プロジェクトシンプルリスト ソフトウェアダウンロードマップ

XSL (XSLT/XPath/XSL-FO)
119 件のプロジェクトが条件に合致します
最終更新日: 2018-08-22 00:39

GanttProject

GanttProjectは、Javaで書かれたプロジェクト管理アプリケーションであり、ガントチャート、リソース管理、カレンダー、インポート/エクスポート(MS Project, HTML, PDF, スプレッドシート)の機能があります。詳細は、http://ganttproject.biz で。

最終更新日: 2018-05-01 09:38

Pentaho - Business Intelligence

レポーティング、解析(OLAP)、ダッシュボード、データマイニング、データインテグレーション(ETL)などを含む完全なビジネスインテリジェンス(BI)プラットフォームです。 Webサービスを介してアクセスし、個々のコンポーネントまたはフルスイートとして使えます。

最終更新日: 2017-01-14 00:45

DSpace

DSpaceは主に教育、研究用のデジタル・コンテンツの収集、提供、管理、再利用を可能にする オープンソースのデジタル資産の管理システムです。

最終更新日: 2011-06-05 05:11

WebXCreator

QT ベースのVisual php開発のためのコード生成ツールです。HTMLに追加するXSLTとXMLを取得するWebKitレンダリングのHTMLエディタとPHP生成のvisualエレメントを選択することが可能なXML XSLT PHP フレームワークをベースにしています。

最終更新日: 2018-08-19 18:02

Samba翻訳プロジェクト

Samba附属のドキュメントの翻訳を行う プロジェクトです。現在はSamba4.8系列の翻訳を主に行っています。

最終更新日: 2014-03-30 16:56

QXmlEdit

QXmlEdit は、単純な XML エディターです。その主な機能は異常なデータ可視化モード、素敵な XML 操作、プレゼンテーション、およびマルチプラット フォームのサポートです。XML ファイルを比較することができます、XSD ビューワがフラグメントに非常に大きな XML ファイルを分割することができます。

(機械翻訳)
主要対話語: チェコ語, 英語
オペレーティングシステム: Linux, Windows
プログラミング言語: C++, XSL (XSLT/XPath/XSL-FO)
トピック: Freecode.com, SourceForge.net
ユーザインタフェース: Qt
最終更新日: 2018-09-02 11:11

LFSブック日本語版

LFS (Linux From Scratch) ブックの日本語版、およびこれを生成するためのソース環境を提供します。

詳しくは ホームページ を参照してください。

開発ソースは 開発者ページ 内の Subversionリポジトリ から入手してください。

開発状況: 4 - ベータ
対象ユーザ: その他の閲覧者, 開発者
主要対話語: 日本語
オペレーティングシステム: OS非依存
プログラミング言語: XSL (XSLT/XPath/XSL-FO)
活発さ: 69
活発さ順位: 82位
登録日: 2009-08-21 13:25
最終更新日: 2010-01-05 13:41

Shared Questionnaire System(SQS)は、直観的なGUIを備えた、統合化された光学式マーク読み取り(OMR)フォーム処理系です。XML標準に基づいて調査についての知識共有を行う社会的基盤の構築を目的としています。

SQSが対象とするユーザ像

…アンケートを実施したいけれど、「回答者がPCやケータイを使えない状況なので、Webアンケートができない!」 …とはいえ、「紙でのアンケートでは手作業での集計が面倒くさすぎる!」

そんな状況でお困りならば、SQSを使ってみてください。

SQSの利用は簡単です

SQSのアプリケーションは、Java, XSLT, JavaScriptによって実装されています。JRE6の仮想マシンやWebブラウザ上で、マルチプラットフォーム環で動作します。署名済みのJavaWebStartアプリケーションとして、Webブラウザ上から簡単にインストール・起動をすることができます。

専用紙や専用スキャナは必要ありません

SQSは、普通紙とプリンタと汎用ドキュメントスキャナがあれば、OMRフォームの印刷と処理ができます。

SQSはオープンソースプロジェクトです

SQSのアプリケーションは、Apache License, Version2.0にもとづくオープンソース・ソフトウェアです。利用、改造、再配布は自由です。あなたの貢献、パッチや寄付を歓迎します。

SQS SourceEditorを使うと:

選択式回答欄・自由記述覧に鉛筆やペンを用いて回答できるようなアンケート調査票を、XMLで簡単に作成し、自動的にレイアウト・組版して、そのPDFを生成できます。

* 起動:SourceEditor2.0 by JavaWebStart

SQS MarkReaderを使うと:

アンケート調査票をスキャンした画像をもとに、回答内容を自動的に抽出して、集計票やチャートなどを生成できます。

* 起動:MarkReader2.0 by JavaWebStart

データベース環境: その他API, XMLベース
開発状況: 4 - ベータ
ライセンス: Apache License V2.0
主要対話語: 英語, 日本語
オペレーティングシステム: OS非依存
プログラミング言語: Java, JavaScript, XSL (XSLT/XPath/XSL-FO)
ユーザインタフェース: Java Swing, その他環境, Web環境
登録日: 2004-02-01 15:06
最終更新日: 2012-05-08 21:31

Cross-LFS

クロス [/projects/freshmeat_linux/ Linux] からスクラッチ (CLFS) は、ソースから完全独自カスタマイズした Linux システムを構築するためのステップバイ ステップの手順を提供するプロジェクトです。これは Linux からスクラッチをクロス コンパイルのマルチ アーキテクチャ バージョンです。現在、x86 および x86_64 Alpha、MIPS、PowerPC、Sparc をサポートします。

(機械翻訳)
主要対話語: 英語
プログラミング言語: XSL (XSLT/XPath/XSL-FO)
トピック: Freecode.com
最終更新日: 2011-05-29 18:39

Pilot-QOF

パイロット QOF パイロット リンクと QOF (クエリ オブジェクト フレームワーク) とアプリケーション インターフェイスです。パーム上データを書き込んで QSF XML オフライン ストレージと SQL 型のクエリの実行、ライブデータまたは XML ファイルをサポートします。QSF XML は QOF の他のアプリケーションにインポートできます。

(機械翻訳)
最終更新日: 2012-11-18 15:23

Calenco XML CMS

Calenco は、共同の編集の Web プラットフォームです。リモート チームのライター、翻訳者、デザイナー、多言語コンテンツを作成およびさまざまな形式で公開することができます: pdf ファイル、HTML など。それは保存し、コンテンツを変換 XML 技術に基づいています。

(機械翻訳)
オペレーティングシステム: MacOSX, Windows
プログラミング言語: Java, XSL (XSLT/XPath/XSL-FO)
ユーザインタフェース: Web環境
最終更新日: 2009-04-30 12:33

Okapi Framework

Okapi Frameworkは、ローカライズおよび翻訳作業のためのコンポーネントとツールのセットです。JavaベースのOKAPIの最新バージョンの入手場所は:http://code.google.com/p/okapi/ です SourceForgeのバージョンはメンテナンスのみの目的のために保持されます。

最終更新日: 2011-12-13 07:50

Open XML to DAISY XML Translator

"ヒナギク XML として保存"アドイン ソナタ ソフトウェア会社マイクロソフト、デジタル アクセス情報システム (デイジー) コンソーシアムのオープン ソース プロジェクトを通じて作成された、sourceforge にダウンロードすることができます。

(機械翻訳)
最終更新日: 2014-07-24 08:18

The Open Toolkit library

開いてツールキットは、高度なクロスプラット フォーム c# OpenGL、OpenAL と OpenCL ラッパー モノラル/.net です。RAD の開発に特に適していて、ゲーム、Gui (!WinForms、WPF、GTK #) および科学的なアプリケーションで使用することができます。

(機械翻訳)
最終更新日: 2015-09-10 17:36

eXist

eXistは、ネイティブなXMLデータベースです。効率的で、インデックスベースなXQuery処理、キーワード検索の拡張、XUpdate サポート、既存のXML開発ツールによるtight integrationなどが盛り込まれています。