruby, Capistrano, dsh, pdsh, Megascript, (perl)+

開発状況: 3 - アルファ
主要対話語: 英語, 日本語
オペレーティングシステム: POSIX (Linux,BSD,Solaris など)
プログラミング言語: Ruby
ユーザインタフェース: ツールキット/ライブラリ
登録日: 2010-07-01 07:39
最終更新日: 2018-08-20 22:22

Aggregated Batch Framework(ABF) on Oracle

Oracle(PL/SQL)における、アプリケーションのベースとなるフレームワークの開発プロジェクトです。
ログや処理の起動・履歴管理等、一般的なバッチ処理で使用すると思われる機能を提供します。

これにより、バッチプログラムの開発効率が大幅に改善されます。PL/SQLのコーディング作業はほとんどが無くなり、SQLの記述のみでバッチプログラムのコーディング作業の大半が終了します。


提供する予定の機能は、

  • 汎用マスタ管理機能
    (複数種類のマスタを単一機能で管理するテーブルと画面)
  • バッチ処理制御機能
    (PL/SQLストアドプロシージャの汎用的な起動処理と実行結果管理画面)
  • バッチ処理実行ログ機能
    (バッチ処理のログをテーブルに保持するAPIとそれを参照する画面)
  • 業務日付管理機能
    (日付の管理機能、API)


PL/SQLだけではバッチ処理的な機能ばかりになってしまいますので、画面等のフロントエンドはAPEX(Oracle Application Express)での開発を予定しています。

さらにその次のステップとして、簡単なデータ移送系バッチ処理の自動生成を考えています。

最終的には、業務システムをノンプログラミングで実現できればと思っています。

データベース環境: SQLベース, Oracle
開発状況: 1 - 計画中
対象ユーザ: アーキテクト, 開発者
ライセンス: MIT/X Consortium License
主要対話語: 日本語
オペレーティングシステム: OS非依存
プログラミング言語: PL/SQL
ユーザインタフェース: Web環境
登録日: 2015-12-30 01:05