プロジェクトについて

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

最新リリース情報

Tera Term (4.106)2021-06-05 00:00
Tera Term 5 RC (5.0 alpha1)2022-04-19 00:00
Tera Term old archive (4.68)2010-12-07 00:00
Tera Term RC (4.106 RC)2021-05-22 01:26

最新のプロジェクトアクティビティ

2022-07-06
2022-07-05

最近の更新 (Recent Changes)

2022-06-20
2022-05-08
2022-04-20
2022-04-04
2022-03-08
2022-01-17

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

ドキュメントルールについて

記載有無

  • ユーザ見えに影響があるものに関してはドキュメントに記載する。
  • ユーザに関係しないもの(コードのリファクタリングなど)に関しては、
    ドキュメントに記載する必要はない。

英訳

  • ドキュメントは「doc\ja」と「doc\en」の両方に記載する。

「doc\en」に英訳を行わない場合は、日本語(Shift_JIS)で下記のようにコメント付きで記載する。

<!-- 日本語のコメント -->

「installer\check_sjis_code.bat」というツールで、未翻訳のファイルを抽出できるようにするためである。

未翻訳のファイルは「doc\en\html\*.html」を対象に「<!--」で検索をかけても抽出することができる。
(翻訳不要なものも抽出されるが判別は可能)

  • 日本語のコメント(<!-- ~ -->)を英訳した場合、コメントを除去すること。
  • ドキュメントを英訳する時は、翻訳サイトの翻訳結果をそのまま転載しないこと。
    あくまでも自分の言葉でライティングすること。