最新リリース情報

Loc (beta-005)2009-05-05 20:33
l4P5 (beta-003)2009-05-05 20:38
wrj4p5 (alpha-011)2009-05-05 20:41

最近の更新

2012-01-01
2010-03-25
2009-12-26
2009-05-06
2009-04-12
2009-03-02
2008-12-20
2008-08-08

Wikiガイド

サイドバー

class Wrj4P5

Proce55ingのためのWiiRemoteJのラッピングライブラリー

 This library is free software; you can redistribute it and/or
 modify it under the terms of the GNU Lesser General Public
 License as published by the Free Software Foundation; either
 version 2.1 of the License, or (at your option) any later version.

 This library is distributed in the hope that it will be useful,
 but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
 MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU
 Lesser General Public License for more details.

 You should have received a copy of the GNU Lesser General
 Public License along with this library; if not, write to the
 Free Software Foundation, Inc., 59 Temple Place, Suite 330,
 Boston, MA  02111-1307  USA

.

使用上の注意

WiiRemoteJ 1.4までとWiiRemoteJ 1.5のAPIが異なるため、次のような組み合わせしかうまく行かない。
 (スケッチの変更は不要)
 1.Wrj4P5の001〜005 + WiiremoteJのv0.9〜1.4
 2.Wrj4P5のalpha-006 + WiiremoteJのv1.5
さらに、Processing 1.0での環境変更のため?、(PPC Leopardで)複数リモコンをつかうには
 3.Wrj4P5のalpha-010 + Processing1.0.3+ + WiiremoteJ v1.6+ + BlueCove2.0.3
  *[PPC-LeopardでBlueCove-2.1.0はダメ]問題はalpha-011で対応完(リモコン側のJSR82非標準手順に対応)

使用法

配布物

  • Wrj4P5.jar :ProcessingのためのWiiリモコン制御ライブラリー
  • Loc.jar :サポートライブラリー、位置とベクトルのモデル

レシビ

  • OS : Windows, Mac OSX, Linux
  • 最新の Processing(Proce55ing)
    • Wrj4P5 は jre 1.5以上で稼働する。WindowsでP5のJava付きバージョンを使用している場合は、Java無しバージョンと取り替える必要がある。
  • ブルートゥースのドングル(内蔵可)
  • Wiiリモコン (1 to 7)
  • Wiiヌンチャク (0 to 7)
  • Wiiクラコン (0 to 7)
  • Wiiギター (0 to 7)
  • Wiiドラム (0 to 7)
  • Wiiボード (0 to 7)
  •  WiiRemoteJ.jar
    • Wiiリモコンを制御する為の純粋Javaライブラリー。wiili.orgに棲むMr. cha0sが開発した。WiiRemoteJ forumから結構ちゃんとしたJavaDocとともに、無償で入手できる。彼の方針に基づき、ソースコードは公開されていない。(飽きたら公開すると言ってる)
    • cha0s に感謝。
  • JSR82実装ライブラリー(以下のいずれか)
    • avetanabluetooth.jar
      • Unixユーザー向けにはオープンソースとして公開
      • Windows/MacOSXユーザーには、有償の商用ライセンスとして、25ユーロで販売中。三つまでのドングルに対して最初の14日間は無償で使用可能だが、それをすぎると25ユーロで無制限のライセンス供与となる。
    • BlueCove.jar
      • WindowsとOSXユーザーにはオープンソースのBlueCoveが利用可能
      • Linux版も現在開発中

インストール

設定は、P5(Processing)のインストールフォルダ配下のLibrariesフォルダに下記のように 格納する。この後P5を起動すると、Sketch->import..のリストに wrj4P5Locが追加されるはず。

Processing スケッチフォルダー ...(your documents)/processing

- (多くのスケッチフォルダ)
- Libraries
- candy
- dxf
- (多くのファイル)
- Library
- avetanabluetooth.jar又はavetanaBT.jar又はBlueCove.jar
- WiiRemoteJj.jar
- wrj4P5.jar
- Loc
- Library
- Loc.jar

最初は、WiiリモコンとPC とのペアリング

  1. まずは、あなたのPCへ、ブルートゥース(BT)ドングルを挿入。
  2. BT-マネージャを起動(Macは標準、Winは?)
  3. Wiiリモコンのバッテリー格納部にある赤いボタンを押す。
  4. BT-マネージャでパスキー無しの「その他でバイス」を選択。
  • OS10.4.10じゃ、ペアリングは最初の一回でOK。(他もそうかも)

あなたのスケッチに接続

スケッチを起動後、1ボタンと2ボタンを同時に押す。

  • isConnecting()でユーザーに接続待ちの状態をユーザーにフィードバックできる。

スケッチを終了させる

Wiiリモコンの電源ボタンを長押しする。その後、スケッチを終了させるほうがPCに優しいかも。

*Mac PPC(OSX)での注意事項

PPC Macだけの問題だが、二回目の接続の前にBT-マネージャから認識中の「nintendo RVL-CNT-01」のエントリーを削除しておかないと、再認識しない場合が多い。