プロジェクトシンプルリスト ソフトウェアダウンロードマップ

シミュレーション
257 件のプロジェクトが条件に合致します
最終更新日: 2019-09-01 15:38

fermisurfer

FermiSurferは固体物理学の各種数値計算結果を入力としてFermi面の描画し、かつ何らかの物理量をFermi面上にカラーマップとして表示させる可視化ツールです。


開発状況: 4 - ベータ
ライセンス: MIT/X Consortium License
主要対話語: 英語, 日本語
オペレーティングシステム: MacOSX, Linux, Windows
プログラミング言語: C++
ユーザインタフェース: OpenGL, wxWidgets
活発さ: 23
活発さ順位: 93位
登録日: 2014-11-11 15:16
最終更新日: 2020-04-28 09:14

MCU 8051 IDE

8051ベースのマイクロコントローラの一部(AT89S8253など)を対象とした統合開発環境。サポート言語は、アセンブラおよびC言語。独自ツールとしては、シミュレータ、アセンブラ、エディタのほか数多くを備える。詳細は、http://mcu8051ide.sf.netを参照のこと。

最終更新日: 2016-10-30 21:32

Rigs of Rods

Rigs of Rodsは、精密でユニークなソフトボディの物理エンジンを使用した、運転、飛行、航海が行える様々な車両の3Dシミュレータのゲームです。

最終更新日: 2011-11-05 13:33

nsnam

Nsは、研究ネットワークをターゲットにした離散事象シミュレータです。 Nsは、TCPシミュレーション、ルーティング、有線および無線(ローカルおよび衛星)ネットワーク上でのマルチキャストプロトコルのためのサポートを提供します。

最終更新日: 2022-03-12 05:28

PICsim - PIC microcontroller simulator

PICsim マイコン PIC16F628/16F877A/18F452 をエミュレートし、USART やタイマー、シミュレータのアーキテクチャ periferics は c 言語で外部要素の簡単な実装を許可します。!PicsimLab は、開発ボードのリアルタイム エミュレーターです。

(機械翻訳)
最終更新日: 2015-05-01 06:57

EPx

EPx は、変更された「のバージョン」!EnergyPlus 7 対、オープン ソースのフォーク米国エネルギー省が開発したエネルギー シミュレーション エンジンを構築します。このプロジェクトは変更されていない !EnergyPlus ソース コードの正規オープン ソース リリースも含まれます。

(機械翻訳)
最終更新日: 2019-11-12 08:51

CubeSat Arduino Workshop

An interactive game to demonstrate engineering-centred space mission design on a 3U CubeSat that allows users to change satellite parameters, and observe the results on theoretical budgets and real-life Arduino communication.

開発状況: 4 - ベータ
主要対話語: 英語
オペレーティングシステム: OS非依存
プログラミング言語: Python
ユーザインタフェース: Qt
登録日: 2019-11-11 22:59
最終更新日: 2009-04-27 14:48

GPL Cver

オープンソースのインタープリタ型Verilogシミュレータ。Verilog-XLと同等の機能とパフォーマンスを持ちます。IEEE 1364-1995のすべての機能とVerilog 2001の一部の機能をが実装されています。Verilog PLIを完全にサポートしています。

最終更新日: 2011-01-12 20:40

ReHoGiM

Receding Horizon controller Generator in Maxima

Code generator for receding horizon control with C/GMRES. This software based on AutoGenU which has been developed on Mathematica by T.Ohtsuka. This project provides also template engine for Maxima.

開発状況: 3 - アルファ
対象ユーザ: 科学/研究
主要対話語: 英語
オペレーティングシステム: Linux, 仮想化
プログラミング言語: C, その他
トピック: シミュレーション
ユーザインタフェース: コンソール(テキストベース)
登録日: 2011-01-04 15:59

YArchinedes

GNU Archimedes風の2次元デバイスシミュレータ。当面はGNU Archimedes相当の機能をGPLより寛容なライセンスで提供することを目標とする。

開発状況: 1 - 計画中
ライセンス: MIT/X Consortium License
主要対話語: 英語
オペレーティングシステム: Linux, Windows
プログラミング言語: C
トピック: シミュレーション
ユーザインタフェース: コンソール(テキストベース)
登録日: 2013-01-16 00:09

3次元構造解析を行う、クロスプラットフォーム・オープンソースソフトウェアを開発しています。
Qt Frameworkを使用しています。


http://www.1stop-st.org/


最終更新日: 2015-01-20 18:25

RCE

プロジェクトの web サイトを参照してください: http://www.rcenvironment.de。

(機械翻訳)
最終更新日: 2014-10-02 14:05

Advanced Numerical Instruments 2D

Ani2D 可変テンソル係数偏微分方程式の系の数値解の各ステップのためのポータブル ライブラリを提供します: (1) 適応格子生成法 (2) メトリック ベースのメッシュ適応、(3) 有限要素離散、補間、(4) 代数ソルバー。

(機械翻訳)
最終更新日: 2015-09-09 05:14

MTSA

モーダル遷移アナライザー (MTSA) はロンドン大学インペリアル カレッジと基礎とツールにソフトウェア工学 (LaFHIS) ブエノスアイレス大学での研究室で分散ソフトウェア工学 (DSE) グループの共同の研究努力

(機械翻訳)

APES

APES is a simulation suite for highly resolved physical simulations (mainly fluid dynamics) on massively parallel computing systems. It is based on octree meshes and their partitioning with a space-filling curve for distributed execution with the Message Passing Interface (MPI).

The suite covers all necessary tools from mesh generation (seeder) to post-processing (harvesting) and includes a Discontinuous Galerkin (ateles) and a Lattice-Boltzmann (musubi) solver within in this infrastructure. APES is available as open-source but there are various open-source licenses involved for different parts of the code. A large fraction is released under the terms of the ISC license.

The APES solvers have shown good scalability on hundreds of thousands of cores and runs on a wide range of different architectures from IBMs BlueGene to NEC SX vector systems.

The core library treelm is released under the two-clause BSD-license. The Aotus library, which is used for the user interface of the tools in the APES suite is released under the terms of the MIT license, and third party code included for convenience includes: GPL for coco, which is small program used for preprocessing the Fortran source code, BSD for waf that is used as a build tool, a modified BSD for extractions of LAPACK code, a custom license by Reiji Suda for FXTPACK, which states the following:

Anyone can use FXTPACK in any software, and anyone can modify the
source files.

When you publish your software that uses FXTPACK or its modification,
please mention that FXTPACK developed by Reiji Suda is used, in the
documentation.

When you publish your paper of your research that uses FXTPACK,
please refer the paper [R. Suda, M. Takami, "A Fast Spherical Harmonics
Transform Algorithm", Math. Comp., 71-238, Apr. 2002, pp.703--715]
(and [R. SUda, "Fast Spherical Harmonic Transform Algorithm based on·
Generalized Fast Multiple Method", RIMS Kokyuroku vol 1606,
pp. 18-29, Jun. 2008, RIMS, Kyoto University]).

FXTPACK is only used as an optional feature in polynomial handling for the discontinuous Galerkin solver, another alternative is offered by the FFTW, but that library is not included in the source distribution.