ミラーサーバ情報
変更

binary-packages-1.8 Ubuntu 12.04 (End Of Life) (linux-headers-3.2.0-126-generic-pae-ccs1.8.5p1_3.2.0-126.169_i386.deb: 1,695,962 バイト)のダウンロードが開始されます。開始されない場合,linux-headers-3.2.0-126-generic-pae-ccs1.8.5p1_3.2.0-126.169_i386.debをクリックしてください。

ファイル情報

ファイルサイズ
1,695,962 バイト
MD5
681c1e8a4d4cf95f07b732c4b4b657c0
SHA1
d041eb09961c513c78418110407a15a011d0276d
SHA256
dd49c72027ffa790263731209f77d53d90c5095d8d35311ce151d0a2205542fb

プロジェクト概要

システムを解析および保護するためのセキュリティモジュール TOMOYO Linux は Linux 向けの強制アクセス制御( MAC )の実装で、システムのセキュリティを高める用途は勿論、システムの解析を行う用途でも使えるツールです。このプロジェクトは2003年3月に始まり、2012年3月までは株式会社NTTデータがスポンサーとなって開発されました。

TOMOYO Linux はシステムの振る舞いに注目します。プロセスは何かの目的を達成するために生成されます。 TOMOYO Linux は(出入国審査官のように)それぞれのプロセスに対して目的を達成するのに必要な振る舞いや資源について報告させることができます。また、保護モードを有効にすることにより、(運用監視人のように)システム管理者により承認された振る舞いと資源へのアクセスのみを許可することもできます。