プロジェクトシンプルリスト ソフトウェアダウンロードマップ

659 件のプロジェクトが条件に合致します
最終更新日: 2018-05-07 01:37

PeaZip

クロスプラットフォームのファイル/アーカイブ(書庫)マネージャ(圧縮・解凍ソフト)です。ファイル分割、圧縮、展開(解凍)、暗号化が行えます。対応フォーマットは、7Z、7-Zip sfx、ACE、ARJ、BZ2、CAB、CHM、CPIO、DEB、GZ、ISO、JAR、LHA/LZH、NSIS、OOo、PAQ/LPAQ、PEA、QUAD、RAR、RPM、split、TAR、Z、ZIPなどです。

オペレーティングシステム: POSIX (Linux,BSD,Solaris など), Windows
プログラミング言語: Delphi/Kylix, Lazarus, Object Pascal
ユーザインタフェース: GTK+, Qt, Win32 (MS Windows)
活発さ: 524
活発さ順位: 27位
登録日: 2010-08-16 15:30
最終更新日: 2014-06-14 04:01

WiKID Two-Factor Authentication System

The WiKID Strong Authentication System is a highly scalable, secure, self-hosted two-factor authentication system. It is simple to implement and maintain, allows users to be validated automatically, requires no hardware tokens, has a simple API for application support (via Ruby, PHP, Java, COM, Python, etc.), supports multiple domains, and supports replication for fault tolerance and scalability. It also supports mutual /host and transaction authentication, wireless tokens only domains, locked tokens (to your PC), anti-keystroke logger keypad PIN entry, etc.

最終更新日: 2013-05-30 23:47

John the Ripper

John the Ripperは、現時点で様々なUnix系OS、Windows、DOS、BeOSおよびOpenVMSで利用出来る高速なパスワード・クラッカです。 主な目的は、脆弱なUnixパスワードを検出することです。 Unixシステム上で一般的に見られるいくつかのcrypt(3)パスワード・ハッシュ型を、WindowsではLMハッシュを、それぞれ検出対象としています。 更に、community-enhancedバージョン(-jumbo)ではその他の多くのハッシュと暗号ロジックが追加されており、このうち幾つかはJohn the Ripper Proに追加されています。

最終更新日: 2014-01-31 13:57

Portable OpenSSH

Portable OpenSSHは、OpenBSDの優れたOpenSSHのUnix/Linuxのポートであり、SSH1およびSSH2プロトコルの完全な実装です。これはsftpクライアントとサーバーのサポートが含まれます。

最終更新日: 2013-12-21 01:48

The GNU Privacy Guard

GnuPG(GNU Privacy GuardやGPG)はセキュアな通信とデータストレージのためのGNUツールです。データの暗号化やデジタル署名を作成するために使用することができます。RFC2440で説明するように提案中のOpenPGPインターネット標準に準拠している先進的な鍵管理機能が含まれます。そのため、NAI株式会社のPGPと互換性があることを意味しています。それは任意の特許を取得したアルゴリズムを使用していないため、制限なく使用することができます。

最終更新日: 2011-12-24 09:29

MD5-utils

Utils の MD5 は MD5 ハッシュ関数操作のスクリプトです。クリプト オンライン サーバーを使用する 1 つまたは複数の hash(es) をクラックしようと 1 つまたは複数の単語をことができます。

(機械翻訳)
対象ユーザ: 先進的ユーザ, 開発者, 教育
主要対話語: 英語, フランス語
オペレーティングシステム: OS非依存
プログラミング言語: Perl
トピック: 試験, SourceForge.net, 暗号化
ユーザインタフェース: コマンドライン, Console/Terminal
最終更新日: 2017-05-15 03:35

Advanced Onion Router

Advanced Onion Routerは、ORネットワークのためのポータブルなクライアントであり、WIndowsユーザのためのTor+Vidalia+Privoxyのバンドルとしての代換となるものです。改善されたものの一部に、UNICODE のパス、偽のアイデンティティに依存するヘッダーを毎回変更するHTTPヘッダフィルタリングによる幾つかのSocks4/Socks5ポート上でのHTTPおよびHTTPSプロキシプロトコルのサポート、NTLMプロキシのサポート、Torのオプションおよびアクションを作成するためのインターフェース、forbiddenとなっているアドレスのためのローカルなbanリスト、プライベートのアイデンティティの分離、プロキシをサポートしないプログラムから接続を向け直すことができるpoint-and-clickプロセスインターセプター、またローカスシステムおよび.onionアドレスのサポートのための偽の情報といったものがあります。また、 すべてのサーキットのためにAS パスを推定する ことができ、 ASパスのインターセクションを防ぐことができ、異なる国からのノードだけを使って造られるサーキットを制限する ことができて、 サーキット長のより多くを変えることができます。

最終更新日: 2011-09-13 21:28

WiKID Strong Authentication System

WiKID 強い認証システムは非常にスケーラブルなセキュリティで保護された 2 要素による認証システムです。自動的に検証することができますは簡単に実装および維持し、ハードウェア トークンは必要ありません (Ruby や PHP、Java、COM、Python などを介してサポート アプリケーションの単純な API があります、複数のドメインをサポートしてフォールト トレランスとスケーラビリティのためのレプリケーションをサポートしています。相互/host およびトランザクションの認証もサポートされます、ワイヤレス トークンのみのドメイン、ロック トークン (PC) を反キーストロークロガー キーパッド PIN エントリなど。

(機械翻訳)
最終更新日: 2014-05-15 23:48

SILC

SILC (セキュリティで保護されたインターネットのライブ会議) はセキュリティで保護された会議およびチャット サービスを提供するプロトコルです。それは通常のテキスト メッセージに加えて、画像、ビデオ、およびオーディオ ストリームのようなマルチ メディアのメッセージを含むメッセージを送信する使用できます。SILC ネットワーク内のすべてのメッセージを暗号化して、認証、およびメッセージがデジタル署名もできます。SILC プロトコル AES 社 1 社 2、PKCS #1、PKCS #3、X.509、OpenPGP をサポートし、IETF で開発されています。ソフトウェアは、アプリケーション開発者向けのシステム管理者、および SILC ツールキット SILC エンドユーザー クライアント, SILC サーバとして配信されます。

(機械翻訳)
最終更新日: 2014-06-16 08:30

Disk ARchive

DARは、ディレクトリツリーとファイルのバックアップを作成するシェルコマンドです。その特徴は、リモートの分割複数のファイル上のアーカイブ、DVD、CD、ZIP、またはフロッピーディスク、圧縮、フルバックアップまたは差分バックアップ、強力な暗号化の適切な保存と復元、ハードリンク、拡張属性、ファイルフォーク、ドアのiノード、およびスパースファイルを含めるパイプと外部コマンド(sshなど)、および既存のアーカイブの"スライス"の再配置を使用してバックアップします。これは、スライス間、前にいくつかの定義されているファイルまたはディレクトリを(適切なデータベースのバックアップなど)保存した後のコマンドを実行し、かつ迅速に差分バックアップとフルバックアップから個々のファイルを取得することができます。いくつかの外部のGUIはkdar、DarGUI、 SaraB、などのように、そのCLIインタフェースに代わるものとして存在しています。

最終更新日: 2014-03-03 22:11

GNU Transport Layer Security Library

GnuTLSは、SSL、TLS及びDTLSプロトコルとその周辺の技術を実装したセキュアな通信ライブラリです。これは、セキュアな通信プロトコルへのアクセス並びにX.509、PKCS #12、OpenPGPとその他の必要な構造体の解析/書込みのためのC言語用のシンプルなアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)を提供しています。これは、セキュリティと相互運用に重点を置いて、移植しやすく効果的になることを意図しています。

最終更新日: 2014-04-08 23:14

GNUnet

GNUnetは、セキュリティの提供に重点を置いたピア・ツー・ピア・フレームワークです。ネットワーク上のすべてのピア・ツー・ピア・メッセージは、認証されて機密性が保たれます。フレームワークは、トランスポート抽象化レイヤを提供し、現在のところ、UDP、TCP、HTTP、HTTPS又はdirect 802.11 (WLAN)でネットワーク・トラフィックをカプセル化することができます。GNUnetはより良いサービスで貢献するノードを提供するために、アカウンティングをサポートします。サービスは匿名ファイル共有や、P2Pネットワーク上のプロトコル変換を用いたIPv4-IPv6変換を提供するバーチャルネットワークのフレームワーク上に構築されています。

最終更新日: 2014-03-18 22:57

JSch

JSch は、ピュアJavaによるSSH2の実装です。sshdサーバへ接続して、ポートフォワード、X11フォワード、ファイル転送などが行えます。ユーザ独自のJavaプログラムを既存機能に追加統合することができます。

最終更新日: 2011-11-26 22:40

stunnel

stunnelプログラムは、リモートクライアントとローカル(inetd -startable)またはリモートのサーバの間のSSL暗号化ラッパーとして動作するよう設計されています。よく使用されるPOP2、POP3、IMAPサーバーのようなinetdのデーモンへのSSL機能の追加を、プログラムのコード内の変更をせずに行えます。SSL接続をOpenSSLやSSLeayのライブラリを使用してネゴシエートします。基になる暗号化ライブラリを呼び出すことで、stunnelはあなたの暗号化パッケージ内にコンパイルされたどの暗号アルゴリズムもサポートします。

最終更新日: 2018-09-13 17:07

VeraCrypt

VeraCrypt は IDRIX (http://www.idrix.fr) による無料のディスク暗号化ソフトウェアであり、TrueCrypt を起源としています。このソフトウェアは、システムやパーティション暗号化に使用されるアルゴリズムに対して強化されたセキュリティを提供し、日々進化し続けているブルートフォースアタックの手法に対抗しています。 たとえば、システム パーティションが暗号化されている場合 TrueCrypt は ハッシュ関数 PBKDF2 RIPEMD160 を 1000回しか繰り返しません。一方、VeraCrypt はこれを327661 回繰り返します。また、標準的なコンテナやパーティション暗号化の場合、TrueCrypt はせいぜい 2000回ですが VeraCryptは 655331回のRIPEMD160 と50万回のSHA-2及びWhirlpoolを使用します。 このセキュリティ強化により、暗号化ボリュームを最初に開く際わずかな遅延が生じますが、アプリケーションを使用する段階では全く影響がありません。これは暗号化ボリュームの正当な所有者は容認できることです。しかし、攻撃者が暗号化されたデータへのアクセスを得ることはより困難になります。 なお、VeraCrypt はTrueCrypt のストレージ形式とは互換性がありません。

オペレーティングシステム: All 32-bit MS Windows (95/98/NT/2000/XP/Vista/7), Windows
プログラミング言語: アセンブリ言語, C, C++
ユーザインタフェース: Win32 (MS Windows)