ダウンロードリスト

プロジェクト概要

UltraMonkey-L7は、OSI7階層モデルの第4層(Layer4)までの情報に基づいた負荷分散ソリューションである従来のUltraMonkeyを応用して、第7層(Layer7)までの情報に基づいた負荷分散機能を実現するためのプロジェクトです。ユーザの利便等を考慮し、本家UltraMonkeyプロジェクトのリーダであるSimon Horman氏ご了解のもとUltraMonkey(L4)パッケージも合わせて提供しております。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2009-08-24 23:30
[1] UltraMonkey-L7 2.1.3-0 (7 個のファイル 非表示)

リリースノート

UltraMonkey-L7 2.1.3-0 をリリースします。

本リリースはいくつかのバグ修正と機能強化を含んでいます。
変更点の詳細については変更履歴を確認してください。

リリースファイルに含まれる RPM は RHEL5/x86_64 および RHEL/i386 用です。

変更履歴

  • オンラインマニュアルを英語化し、文字化けしていた不具合を修正ました (man)
  • 設定ファイルを再読み込みした際に sorryserver の設定を無効化できなかった不具合を修正しました (l7directord)
  • customcheck のために起動したプロセスを正しく終了できなかった不具合を修正しました (l7directord)
  • ヴァーチャルサービスを INADDR_ANY (0.0.0.0) で待ち受けできなかった不具合を修正しました (l7vsadm)
  • プロトコルモジュールの --forwarded-for オプションが動作していなかった不具合を修正しました (protomod_*)
  • 可変長SSLセッションIDに対応しました (protomod_sslid)
  • Heartbeat 用リソースエージェントと cib.xml の例をドキュメントに追加しました (doc/heartbeat-ra)
  • ip プロトコルモジュールに --timeout オプションを追加しました (protomod_ip)
  • gcc 4.3 でのビルドに対応しました
  • RPM SPECファイルの不備を修正しました。
  • autotools 関連ファイルの不備を修正しました。これまでのリリースと同様にビルドする場合は configure 実行時に下記のオプションを指定してください(32bit-Linux の場合は --libdir の指定は不要です)
  • % ./configure --prefix=/usr --sysconfdir=/etc --localstatedir=/var --libdir='${prefix}/lib64'