最近の更新 (Recent Changes)

2010-07-25
2007-07-11

最新リリース情報

リリースはありません

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

twitte.rbの使用方法(Version 0.2.0)

設定

twitte.rb を最初に起動すると以下のような設定ダイアログが表示されます。

Account

twitte-rb-preferences-account-1.png

* Twitter

  • Username
    ユーザID、またはメールアドレスを設定します。
  • Password
    パスワードを設定します。
  • Interval for Friends timeline
    Friendsタイムラインの更新間隔を設定します。30〜3600秒を設定できます。
  • Interval for Replies timeline
    Repliesタイムラインの更新間隔を設定します。30〜3600秒を設定できます。
  • Interval for Direct message
    Direct messageの更新間隔を設定します。30〜3600秒を設定できます。

* Jabber/XMPP

  • Use Jabber/XMPP
    Jabber/XMPPも使用してFriendsタイムラインを取得します。
    ※Jabber/XMPPを使用するとAPIリクエスト回数を削減できます。
  • Screen name
    IMで通知を受けるIDを設定します。(例:******@gmail.com)
  • Password
    パスワードを設定します。

General

twitte-rb-preferences-general-3.png

* Feature

  • Quick text shortcuts - Bold and Italic
    チェックするとステータス文字列の*BOLD*をBOLD、_Italic_をItalicに変換して表示します。
  • Convert 'WAVE DASH' to 'FULL WIDTH TILDE'
    チェックすると'WAVE DASH'(U+301C)を'FULL WIDTH TILDE'(U+FF5E)に変換して送信します。
  • Post with Ctrl-Enter (when SCIM-Bridge is used)
    チェックするとContrl+Enterでステータスを送信します。(SCIM-Bridgeを使用している場合はチェックすることをお薦めします)
  • Record limit
    チェックすると保持するステータス数を制限します。
    ステータス数は0〜100000まで50刻みで指定できます。(0を指定した場合、制限しません)
  • Cache profile pictures
    チェックするとユーザアイコンをファイルに保存します。
    キャッシュファイルについては、キャッシュファイルについて を参照してください。
  • Clear
    クリックするとキャッシュファイル削除します。
  • Retrieve with statuses update
    チェックするとステータスの時にタイムラインを更新します。
    (APIリクエスト回数を減らすためにはチェックを外します)

* Footer

  • Location
    チェックし地名を設定すると、" L:地名"を付加して送信します。
    TwitterMap対応)
  • Signature
    チェックしシグネチャを設定すると、" シグネチャ"を付加して送信します。

Font & Color

twitte-rb-preferences-font-color-1.png

* Font

  • Status
    ステータス表示フォントと文字色を設定します。
  • Date
    日時表示フォントと文字色を設定します。

* Color

  • Link text
    リンク部分の文字色を設定します。
  • Background
    背景色を設定します。
  • Rule hint
    1行おきに表示するヒントの背景色を設定します。
  • Intersection hint
    ソート列に表示する交差ヒントの背景色を設定します。
  • New statuses
    新着ステータスの背景色を設定します。
  • Status in me
    自分宛ステータスの背景色を設定します。

メインウィンドウ

twitte.rb を起動すると以下のような画面が表示されます。

twitte-rb.png

ステータスを入力しEnterを入力すると、ステータスを送信します。
また、ステータスを入力せずにEnterを入力すると、タイムラインを取得します。このとき、Alt+Enterを入力すると最新の20件を再度取得します。
※ 「Post with Ctrl-Enter」をチェックしている場合は、"Enter"は"Control+Enter"に、"Alt+Enter"は"Alt+Control+Enter"となります。

タイムラインの取得

* 「Interval for Friends timeline」で設定した間隔毎にFriendsタイムラインを取得します。

「Public」タブを選択している場合は、「Interval for Friends timeline」ごとに Public timeline と Friends timeline を取得します。

* 「Interval for Replies timeline」で設定した間隔毎にRepliesタイムラインを取得します。
* 「Interval for Direct message」で設定した間隔毎にダイレクトメッセージを取得します。
* Friend list と Follower list と時間間隔で取得を行いません。

ダブルクリック

ステータスが表示されている部分をダブルクリックすると、対応するユーザへリプライをするためにステータス入力エリアの先頭に「@ユーザ名」を挿入します。
(Direct Messageタブの場合は、「d ユーザ名」を挿入します。)

右クリック

ステータスが表示されている部分を右クリックすると、以下のようなメニューを表示します。
twitte-rb-menu.png
* Reply

ステータスを発信したユーザにリプライをするために、ステータス入力エリアの先頭に「@ユーザ名」を挿入します。

* Direct

ステータスを発信したユーザにダイレクトメッセージを送信するために、ステータス入力エリアの先頭に「d ユーザ名」を挿入します。

* user's home: http://twitter.com/user

ステータスを発信したユーザのページを表示します。

* url

ステータス内にURLがある場合は、URLを表示します。
(tinyurlは展開してメニューに表示します。)

Aboutダイアログ

twitte-rb-about-button.png ボタンをクリックすると以下のような Aboutダイアログを表示します。

twitte-rb-about-1.png

Preferencesダイアログ

twitte-rb-preferences-button.png ボタンをクリックすると Preferencesダイアログを表示します。
設定を参照してください。

キャッシュファイルについて

キャッシュファイルについて説明します。 「Cache profile pictures」をチェックすると、twitte.rb.d ディレクトリ内に以下のファイルが作成されます。

* twitte.rb.img:ユーザアイコンキャッシュファイル * twitte.rb.user:ユーザIDキャッシュファイル

受信した全てのユーザアイコンをキャッシュしますので、Publicタイムラインを取得する際は、「Cache profile pictures」のチェックを外すことをお薦めします。

Preferencesダイアログの Generalタブで Clearボタンをクリックすると上記2つのキャッシュファイルを削除します。

APIリクエスト回数制限について

認証を要するAPIリクエストの回数が1時間に70回までに制限されました。
以下のように設定すると制限を回避できるのではないでしょうか。

* Jabber/XMPPを使用しない場合

項目時間(秒)1時間あたりのリクエスト回数
Interval for Friends timeline6060
Interval for Replies timeline9004
Interval for Direct message9004
合計 68

* Jabber/XMPPを使用する場合

項目時間(秒)1時間あたりのリクエスト回数
Interval for Friends timeline12030
Interval for Replies timeline30012
Interval for Direct message6006
合計 48