プロジェクトについて

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

最新リリース情報

Tera Term (4.106)2021-06-05 00:00
Tera Term 5 RC (5.0 alpha1)2022-04-19 00:00
Tera Term old archive (4.68)2010-12-07 00:00
Tera Term RC (4.106 RC)2021-05-22 01:26

最新のプロジェクトアクティビティ

2022-07-06
2022-07-05

最近の更新 (Recent Changes)

2022-06-20
2022-05-08
2022-04-20
2022-04-04
2022-03-08
2022-01-17

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

Tera Term

当プロジェクトの中心となるWindows環境用のターミナルエミュレータソフトウェアです。SSH-1/2、UTF-8表示、IPv6、半透明表示等に対応しています。正式な名称*1は、Tera Term*2です。

  • シリアルポート接続
  • TCP/IP (telnet, SSH1, SSH2) 接続
  • IPv6 対応
  • VT100 端末のエミュレーション (および、VT200, 300 の一部)
  • TEK4010 端末のエミュレーション
  • ファイル転送プロトコル (Kermit, XMODEM, ZMODEM, B-PLUS, Quick-VAN)
  • マクロ言語による自動運転
  • 日本語/英語/ロシア語/韓国語モード
  • 文字コードとして UTF-8 を使用可能

リンク


  1. *1この表記方法以外を禁止するような意図は無いです
  2. *2間にスペースが入ります