プロジェクトの説明 開発情報 Webページ レビューする

Java Service Wrapper 製品系列は、高度な設定が可能なツールであり、 Javaアプリケーションを、ネイティブ WindowsサービスやUNIXデーモン・プロセスのように、 インストールおよびコントロールを可能にする他、アプリケーションをモニタリング(監視)する高度な「障害検知ソフトウェア」が含まれています。Java Service Wrapper は、クラッシュ、フリーズ(凍結)、メモリ不足、そのほか例外イベントを検知して、問題がある場合には、Eメール経由で通知します。 Java Service Wrapper 商業用版に興味がある方は Java Service Wrapperサイトへ

さらに、Java Service Wrapperは特有の能力を持っており、上記のようないかなるイベントにも自動的に反応します。アプリケーションをシャットダウンし再起動させることで、最小範囲の遅延で復活させることができます。それらの機能により、ご利用のアプリケーションやサービスの動作可能な最大限の時間を保証することができるため、Java Service Wrapperは強力なヘルプ・ツールとなりえるでしょう。

ビジネスにおいても開発においても、Java Service Wrapperを利用することで、様々な幅広いプラットフォーム上で、継続的に信頼性のあるJavaベースのソリューションを迅速にデプロイすることが可能になります。

Java Service Wrapper 商業用版に興味がある方は Java Service Wrapperサイトへ

システム要件

Java Service Wrapperのリリースには、スタンダード版やプロフェッショナル版 (商用ライセンス)など同様に、コミュニティ版 (GPLv2)があります。ここで公開しているコミュニティ版には、ソースも含まれています。スタンダード版やプロフェッショナル版は、Java Service Wrapperサイトでダウンロードできます。
(http://wrapper.tanukisoftware.org/download)

「Java Service Wrapperパッケージ」には、各プラットフォーム用にバイナリも含めて配布しています。全てのサポートされたプラットフォーム用のものを1つにまとめてデルタパックとして配布してします。オープン・ソース・プロジェクトにおいて、「Java Service Wrapperコミュニティ版」の再配布を考えている場合には、とても便利でしょう。「Java Service Wrapperスタンダード版やプロフェッショナル版」は、御社の商用アプリケーションにJava Service Wrapperを同梱して配布する利用方法も可能です。

「Wrapperソース・パッケージ」には、完全なコミュニティ版ソースが含まれています。

「Wrapperプレリリース・パッケージ」は、コミュニティ版ソースの一部の配布であり、それを使うと、与えられたプラットフォーム用にC言語ソースをコンパイルすることでリリースを素早くビルドするのに利用が可能です。

インストール

インストール方法''' Java Service Wrapper コミュニティ版をお試しいただきありがとう御座います。 同ページを下にスクロールすると「Java Service Wrapperの最新リリース情報」(http://osdn.jp/projects/wrappe... インストール方法を見る

使い方

ご利用方法''' Java Service WrapperをJava アプリケーションにインストールする際Java Service Wrapperサイトのドキュメンテーション内にある「インテグレーション方法」(http://wrapper.tanukisoftware.com/doc... 使い方を見る

レビュー
あなたの評価
レビューする

統計情報

最新の動き