• R/O
  • SSH
  • HTTPS

ttssh2: コミット


コミットメタ情報

リビジョン7100 (tree)
日時2018-04-19 20:57:55
作者doda

ログメッセージ

CheckAuthListFirst の説明を修正。

最初の認証後にユーザ名が変更できないというのは OpenSSH の制限であり、
SSH2 プロトコルにはそのような制限は無いので、記述を削除。
ユーザ名変更に関しては #31917 で検討中

変更サマリ

差分

--- trunk/doc/ja/html/menu/setup-sshauth.html (revision 7099)
+++ trunk/doc/ja/html/menu/setup-sshauth.html (revision 7100)
@@ -108,7 +108,7 @@
108108 <dd>
109109 ログイン前にサーバで有効な認証方式を確認し、サポートされていない認証方式を無効にする。<br>
110110 認証ダイアログの表示と同時に、バックグラウンドでユーザ名のみを使用してサーバにアクセスする。このためには接続開始時にユーザ名が確定している必要がある。デフォルトユーザ名またはコマンドラインによるユーザ名がある場合はこれが使用される。<br>
111- また、ユーザ名を入力したあとフォーカスを失った場合は、ユーザ名への入力内容が使用され、その後ユーザ名の変更はできなくなる。これは SSH2 の仕様のため。
111+ また、ユーザ名を入力したあとフォーカスを失った場合は、ユーザ名への入力内容が使用され、その後ユーザ名の変更はできなくなる。
112112 </dd>
113113 </dl>
114114 </body>
--- trunk/doc/en/html/menu/setup-sshauth.html (revision 7099)
+++ trunk/doc/en/html/menu/setup-sshauth.html (revision 7100)
@@ -110,7 +110,7 @@
110110 <dd>
111111 Modified to confirm the available authentication method for the server prior to login and invalidate unsupported method.<br>
112112 Modified to access the server by using only user name in background when displaying authentication dialog. In order for this feature to work, user name must be identified when a connection request is started. If user name is specified in a default user name or in a command line, it will be used.<br>
113- If a focus is lost after user name is entered, a content of user name field is used and it can't be changed afterward. This is due to SSH2 specification.
113+ If a focus is lost after user name is entered, a content of user name field is used and it can't be changed afterward.
114114 </dd>
115115 </dl>
116116 </body>
旧リポジトリブラウザで表示