プロジェクトについて

Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

最新リリース情報

Tera Term (4.106)2021-06-05 00:00
Tera Term 5 RC (5.0 alpha1)2022-04-19 00:00
Tera Term old archive (4.68)2010-12-07 00:00
Tera Term RC (4.106 RC)2021-05-22 01:26

最新のプロジェクトアクティビティ

2022-07-06
2022-07-05

最近の更新 (Recent Changes)

2022-06-20
2022-05-08
2022-04-20
2022-04-04
2022-03-08
2022-01-17

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

アイコンの種類・サイズ・色数

  • T
    • teraterm.ico (TTERM: デフォルト)
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 256x256 32bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit
    • teraterm_3d.ico (TTERM_3D)
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 256x256 32bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit
    • teraterm_classic.ico (TTERM_CLASSIC)
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
  • VT
    • vt.ico (VT: デフォルト)
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 256x256 32bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit
    • vt_3d.ico (VT_3D)
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 256x256 32bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit
    • vt_classic.ico (VT_CLASSIC)
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
  • M
    • ttmacro.ico
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 256x256 32bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit
    • ttmacro_3d.ico
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 256x256 32bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit
  • TTSSH
    • ttsecure.ico (flat: デフォルト)
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 256x256 32bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit
    • ttsecure_green.ico (green)
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 256x256 32bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit
    • ttsecure_yellow.ico (yellow)
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 256x256 32bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit
  • keycode
    • keycode.ico
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 48x48 32bit
  • TeraTerm Menu
    • teraterm.ico
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit
  • Cygterm+
    • cygterm.ico
      • 32x32 4bit
      • 16x16 4bit
      • 48x48 32bit
      • 32x32 32bit
      • 16x16 32bit

4bit アイコン

  • Windows NT 4.0 は 4bit アイコンしかサポートしていないため、これがないとたいそう見栄えが悪い
  • 4bit アイコンに使える色は以下のとおり
    000000, 800000, ff0000, ff00ff, 008080, 008000, 00ff00, 00ffff, 000080, 800080, 0000ff, c0c0c0, 808080, 808000, ffff00, ffffff
    

cf. http://www.infotart.com/blog/2008/06/22/windows-4-bit-color-palette/

アイコンファイルについて

  • アイコンはビットマップ形式とpng形式でデータを格納できる
  • アイコンファイル内の格納順は「ビット数小さい順・サイズ大きい順」とする
    • LoadImage() でサイズを指定せずアイコンを読み込んだとき、先に格納されている画像が取り出されるため(逆順にしていると、大きいサイズが欲しくても16pxが取り出されてしまう)
  • Tera Termではすべてビットマップ形式で格納している
    • 1アイコンにつき 280KB ほどとなる
    • Visual Studio 2005 でビルドできるようにするため
  • png 形式のアイコンにするとファイルサイズを節約できる
    • 1アイコンにつき 25-50KB ほどとなる
    • png 形式のアイコンの表示をサポートしているのは Windows Vista 以降だが、48x48 までのアイコンがビットマップ形式で格納されていれば Windows XP 以前でも問題なく表示される
    • png 形式のアイコンのコンパイルに対応しているのは Visual Studio 2008 以降
      • ReplaceVistaIcon を使えば、コンパイル済み exe, dll のアイコンをあとから差し替えることができるらしい
      • icotool でico→png、png→icoという処理ができる
        • linux ではicoutils パッケージ、cygwinでは icoutils パッケージに入っている

アイコンデザインについての資料

表示されるアイコン

システム(OS)で使用されるアイコン

システムで利用されるアイコンは大と小の2つをセットすることができる

  • 大きなアイコン(拡大率100%時32×32pixel , WM_SETICON + ICON_BIGでセットする)
    • タスクバーのアイコン(デフォルト)
    • タスクの切り替え(Alt + Tab)でのアイコン
    • タスクビュー(Windows ロゴ キー + Tab)でのアイコン
  • 小さなアイコン(拡大率100%時16×16pixel, WM_SETICON + ICON_SMALLでセットする)
    • アプリのウィンドウのタイトルバーのアイコン
    • タスクバーのアイコン(小さいタスクバーボタンを使う on 時)
    • 通知領域のアイコン

通知領域(タスクトレイ)

  • Shell_NotifyIcon()

アプリケーションで表示されるアイコン

exeファイルから画像を取り出していると思われる

  • タスクマネージャ
  • エクスプローラー
  • など...