ダウンロードリスト

プロジェクト概要

famicom ROM cartridge のデータ転送を行います。 ハードウェアはオリジナルハード kazzo を使用します。

リリース時刻: 2010-11-19 20:00
client 0.6.2 anago only

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
unagi_client_source.0.6.2.tar.gz 264.65 KB 2010-11-18 19:30 888
unagi_client_windows_062.zip 3.94 MB 2010-11-19 20:32 1867

リリースノート

配布ファイルについて

unagi 0.6.2 anago only は名称は unagi となっておりますが、 anago のみ配布としています。Windows バイナリは unagi_client_windows_062.zip を、ソースコードは unagi_client_source.0.6.2.tar.gz をダウンロードして、伸長してください。

今回の anago 向けスクリプトは client パッケージに全て含めております。旧 unagi 向けスクリプトパッケージ群は紛らわしいので非表示にしました。古いスクリプトが欲しい方は個別に連絡をいただければ対応いたします。

使い方

今回から GUI 版を作成しました。単に anago_gui.exe を起動して各自操作してください。CUI 版は基本的に同じですが、パラメータに若干の変更がありますので、 anago_ja.txt をご覧の上、anago.exe をご使用になって下さい。

スクリプトの拡張子について

dump, program, workram 3つのモードで共通に使えるスクリプトにしました。スクリプトファイルが対応しているモードはスクリプトファイルの拡張子で区別してあります。下記が拡張子別にサポートしている機能です。

  • ad: dump
  • ae: dump + workram
  • af: dump + program
  • ag: dump + workram + program
  • ai: include 向け, このファイルは ad, ae, af, ag ファイル内で dofile()として読まれるために存在します。単体では使用できません。

データベースについて

GUI 版は dump のあと、生成されたファイルをデータベースに参照することが出来ます。データベースを利用する場合は http://bootgod.dyndns.org:7777/ においてある、 NesCarts (2010-02-08).zip を展開して anago_wx.exe と同じ場所においてください。

コンパイル方法 (Windows)

anago の機能追加を最優先したため、 unagi はコンパイルできません。

用意するもの

  • mingw + msys (cygwin でもたぶん大丈夫だが未確認)
  • LibUSB-Win32
  • Squirrel
  • wxWidgets
  • unagi_client_source.0.6.2.tar.gz
  • kazzo_0.1.3.zip

以降の作業は msys のシェル(rxvt)で行います。msys のシェルの初期設定はしょぼいので変更した方がよいです。

シェルの作業

path の設定は随時読み替えてください。

$ cd /some/path
$ mkdir unagi
$ cd unagi
$ tar zxvf unagi_client_source.0.6.2.tar.gz
$ unzip kazzo_0.1.3.zip
$ tar zxvf squirrel_2.2.4_stable.tar.gz
#squirrel に unicode 対応のオプションをつけてビルドします。
$ (cd SQUIRREL2; patch -p0 < client/squirrel_unicode.patch; make)
$ ./wxMSW-2.8.11-Setup.exe
$ cd wxWidgets
$ ./configure --enable-threads --enable-shared --enable-monolithic \
  --enable-unicode --enable-optimise #thread 必須!
$ make #時間がかかります
$ cd ../client/anago
$ cp Makefile.windows Makefile
ここで Makefile に記載した path の設定を行います。例は下記となっておりますが、イントール環境に応じて変更してください。
APP_CUI = anago.exe
APP_GUI = anago_wx.exe
LIBUSB = d:/dev/LibUSB-Win32
SQUIRREL = ../../SQUIRREL2
KAZZO = ../../kazzo/firmware
WX_CONFIG = ../..//wxWidgets/build_unicode_sound3/wx-config
CPPFLAGS =  -D_UNICODE
CXXFLAGS = 
ICON_GUI = anago_gui.res.o
ICON_CUI = anago_cui.res.o

include anago.mk
シェルに戻ります。
$ make
これで anago.exe と anago_cui.exe ができあがります。

コンパイル方法 (Unix + GTK)

用意するもの

  • LibUSB (たぶん最初からついている)
  • Squirrel
  • wxWidgets (バイナリパッケージがあるかも?)
  • unagi_client_source.0.6.2.tar.gz
  • kazzo_0.1.3.zip

シェルの作業

システムの文字コードは unicode となっている環境での流れで、 EUC-JP などの環境の詳細は不明です。

$ cd ~
$ mkdir unagi
$ cd unagi
$ tar zxvf unagi_client_source.0.6.2.tar.gz
$ unzip kazzo_0.1.3.zip
$ tar zxvf squirrel_2.2.4_stable.tar.gz
$ (cd SQUIRREL2; make)
$ tar zxvf wxGTK-2.8.11.tar.gz
$ cd wxWidgets; 
$ ./configure --enable-threads --enable-shared --enable-optimise
$ make #時間がかかります
$ su
# make install
# exit
$ cd ../client/anago
$ cp Makefile.unix Makefile
ここで Makefile に記載した path の設定を行います。例は下記となっておりますが、イントール環境に応じて変更してください。
APP_CUI = #unix 版では cui, gui が1つの実行ファイルにまとめられますが
APP_GUI = anago #分離したい場合は個別に生成ファイルを指定する。
LIBUSB = #最初から入ってる場合は指定しなくて良い
SQUIRREL = ../../SQUIRREL2
KAZZO = ../../kazzo/firmware
WX_CONFIG = wx-config
CPPFLAGS = #空欄でよい
CXXFLAGS = #空欄でよい
ICON_GUI = #windows 向けの設定なので空欄にしてください
ICON_CUI = #同上

include anago.mk
シェルに戻ります。
$ make
これで anago ができあがります。USB の使用権限については適切に設定されていれば一般ユーザで使用できると思いますが、筆者の環境では root でしか使えませんでした。

CUI の progress 表示がひどいことになっておりますが... 直し方が分かりません。直し方をどなたか教えてください。

Mac については似た流れでコンパイルできる気がしますが、Mac 環境がないのでわかりません。お持ちの方で興味がある方は試してみてください。

変更履歴

変更履歴はありません